最新ネタバレ『ヒロアカ』316-317話!考察!AFOの本拠地へ!

スポンサーリンク

デクを英雄症候群の重症者だと評する治崎。

両腕を奪われて、後に望むはオヤジと会うことのみ。

そんな治崎を狙うナガンの目的は、デクに多くの情報を与えて判断を遅らせることでした。

しかし、先読みをするデク。

並列処理しきれなかった個性を絞ることで、弾より速いオールマイト並みのスピードを獲得。

ナガンの銃弾から治崎を助けると、今度は疑似100%のマンチェスタースマッシュでナガンの右腕を攻撃します。

銃身を破壊されて落下するナガン。

手を差し伸べるデクに対して、己の心が動いたその時です。

契約不履行を想定していたAFO(オール・フォー・ワン)の仕込みにより、ナガンの身体が内部から爆発しました。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』316話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)第316話『THE NEXT』の要点をまとめてみました。

長距離スナイパーNo.1である元公安のナガンに勝利したデク。

しかし、心変わりしやすい人の気持ちに付け込んだAFOの卑劣ぶりが、事態を混乱に陥れます。

黒こげのナガンを間一髪でキャッチしたホークス。

ナガンの生死は?

そして、デクたちはAFOに関する情報を得ることが出来るのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

希望の光

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

オールマイトからの報告を受けて、現場に到着したエンデヴァーたち。

炎が個性であるエンデヴァーは雨が苦手ながらも、ナガンの他に敵がいないかデクに確認をします。

一方、空中でナガンを拾ったはずのホークスでしたが、やはり背中の羽根はまだ回復途中のため、2人分を支えて飛ぶことは無理でした。

満身創痍ながらも黒鞭で落下するホークスを引き止めるデク。

ナガンの爆発は本人のタイミングによるものではないと状況を説明。

AFOから個性を付与された際、何か仕掛けをされたと推測をします。

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

俺はホークス!貴方の後釜だ!と叫びながら自己紹介をします。

AFOに唆されてと非難をしつつ、ホークスはナガンの過去話を聞いていたようです。

デクとの戦いを通じて、投げ出すには時期尚早ではと、ナガンに訴えるホークス。

知っていることを話して次に繋いで欲しい。

レディ・ナガンは利用されただけで終わらない。

一方、意識が朧げな状態のナガン。

自分と同じように汚れ仕事を山ほど請け負ってきたはずだろうと、後釜のホークスに視線を送ります。

しかし、ホークスの目はキラキラと輝きを失っていません。

先の見えない混沌とした世の中でしたが、確かに自身にも希望の表情を浮かべた時期がありました。

 

スポンサーリンク

怒りの矛先

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

2ヶ月以内に灰堀の森林洋館に、ターゲットであるデクを連れてくること。

それがナガンに課せられた要件でした。

AFOは自分の他に数人に声をかけたと告発。

ホークスはナガンに対して支えてくれる人がいたからと、自分は楽観的だと笑顔で返します。

一方、話が違うと激怒する治崎。

約束を守ったのだからオヤジに会わせろと、憤りを隠しきれません。

オヤジに謝りたいと呟く治崎に対して、エリのことを覚えているか質問するデク。

謝りたい人がいるならば、その気持ちをエリに差し向けろ。

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

それが叶えばナガンとの約束を引き継ぐと、デクは治崎に保証します。

到着したオールマイトにナガンと治崎の確保を伝えるエンデヴァー。

ナガンは至急病院送るよう手配されます。

その顔面に残る亀裂の跡。

内部からの爆破を目の当たりしたデク。

AFOに対する憎しみが増していくばかりでした。

 

スポンサーリンク

君がターゲットだ!

休む間もなく灰堀森林を訪れるデクたち一行。

かつての異形排斥主義集団CRCのアジト跡です。

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

AFOと死柄木は、まだOFA(ワン・フォー・オール)を奪える状態まで回復していないと判断するデク。

しかし洋館の中には誰もいませんでした。

やはり、もぬけの殻でした。

そのタイミングで壁に映し出されるAFOの動画。

ナガンとの問答を楽しんでくれたかと、拍手しながら余裕のAFOです。

デクのような人間ならば、ナガンのような人種は見捨てることが出来ないだろうと、予想することを楽しんでいます。

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

僕は強制していない、あくまでもナガンの意志によるもの。

つまずいた人間がヴィランと呼ばれているだけのこと。

個性だ、個人主義だと謳いながらも、結局は管理社会。

合わない個は排除されるだけです。

民主主義でも社会主義でも例外なく根っこは同じ。

もはや社会以前の問題で、群生生命の原則だとAFOの饒舌は止まりません。

茨の道を選んだとデクに語るAFO。

タルタロスの獄中で考えていたのは、デクの事だというのです。

最早オールマイトに興味はない。

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

次は君だ!

AFOの映像がデクを指さした時、洋館が爆破。

炎の中にデクたちは包まれるのでした。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』316-317話のネタバレのまとめ

先週はナイスタイミングでナガンを救ったホークスでしたが、本調子にはほど遠い様子でした。

ホークス(鷹)というよりは、小さいひな鳥のように羽をパタパタさせるのが精一杯でした。

今回のお話は、タイトルのとおり「次」につなげる伏線が幾つも含まれていました。

まずはホークスとナガン。

直接一緒に仕事をしたことは無さそうでしたが、先輩から後輩へと貴重な証言。

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

ホークスの幼少時代は、次のヒーロー誕生のきっかけとなるエンデヴァーのぬいぐるみ。

治崎に関しては、エリに対する謝罪の気持ちを促すデク。

同時にナガンとの約束を引き継ぐことで、次の展開を残します。

そして、最後はAFOの次のターゲットになったデク。

逃げたラスボスのメッセージが終了と同時にドカン!というベタなオチでした。

それにしてもAFOの煽り具合が、一つ一つが癇に障るというのか、立派なほどに悪役過ぎ。

口には出さないものの、デクの怒りが沸騰点に達していることが分かります。

堀越耕平「ヒロアカ」316話より引用

ナガンの証言で気になったのは、AFOが自分以外にも唆した人物が数名いたことです。

AFOのいやらしい性格からすれば、デクを精神的に追い込むことを至極とするはず。

現在、母親は雄英に避難していることから、ヴィランが学園に大挙して攻撃する可能性もありそうです。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』318話!デク補完計画!来たぞ我らの爆轟少年!!・・

⇒『ヒロアカ』317話!病めるヒーロー修羅の道!もう振り返ら・・

⇒『ヒロアカ』315話!疑似100%で勝利のデク!AFOに弄ばれる・・

⇒『ヒロアカ』314話!血に染まる平和!闇落ちしたナガンの過去・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です