最新ネタバレ『ヒロアカ』336-337話!考察!衝撃!?内通者は青山だった!!

スポンサーリンク

死柄木に多大なダメージを与えてスターは逝きました。

しかし悲しむ暇はありません。

敵が完全復活するまでの1週間で、オールマイトは1-A生徒たちに個性の底上げを要請します。

そんなことは想定済だと、デクたちが不在の間も訓練を怠らなかった爆豪たち。

オールマイトはヒヨッコたちの成長を頼もしく思います。

一方、個性が蝕まれた状態で苦しむ死柄木。

その様子からAFO(ワン・フォー・オール)攻撃の延期を決定します。

不満げな荼毘ですが、予め策を用意していたAFO。

その日の夜、何やら葉隠に不穏な動きが・・・?

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』336話のネタバレ

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

それでは僕のヒーローアカデミア第336話『敵(ヴィラン)』の要点をまとめてみました。

人気投票による新十傑が勇ましい扉絵は、ブルーバックがとても鮮やか。

トップ3の盤石ぶりはお約束。

意外なところは、アニメからロディがランクインです。

これは原作への参加も期待していいかな?

心操も5期アニメの活躍と投票のタイミングが上手く合致しましたね。

オールマイトやエンデヴァーがランク外になる一方で、マイクがちゃっかりです。

雪原に佇む10人と動物たちの組み合わせが凛々しい表情。

やはりホークスには鷹が良く似合います。

カッケー。

さて、前回はAFOのセリフで内通者の存在を匂わせて終わりました。

よもやの葉隠がスパイなのでしょうか?

事態は風雲急を告げます。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

甘い見通し

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

訓練で手合わせをするデクと爆豪。

エンデヴァー事務所で爆豪は二つ学んだことがありました。

「溜める」ことと「放つ」ことです。

しかも一発ではなく、汗の玉による同時多発による攻撃です。

それが爆豪の新境地「クラスター」。

この武器をはじめ、爆豪は全ての技を底上げするつもりです。

温めるのに時間を要するため常備冬服となり、暑くて体力が削られるリスクはあります。

しかしデクは爆豪の雰囲気が変わったことを実感します。

それだけではありません。

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

焦凍は左右の個性を出力調整すべく、精神集中の訓練をしています。

まだコツは掴みかけですが、荼毘の火力に焼かれないよう取り組みます。

総力戦といいつつも死柄木とAFOは弱い状態です。

しかもギガントマキアを拘束しているため、今度こそいけると上鳴は考えます。

しかし、その見積りは甘いと指摘する爆豪。

その根拠は3つもあります。

まず1つは、死柄木たちが発見されないこと。

オールマイトに敗北してからAFOの所在が掴めた事が無いからです。

次に2つは、前回の戦いでは、そもそも死柄木が不完全だったこと。

ヒーロー側の戦力減少を鑑みると五分五分と言えるか不安です。

最後の3つは、戦う火ぶたを切るタイミングがヴィラン側にあること。

仮にサーチの個性が消失していても、デクたちの後手は必至です。

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

そのために、ヴィランの出方を“僕たち”で誘導できるよう捜索に出るつもりです。

結局のところ、追いつめてもAFOは笑っているー。

そう嘆くのが現状でした。

 

スポンサーリンク

内通者確定!

一方、森の中で青山を見守る葉隠。

デクが戻って来てからも、元気がなく笑顔を見せない青山を心配していました。

その青山家は何やら修羅場のようです。

あの人が再び指示を出してきた。

これまで通り上手くできた。

雄英の内部であれば監視の視角になる。

何度も「大丈夫」と息子を励ます青山の両親たち。

すると、次の言葉に驚くべき人物の名前を口にします。

何と“AFO”でした。

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

AFOの言う通りに出来なければ殺されてしまうと叫ぶのです。

両親の説得を聞きながら涙を流す青山。

今までバレずにAFOに教えることが出来たと説得されますが、青山は良心の呵責に耐えられそうにありません。

とはいえ遅すぎると言葉を両親たちは言葉を続けます。

遠くから様子を見る葉隠。

嘘でしょ!?嘘!!だと、青山が内通者であることに信じられません。

 

スポンサーリンク

青山家の事情

子に幸せを掴んで欲しかったとママンは言います。

個性を持たずに生まれた息子が皆から外れないように、皆と一緒に夢を追えるように。

その一心だけだったのです。

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

しかし、こうなる事が分かっていれば、AFOから個性を貰わなかったと後悔もします。

でももう無理。

AFOに関わったからには、もう逃げることは出来ないからです。

事実を聞いた葉隠。

先生か誰かに知らせなくてはと、一旦その場を離れていきます。

涙を拭きながら、青山は自分の気持ちを話します。

ずっと苦しかった。

罪悪感に押し潰されるから、無理矢理にでも気丈に振舞ってきたと言うのです

神野でAFOが捕まった時、これで皆と一緒だと卑しくも勘違いしたと告白する青山。

愚かな自分たちを許してと息子に許しを請いますが、青山もパパンとママンを守りたかったのです。

 

スポンサーリンク

涙の告白

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

その話を立ち聞きするデク。

どうやら葉隠が現場に連れて来たようです。

信じられないような表情で、デクは事実を青山に確認します。

何の話かと必死に誤魔化すパパン&ママン。

もう青山の顔は涙でぐちゃぐちゃです。

皆でデクを助けた時にも、自分だけが何も言えなかったと振り返る青山。

しかしながら、目の前のデクは青山を心配していました。

一人だけ浮かない表情だった青山が気になり、探しに来ていたのです。

その言葉を聞いてなのか、青山は全てを告白します。

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

“ぼくはしっているよ”

USJも、林間合宿の時も。全て僕がヴィランを手引きした。

僕はクズ側の敵だと涙の懺悔をします。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』336-337話のネタバレのまとめ

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

内通者は葉隠かと思わせながら、まさかのフェイント。

これは堀越先生に一本取られました。

演出の妙ですね。

やはり犯人は青山でした。

オチとしては予想通りでしょうか。

青山の個性はAFOから与えられたという事実。

青山の両親がどんな経緯でAFOと接触したのか不明です。

しかしながら、息子を不憫に思うあまりとはいえ、そのツケは余りにも大きすぎました。

堀越耕平「ヒロアカ」336話より引用

従わなければ殺される。

恐らくやんわりとした口調で、青山家に対してAFOが脅迫したのでしょう。

AFO役の大塚ボイスで脳内再生されますよ。

息子を説得するママンのセリフは黒い吹き出しと、ダークな演出です。

結果的に悪に手を貸していた青山。

罪悪感で涙を流す辺りに嫌々だったことが痛いほど伝わります。

教師陣がこれから取るであろう青山に対する処置とは別にして、デクやA組の面々がどう思うでしょうか。

最終決戦に向けての団結力にヒビが入らなければ良いのですが。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』338話!イレイザーと発目が登場!?青山を信じる・・

⇒『ヒロアカ』337話!青山に手を差し出すデク!罪を憎んで人を・・

⇒『ヒロアカ』335話!よもやよもやの展開!内通者は○○だった・・

⇒『ヒロアカ』334話!スターの遺せしもの!未来はデクたちに託・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です