最新ネタバレ『ヒロアカ』329-330話!考察!AFOの長期計画!USAヒーローNo.1と相対する死柄木!!

スポンサーリンク

場面は対“個性”最高警備特殊拘置所のタルタロスの陥落時。

脱走するステインは収容後に外界と遮断されていたことから、情報を得るべく管制室に向かいます。

警備員が必死に守ろうとした媒体記録をゲットするステイン。

その内容に如何なる価値を持つかステインには分かりませんが、だからこそ唯一信用できるオールマイトに媒体を託すのでした。

塚内たちの解析した結果、死柄木とAFO(オール・フォー・ワン)が電波を介して交信を続けていたことが判明。

水深約500mに幽閉されたAFO本体が意識体である死柄木の思考を受信可能なのか。

疑問視するオールマイトでしたが、事態はさらに深刻な状況となりました。

死柄木があと3日ほどで完成することが明らかになったのです。

急ぎ世界中から日本へのヒーロー参戦をお願いするオールマイト。

世界首脳が喧喧囂囂と議論をする最中、一人のヒーローは既に日本へと向かっていました。

アメリカNo.1ヒーロー。

その名は“スターアンドストライプ”です。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』329話のネタバレ

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

それでは僕のヒーローアカデミア第329話『欧米ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』の要点をまとめてみました。

“超パワーの超戦士”と、ドラゴンボール並みのキャッチフレーズが相応しいスターアンドストライプ

海を越えてやって来た頼もしい味方。

たなびくマントにマッチョなスタイルがオールマイトとの師弟関係を容易に想像させ、スターがどんな活躍を見せてくれるのか楽しみなところです。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

AFOのロングライフプラン

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

ここが正念場。

玉座のAFOは正装した姿で周囲には脳無を従えます。

脱獄囚が好き勝手に暴れてくれたおかげで、警察とヒーローはその対応で精一杯。

自分たちの追跡に全力を割くことが出来ずに、この小さな島国でのかくれんぼは勝利したとスピナーに語ります。

国外に逃亡しても勝てたと異を唱えるスピナーに対して、そもそも前提が違うと返事をするAFO.

かくれんぼで勝つことは、あくまでも短期目標に過ぎません。

次に中期目標として、OFA(ワン・フォー・オール)を手中に収めること。

そして今、AFOの長い人生設計において最大のチャンスが訪れていたのです。

世界中に多くの友人がいると話すAFO。

確かに日本ではオールマイトが組織犯罪を壊滅させました。

では海外ではどうなのか?

それぞれの国で暴れてもらえれば、各国のヒーローは自国と日本を救うことを秤に掛けなくてはなりません。

言葉の意味が分からないスピナー。

AFOはスターアンドストライプのことが気になるようです。

ヒーローの本場にして、自由の国アメリカのトップに君臨する最強の女性ヒーロー。

スターは小細工を意に介さないキャラクターです。

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

これはギャンブルだと昂るAFO。

スターに介入されたら面倒なレベルでは済みませんが、もし彼女の個性を奪うことが出来れば、あとは消化試合になる。

AFOは早くも勝利の青写真を描くのでした。

 

スポンサーリンク

うごめく超常解放戦線

この先は死柄木の戦いを支える番だと、スピナーを「井口君」と本名で呼び指示するAFO。

異形ゆえに辛い人生を負ったスピナーには、陰ながら同調する人間が大勢いるようです。

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

元開闢行動支援隊の超常解放戦線の残党幹部たち。

彼らはその傾向からスピナーの部隊に配属された連中です。

リ・デストロは旧体制に捕えられたものの、無事だったスケプティックは“解放せよ”と残滓どもを掃討して革命を成就すべく指示が送っていたのです。

確かにヴィラン連合はスケプティックにとって気にくわない存在ですが、この際は乗りかからないワケにもいきません。

最も集めやすい方法で戦士たちを集めるつもりです。

リ・デストロが光明を見出したヴィラン連合が、真の解放者たる使命を負うか否かは関係ありません。

あくまでも死柄木が破壊した未来に、虎視眈々と自分たちが種を撒くつもりでいるのでした。

 

スポンサーリンク

死柄木弔のウエルカム

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

スターがもうじき日本の領空に入る予定から、出迎えが済み次第対策を練るよう提案するホークス。

心強いながらもスターの性格を知るホークス。

今後は大丈夫かとやや心配気味の様子です。

しかしながら、その強気な性格に助けられると考えるジーニスト。

ゴールドラッシュ時代のヴィンテージデニムについて話がしたいと思っているようです。

そんな会話の2人に入るエンデヴァーからの緊急連絡。

スターの到着予定50㎞手前の地点で「奴」が姿を現したというのです。

遥か雲の上で対峙するスターと死柄木。

出迎えが過ぎると言いながら、お前がAFOかと表情が一転するスター。

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

一方、その質問に曖昧な死柄木。

「俺」は一体何なんだと明確に答えることはありませんでした。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』329-330話のネタバレのまとめ

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

脱獄着から既に身なりを整え終えたAFO。

紳士のような振る舞いが、かえってラスボス感満載です。

あれだけの死闘を演じたOFAとのバトル。

意外なことに、OFAの力を手に入れることが最終目的ではなかったようです。

前回の首脳会議の場で指摘があったように、AFOは世界の犯罪組織と繋がっていたことから最後は世界征服?

死柄木との交信が可能だったことは分からなくはないですが、果たして犯罪シンジゲートとの通信はやはり水深500mから電気で行っていたのでしょうか。

AFOにすれば世界のヒーローの日本参戦は避けたいところですが、それを阻止するためには友人と称する連中に同時多発的に犯罪を起こしてもらう必要があります。

その手段は如何にして行われるのでしょうか。

 

また、一応否定のスタンスですが、獣キャラ大好きの“ケモナー”である堀越先生。

その好きぶりは、デク帰還の際に印象的だった獣人のお姉さんを単行本で紹介するほどです。

その異形から故郷では虐められて引き籠りという経歴のスピナー。

ヤモリが獣かといえば微妙ですが、ようやく活躍の場が用意されているようです。

しかし、AFOの話を聞くスピナーは何となく冷めた印象。

彼が師事するのはAFOではなく、ゲーム好きで話が合う死柄木だったはず。

その心中は複雑なのではと考えたりもします。

スター到着をある意味心待ちにするヒーローたち。

ホークスのセリフから察するに、スターとは以前に面識があったとようです。

普段は冷静なAFOが興奮するなど、スターの個性は今後の戦局を左右するほど強力なようですが、あっさり奪われてかませ犬的なポジションで終わらないことを祈るばかりです。

堀越耕平「ヒロアカ」329話より引用

ヴィランを神輿として担いでやれとばかりに漁夫の利を目論むスケプティックなど、様々な思惑が絡む中、スターVS死柄木が始まります。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』330話!スターはルールブック!死柄木弔とは一体・・

⇒『ヒロアカ』328話!死柄木完全復活まであと3日!USAヒーロ・・

⇒『ヒロアカ』327話!新たな誓いでPlus Ultra!英雄たちの休息・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です