最新ネタバレ『ヒロアカ』346-347話!考察!死柄木への特別ステージ!デク不在で戦うヒーローたち!

スポンサーリンク

堀越耕平「ヒロアカ」346話より引用

幾つものトロイアの檻にヴィランを閉じ込めたヒーロー軍団。

今度は分断されたトロイアを小分けにワープゲートに押し込む作戦です

まさに秒の先手の戦いとなりました。

敵味方があらかた消えた現地では、ファットガムがヴィラン掃討の指揮を執ります。

一方、ワープゲートを抜けたヴィランの主力組には、因縁のヒーローたちが相対します

エンデヴァー&ホークス VS 悪の親玉AFO(オール・フォー・ワン)。

焦凍 VS 荼毘の兄弟対決。

そして空中に浮かぶ死柄木にはデクが戦う予定でした。

しかしデクの姿はそこにはありません。

4thの危機察知が発動しなかったデク

トガに引きずられて、お茶子たちと一緒のバトルフィールドに飛ばされます。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』346話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第346話『スーパーハイパークソハメステージ』の要点をまとめてみました。

戦局がフェーズ2に移行する中、デクが予定の場所にワープしないなど、現場は早くも荒れ模様です

まずはデクのいない雄英側と死柄木の戦いが描かれます

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

現場の混乱

死柄木を追って登場する爆豪やねじれ先輩たち。

先に待っていたジーニストはデクがいないと知り動揺します。

爆豪はデクが何者かに引っ張られたのを目撃するも詳細は分かりません

死柄木との対決は、デクがいることが大前提でした。

その根底が崩れたのです。

ねじれ先輩は皆への連絡を危惧しますが、ミルコに至ってはお構いなし。

目の前には有史以来最強のヴィランとの戦いが待っています

その最強の敵である死柄木は眼下に地上を見ると、今は浮遊していることを実感。

自分以外の他には、ダツゴクや仲間がいないことを認識します。

それでも納得する死柄木。

今度は邪魔するなと心の中の“ぼく”に語りかけると、早速攻撃を仕掛けるのでした。

 

スポンサーリンク

オールキャスト

死柄木の触れた右手により、足場は次々と崩壊していきます

しかし、そこには罠が張ってありました。

電磁バリアです。

どんな超人であれ脳と筋肉で動く以上、身体に強力な電磁が流れれば硬直します。

その一瞬をジーニストは見逃しませんでした。

死柄木は全身を瞬く間に拘束されてしまいます

崩壊の伝播を防ぐため、高く跳ね上がった地面のブロックは既にチリと化しました。

この戦いの場は空中です。

しかし貴重な足場ステージが無くなる可能性について、ジーニストは心配をしていません。

足場を作る資材は豊富にあるからです。

死柄木の察しの悪さを皮肉るジーニスト。

この空中に浮かぶ雄英のステージは、死柄木を倒すために作られた天空の棺になります

タワーローダーがプレートの破損を報告すれば、すぐに補填にかかるセメントス。

発目が資材の提供をお願いする相手は、クリエティことヤオモモです。

その補給源はランチラッシュで万全のバックアップ

超広範囲即死攻撃に加えて、全盛期のオールマイト級の移動スピードを有する死柄木をいかにして留め置くか?

この課題の答えを可能にしたのが発目だったのです。

根津校長の発案した避難システム、崩壊対策、小分けにした区画ブロックのドローン化

資材不足はヤオモモが請け負い、施工期間はセメントスたちより短縮されました。

そして動力と電磁バリアのエネルギー問題です。

これには上級生に加えて、上鳴と1年B組の吹出漫我が供給源として活躍をします

死柄木を閉じ込めるために頑張る上鳴。

誰もが棺を動かすための要なのです。

明日を守ろうとする者にして、死柄木の破壊を拒む者たちが団結をします。

 

スポンサーリンク

無数の左手

玩具自慢だと一笑に付す死柄木

今度は衝撃波で棺を破壊しようとします。

しかし、死柄木の攻撃は不発に終わるのでした。

その理由は仏間の存在です。

フィクサーの能力が相澤の「抹消」をコピーして発動していたからです

仏間の目元に水を提供するマニュアル。

その反対側には相澤が仏間の傍らに接触し続けています。

これで仏間のコピーの制限時間5分を解消可能になります。

本体ならば、ここまで状況を整えた上で、デクを中心に死柄木と有利に対峙するハズでした

しかしながら、デクがいないことに相澤も不測の事態を懸念します。

左手が無限増殖する死柄木。

爆豪も初見の攻撃です。

加えて蛇腔戦の死柄木の身体はまだ未完成でした。

ミルコは死柄木の左手に押しつぶされてしまいます

カッコイイ奴だと思っていたイレイザーヘッドに落胆する死柄木。

人数的に不利な死柄木ですが、怯む様子は全く見受けられません。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』346-347話のネタバレのまとめ

アメリカNo.1に勝利した死柄木をどう雄英が倒すのか?

その答えは「みんなで戦う」でした

傍から見れば1対多数の対決ですが、某戦隊ものも複数で敵を倒しますしね。

それにしても雄英側の適材適所たること。

発目とヤオモモの才女二人をはじめ、セメントス先生マジ優秀です

ランチラッシュやマニュアルなど、完全に忘れていたキャラの再登場はツボでした。

この戦いが総力戦であるかが分かります。

吹出もそうですが、仏間の活躍などB組メンバーが要所で頑張っています。

にもかかわらず怯むことのない死柄木。

まずはラストシーンでミルコにダメージを与えます

仏間のコピーでミルコが崩壊する危険は回避されていると思いますが、この様子ではデクが現場に来るまで相当の被害が出そうな気がします。

もっともデクが爆豪たちと合流するには、お茶子たちと一緒にトガとの戦いに決着をつけてからになります

それまでの間は、ジーニストや爆豪たちが死柄木の攻撃を防ぎきれるかがポイントになりそうです。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』348話!デートはクレープ半分こ?クソナードの恋・・

⇒『ヒロアカ』347話!無限増殖する死柄木の左手!トガはデクに・・

⇒『ヒロアカ』345話!作戦第二段階突入!デク&お茶子の相手は・・

⇒『ヒロアカ』344話!バイプレイヤーではない!皆が主役の最終・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA