最新ネタバレ『ヒロアカ』326-327話!考察!ステインからの喝!紡がれるヒーローの火種

スポンサーリンク

泣き崩れるデクに救いの手を差し伸べたのは、洸汰と異形のお姉さんでした。

泣かなくても大丈夫だと支える洸汰。

お姉さんは「泣き虫ヒーローさん」とデクに道中助けられたお礼を述べると、優しく抱擁をします。

その様子を見ていた市民たちにも変化の兆し。

一般市民は“客”で、ヒーローは“演者”という考えから、お互いが歩み寄る一歩踏み出した関係に変わってきたのです。

OFA(ワン・フォー・オール)という人々の心が紡いできた力の結晶。

ホークスはヒーローが暇を持て余すような明るい未来の到来を夢想するのでした。

しかしながら、その笑顔の輪に入ることが出来ないオールマイト。

そのまま背を向けると、何処かに姿を消して行くのでした。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』326話のネタバレ

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

それでは僕のヒーローアカデミア第326話『お前は誰だ』の要点をまとめてみました。

オールマイト絶対の時代から、明らかに新たな潮流が見られた前回。

孤独を感じるオールマイトに対して、果たしてデクと同様に傘をさしてあげる人物は現れるのでしょうか。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ヒーロー40人殺傷者

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

止むことのないない雨の中、孤独の疾走をするオールマイト。

疲労困憊でありながら制止を聞かずに戦いに赴いたデク。

オールマイトはボロボロになったデクのマスクを拾いながら、弟子が辛い時に何もしてやれなかったと振り返ります。

視線の先には左手を掲げたウイニングポーズの銅像がありました。

その首には“私はヒーローではない”とのメッセージに×印。

しかし、当の本人は、最早オールマイトは足を引っ張るだけだと自嘲気味です。

振り向きながらの溜息。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

しかしながら、そんな英雄を冒涜する態度に納得いかない人物が一人いました。

ヒーロー殺しのステインです。

今の発言を取り消せと、刃をオールマイトの首に近づけるのでした。

 

スポンサーリンク

贋作のオールマイト

自分が現役の時には姿を見せなかったくせにと、思わぬ形で先延ばしされた面会が実現したことを皮肉るオールマイト。

しかしステインは何を言っているのか意味不明の様子です。

今や見た目では分からないかと自己紹介するオールマイト。

ステインが信じられないのも無理ないさと思いつつ、ほんの一瞬だけ変身姿を披露します。

吐血するオールマイトは自分を殺すのかと質問しますが、ステインはそれを否定。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

お前は贋物だと、本人に言い出したのです。

ここは英雄の聖地。

此の地で英雄の名前を語るのは何者だと、その理由を質問するステイン。

騙ると言われて、オールマイトは昔から何かをせずにはいられない性格だったと回想します。

理不尽に奪われる日常が許せなかった若き日のオールマイト。

無力でも動かずにはいられなかったのです。

世界を良くしようと走り続けた結果が、今のヒーロー崩壊の社会。

命に替えても守るべき弟子に対して、「休め」の一言も掛けられなかった不甲斐なさ。

しかし、デクは皆に受け入れられました。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

その様子を見たオールマイトは、自分だけがヒーローから遠ざかり続けていると感じていたのです。

 

スポンサーリンク

雨、降り出した後に

そこまで話を聞いて、オールマイトに斬りかかったステイン。

しかし先程からステインに殺気はなく、むしろオールマイトに隠れるように氷塊の後ろへと誘ったのです。

まだ肩を組むほど仲良い間柄ではないと拒むオールマイトですが、丁度良いと隠れながら銅像を見ろと指示するステイン。

そこに一人の女性がこっそり姿を見せては、銅像のプラカードを外しながら掃除をしているではありまでんか。

ステイン曰く、彼女は脱ヒーロー派による冒涜を日に一度浄化しているとのこと。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

無駄な行為だと驚くオールマイトですが、その彼女こそオールマイトが最後に救った人物だったのです。

言葉を失うオールマイトにステインの言葉が続きます。

オールマイトはいかなる時でも笑ってその身を捧げた存在。

それは個性によるものでないと全力で否定します。

魂に刻まれたオールマイトの信念を人は称えていました。

崩壊した社会は「結果」ではく過程に過ぎないと、女性を見るよう強制するステイン。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

オールマイトの残した埋火は、今新たな大火へと進化し続けていると力説。

その火を絶やすことなく、生ある限り醜くもがいても焼べ続けなくてはならい主張します。

がんばれ、がんばろうと呟きながら掃除をする女性の姿を見て、涙を流すオールマイト。

英雄の心は誰が為にのみ存在が許されるものですが、神が地に伏せか弱き人の心をも得たならばー。

その可能性を示唆するステインにオールマイトは驚きます。

タルタロスで得た情報を提供するステイン。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

そして必ずこのステインを終わらせに来いと言い残して、去って行くのでした。

全ては正しき社会のため。

涙が止まらないオールマイトですが、対照的に雨は止みそうな気配です。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』326-327話のネタバレのまとめ

オールマイトにとって半獣お姉さんに相当するキャラは、自分が現役時代に最後に救った女性キャラでした。

すっかり忘れていましたが、この作品は掘り起こしが深いです。

それにしてもステイン。

お姉さんの掃除が日課として知っていたということは、隠れながらオールマイトの銅像を毎日チェック?

根っこはヒーロー大好きです。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

オールマイトを励ましたのがステインという意外な展開。

やはり落ち込むオールマイトの姿は、ステインには我慢ならなかったようです。

オールマイトのマッスルフォームに、一瞬「おおっ」と思いましたが無茶しやがって・・・。

オールマイトのメンタル回復と思わせておきながら、実はステイン推しの回。

埋火のシーンではバックに飯田も描かれており、ステインは飯田の実力を認めたと想像できます。

これでヴィラン連合との最終決戦時にデクたちの味方として参戦する可能性も出てきましたが、何せ前科が重過ぎるからぁ。

ヒーロー殺傷犯でありながらも、痩せたオールマイトを「愚人」と罵倒するなど考えがブレないステイン。

最後に去る姿もカッコ良過ぎです。

堀越耕平「ヒロアカ」326話より引用

欲を言えば、デクがボロボロになる前にタルタロス情報を教えてあげればと思うのですが、それは野暮というものです。

ともかく雨上がりと呼応するように、オールマイトのメンタルも復活の兆しで良かったです。

次回以降はステインが提供した情報の内容が気になるところです。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』328話!死柄木完全復活まであと3日!USAヒーロ・・

⇒『ヒロアカ』327話!新たな誓いでPlus Ultra!英雄たちの休息・・

⇒『ヒロアカ』325話!紡がれた思い!互いに寄り添うヒーローと・・

⇒『ヒロアカ』324話!さらに向こうへ!みんなのヒーローアカ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です