スポンサーリンク

最新ネタバレ『ヒロアカ』360-361話!考察!無力なり爆豪!されど心はまだ折れず!!

スポンサーリンク

堀越耕平「ヒロアカ」360話より引用 

死柄木を封じるため浮遊する天空の棺は、かつての学び舎でした

暴れまくる死柄木の影響により、内部の施設では無数のトラブルが発生します。

それでも勝利を信じる経営科。

最後までこの戦いを撮影し続けます。

爆豪のハウザーインパクトクラスターは、死柄木には通用しませんでした

その威力を素晴らしいと褒めながら、爆豪の右腕をへし折る死柄木。

爆豪に興味を引かれるのは、デクとの仲が最も良いだけだと無慈悲の一言です。

肝心のデクとは通信障害の影響により連絡が途絶えています。

誰でもいいから爆豪を助けて欲しいと相澤は叫びます。

このピンチに登場したのは、ルミリオンたち3年生のビック3でした

卒業式はこの戦いが終わってから。

デクが到着するまでの間、ビック3のパワーで死柄木と対峙するつもりです。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』360話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第360話『それでも』の要点をまとめてみました。

サポート科のお助けアイテム、対死柄木用の必殺技。

この戦いのために準備と研鑽を積んできたはずの爆轟でしたが、死柄木に致命傷を与えることは無理でした

それどころか、逆に右腕を折られてしまうなど散々な結果となりました。

あらゆる努力が一瞬で無に帰した印象で不憫すぎます。

果たして完全敗北の爆豪をビック3が助けることができるでしょうか

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

爆豪の存在意義

本来デクが天空の棺にいる手筈だったことは、死柄木にも分かっていました

ならば遠からずデクは戻ってくるはずです。

死柄木は個性が抹消されていて良かったと思います。

足下で倒れる爆豪を足の指で放り上げると、今度は右手で首を締め上げます。

爆豪は苦し紛れのパンツァーを発射するも命中せず。

それどころか左腕の装甲まで破壊されてしまうのでした

息苦しくなり、白目をむき始める爆豪。

死柄木は蛇腔戦で怒り狂ったデクを思い出します。

爆豪を死体として残せば、良いプレゼントになるとまで考えます。

オールマイトに憧れていた爆豪でしたが、現実を見るよう勧める死柄木。

爆豪はデクにとって金魚のフンだと、非情な言葉を発するのでした

 

スポンサーリンク

ビック3の連携攻撃

死柄木の後方からグリングパイクを放つネジレチャン。

すかさず爆豪を盾代わりに使います。

ネジレチャンは慌ててパイクの軌道を逸らしますが、その隙を狙ったのはサンイーターです。

オクトパスミラージュとスコルピウストキシンの混成大夥

まさに時代は虫食です。

四つん這いで身を潜めて、遠距離から死柄木の左肩に毒を注入してきました。

しかし、その肩から口が生えると毒が吐き出されてしまいます。

あらゆる局面に適応する死柄木の身体。

下らないと言いつつ、再び左腕が暴発してサンイーターに襲い掛かります

すると今度はルミリオンが登場。

爆豪を救出してジーニストに預けることに成功するのでした。

蛇腔にいたふざけた顔の男だと思い出す死柄木。

ルミリオンは伝達と警護を担当するヒーローだと自己紹介します

自分の役割を詳細に説明しつつ、死柄木の攻撃をかわすルミリオン。

なぜ破壊活動を行うのか質問します。

死柄木は今の構造が失敗しているからだと答えるだけです。

ルミリオンはネジレチャンのパイクを右手に蓄えると、ゼロ距離攻撃で波動エネルギーを死柄木に運ぶつもりです。

ルミリオンに友達がいないことを指摘されて固まる死柄木

壊してはいけないものがあると、分かる時がいずれくるだろう。

そう思いながらルミリオンは死柄木に攻撃をします。

デクが戻ってくるまでの間、死柄木には何もさせないつもりです。

 

スポンサーリンク

涙の瞳に映るもの

一方、爆豪の右腕を縫合しようとするジーニスト

この戦いでは爆豪の火力はまだ必要とされています。

両手を地面について跪く爆豪。

その目からが涙がこぼれています

方針を変更するジーニストは、後は何とかすると爆豪に語りかけます。

もはや死柄木は別次元の領域にいる存在で、接敵経験を活用できる余地はもうありません。

よくやったと慰めるにとどめます。

しかし爆豪はまだ諦めていないようでした。

ブツブツ言いながら、死柄木の攻撃パターンを細かく観察していたのです

万策尽きたはずですが、それでもなお死柄木に挑もうとしています。

ジーニストの戦慄は止まりません。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』360-361話の考察まとめ

爆豪へのいたぶり方が容赦ない死柄木。

もうやめて、爆豪のライフはゼロなのよ!

文字通り足蹴にされて、死柄木にいいように蹂躙されてしまいます

堀越耕平「ヒロアカ」360話より引用

それよりも爆轟が最もダメージを受けたのは、死柄木の物理的攻撃よりも“口撃”ではないでしょうか。

金魚のフン扱いとは。

今まではデクが爆轟の後ろについて行く印象があったのですが、死柄木には全く逆の関係に見えていたようです。

これは爆轟にとってもショックな一言だったと思います

爆轟の首が締め上げられて四散する一コマ。

どうやらイメージのようでした。

びっくりした~。

ちなみに、死柄木のセリフにあった「くし刺し」とは、蛇腔市内での第一次決戦、第286話『僕らの中の人』の時ですね

死柄木の攻撃からデクを守った爆轟が深手を負い、デクがブチ切れたお話でした。

最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』286-287話!考察!デク暴走! | 漫画ネタバレ感想ブログ (manga-netabare-kanso.com)

 

その後は何とかルミリオンとジーニストの連携で危機を脱した爆豪

よく見るとジーニストもヨレヨレですが、それでもアップはイケメンに描かれています。

ネジレチャンから波動をもらい死柄木にカウンターパンチのルミリオン。

死柄木に頭を潰されたー!と思いましたが違いました。

透過の個性でした。

読んでいる方としては、今週は刺激が強過ぎるシーンが多いですね。

友達いない発言に反応する死柄木も、ある意味で“口撃”でダメージを受けているのが面白いです

スピナーとはゲーム仲間の気もしましたが、そこは死柄木にとって友達とは違うのかな。

一方で、遠慮がないほど非情な現実に直面して、涙を流す爆豪

このツラさは大人でも泣いてしまいますよ。

心のダメージをジーニストが心配するのも分かります。

最近はメンタルケアは大事ですからね。

しかし爆豪自身は腕こそ折られましたが、心までは折れていませんでした

それとも逆に吹っ切れたのか、思ったよりも冷静な様子です。

もしかして覚醒のトリガーとなるのでしょうか。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』362話!爆豪が心肺停止??かっちゃん嘘だと言っ・・

⇒『ヒロアカ』361話!志村転狐の目覚め?ビック3は食虫サンイ・・

⇒『ヒロアカ』359話!祝!連載8周年突破!ピンチの爆豪にビッグ・・

⇒『ヒロアカ』358話!天空の棺決戦!フルアーマー爆豪にパンツ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA