最新ネタバレ『ヒロアカ』355-356話!考察!AFOのマスクを破壊!!脇役舐めたらアカンぜよ!?

スポンサーリンク

堀越耕平「ヒロアカ」355話より引用 

群訝山荘跡で対峙するAFO(オール・フォー・ワン)とエンデヴァー&ホークス

AFOの弱点は見た通りのマスクですが、個性を強奪されてはたまりません。

そこでヒーロー側はトップ2の連携技を駆使して、AFOを倒すつもりです。

義羽で戦うホークスと至近距離で攻撃を仕掛けるエンデヴァー

しかしAFOは焦ることなく、確実に挑発してきます。

AFOの“口撃”に耳を貸すなと、エンデヴァーに注意するホークス。

それでもエンデヴァーは冷静さを失い隙が生じます。

「ここだ♪」とばかりにAFOはピンポイント攻撃

エンデヴァーの脇腹をえぐります。

墜落するエンデヴァーにAFOはトドメを刺そうとしますが、そのピンチに常闇と耳郎が参戦してきました。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』355話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第355話『EXTRAS(エクストラズ)』の要点をまとめてみました。

戦いを有利に進めたAFO。

耳郎と常闇が駆け付けましたが、学生ということで戦力としては心許ない気もします

主力であるはずのエンデヴァーは絶賛墜落中。

羽の少ないホークスを含めてヒーローは3人ですが、この面子でAFOと渡り合うことが可能でしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

師弟関係再び

AFOの攻撃を受けて地上に落下したエンデヴァー

息も絶え絶えの様子です。

脳裏に浮かぶのは2人の息子、焦凍と荼毘の姿に変貌した燈矢です。

そして深い傷を負いました。

全ての原因は自分にあります

AFOに怒るのは筋か違うとエンデヴァーも承知しています。

一方、空の舞台では常闇が上空を駆け抜けます。

ホークスはエンデヴァーが肺の直撃を避けたことを呼吸音で察知

まだ動けることを前提に作戦を考えます。

出る幕ではないと言われて、常闇はホークスに反論します。

自分が配置された理由は、戦いが膠着した場合の更なるサポートです

死ぬぞと発して情けなく思うホークス。

また助けて欲しいと気持ちを切り替え、常闇も当然だと応えるのでした。

 

スポンサーリンク

真の恐怖

一方、対峙するAFOの左腕が何やら膨張しています。

自らの分身でもある死柄木のことも気になります。

ここで油を売っている時間はありません。

仕留め損ねたエンデヴァーは、死なない限りは立ち向かってくるはずです

この局面での目的は単なる時間稼ぎ。

AFOは鳥二匹にハメられては面倒です。

触手のような無数の口が耳郎たちを攻撃します

耳郎のピンチを何とか回避するホークス。

一瞬の出来事に耳郎は血の気が引いていきます。

ホークスの刃はAFOのマスクに傷を与えながら、自由に動けと常闇に指示をします

あくまでも常闇の動きに自分が合わせるつもりです。

耳郎は覚悟を決めて戦いに来たハズでした。

しかしAFOの動きは全く見えませんでした。

向けられた悪意に鳥肌が立ち、心臓は高鳴るばかりです

こんな相手に晒され続けてきたのかと、今更ながらデクと青山の立場を理解するのでした。

耳郎の震えを見抜いて哀れむAFO。

脇役の勘違いかと今度は両手で攻撃をします

今のホークスでは羽が少ないため、AFOの物量攻撃を捌き切れません。

やはりダメージを負ってしまいます。

魔王に立ち向かえる特別な存在ではなく、只の凡骨に過ぎないよ

耳郎は左耳が千切られてしまいます!

 

スポンサーリンク

耳郎&常闇参戦!

青山が涙する姿を思い出す耳郎。

AFOの怖さや強さ、特別感などは知りません。

友達がAFOのせいで泣いていたと、涙を浮かべながら大声で反論します

怯むことなくハートビートサラウンドレガート。

しかしAFOにとっては全てが弱き者の次元に過ぎません。

パワーが圧倒的に不足しているのです。

右手で耳郎に攻撃を仕掛けようとするAFO。

すると今まで強奪してきた多くの個性が、一つの意志となりAFOの動きを止めにきたのです

弱者の弱さに当てられたのかと、一瞬AFOの動きが止まります。

側面から急接近するホークス。

一撃、二撃、三撃と、AFOのマスクに寸分違わず当て続けて、その傷を広げてきたのです。

塵も積もれば山となる。

音波振動付与の風切太刀(カザキリタチ)!

ホークスの豪快な一振りが、AFOのマスクの右側を粉砕するのでした。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』355-356話のネタバレのまとめ

敵も味方もダメージだらけの総力戦。

しかしエンデヴァーは1ページ目で今回の話からは蚊帳の外でした

頼むよNo.1ヒーロー(涙)

前回の攻撃で左腕を失ったかと思いましたが、そこに関しては一安心でした。

もっとも、ホークスたちが必死で戦っているのは対照的に、息子のことを考えていればAFOに付け込まれるのも仕方なしですがね。

脇役3人を一網打尽にしようとするAFO。

左手はゴジラ映画に登場したビオランテみたいな触手攻撃でした。

A組の2人を守ろうと懸命のホークスですが、やはり不完全体では分が悪かったです。

堀越耕平「ヒロアカ」355話より引用 

そして耳郎が!イヤホンジャックが耳にダメージを受けてしまいました

これ、リカバリーガールが治せるかなぁ?

AFOが無慈悲すぎます。

それでも臆することなく攻撃を仕掛ける耳郎。

耳だって痛いはずですが、それ以上に友達を泣かせたことに憤りを感じていました

これは泣ける。

ラストはホークスによる閃光の一撃です。

マスクを破壊されたAFOがどうなるのか?

それは次回のお楽しみ、と思ったら休載のようです。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』357話!窮鼠猫を噛む!?AFOの自爆ショー開幕?・・

⇒『ヒロアカ』356話!原点回帰のエンデヴァー!!弱さと戦う・・

⇒『ヒロアカ』354話!大ダメージのエンデヴァー!トップ2を助・・

⇒『ヒロアカ』353話!第1ラウンド決着!戦いは各方面へ!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA