スポンサーリンク

最新ネタバレ『ヒロアカ』361-362話!考察!志村転狐の目覚め?ビック3は食虫サンイーターで攻撃!!

スポンサーリンク

堀越耕平「ヒロアカ」361話より引用 

死柄木に腕を折られ、頭を踏みつけられる屈辱の爆豪

今度は持ち上げられたまま、首を締めつけられてしまいます。

デクが天空の棺に向かっているのは、死柄木も承知しています。

かつての蛇腔戦では、負傷した爆豪を見てデクは怒りに任せた攻撃をしました

爆豪を死体にすればデクには良いプレゼントになる。

死柄木は、爆豪のことを“デクにとっての金魚のフン”呼ばわりします。

ネジレチャン、サンイーター、ルミリオンの連携で救出された爆豪

膝をついて涙を流す爆豪にジーニストは労いの言葉をかけますが、爆豪はまだ諦めていません。

死柄木の左腕の動きを細かに観察していたのです。

一方、透過の個性で死柄木に接近したルミリオンがゼロ距離攻撃

ネジレチャンの波動エネルギーを蓄えて、死柄木のお腹に右ストレートがヒットします。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』361ネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第361話『ネタバレ』の要点をまとめてみました。

死柄木の眼中にない存在と知りショックの爆豪。

厳しい現実に直面しながらも、まだ闘志は衰えていないようです。

その爆豪に代わり、死柄木に攻撃をしかける先輩ビック3

しかしながら、死柄木にはルミリオンのパンチよりも効いたものがありました。

果たして?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

幼児退行

ルミリオンに“友達”の大切さを諭される死柄木。

精神世界に浮かぶのは、無数の手に覆われる志村転狐の姿です

僕にも友だちはいるもん!

みっくん、ともちゃんは、自分のことを優しいと褒めてくれました。

ペットのモンちゃんも自分と散歩をしたいようです。

急に語尾が幼くなりながらも大声で反論する死柄木

これにはルミリオンも驚き、思わずゴメンと謝るのでした。

死柄木に違和感を覚えつつ、デリケートな部分に触れたと反省するルミリオン。

それにしても、死柄木の本体はとても堅いです。

生えたての触手とは比べ物にならず、渾身の一撃も薄皮一枚も破れません

さすがにマズいとルミリオンも思います。

 

スポンサーリンク

天空の棺桶

身体は既に完成したはずの死柄木。

しかし、弔でもAFOでもない転狐の存在が、分裂した気持ちをもたらします

死柄木は戦いが長引くと面倒になると判断すると、ルミリオンの攻撃を無視。

その足を爆豪へと進めます。

少しは怯んでくれると思ったルミリオンは焦ります。

死柄木への攻撃プランは、初手がねじれと環

爆豪を助けた後は、透過でノーダメージの自分が時間稼ぎをする予定だったミリオ。

そして最後は死柄木に有効打を与えるため、環に攻撃を託すつもりでした。

死柄木に一発もらい、意識を保つのが精一杯のジーニスト

それでも爆豪を守るつもりで、悪の権化に立ち向かいます。

横合いからグリングパイクを連打するネジレチャン。

死柄木を倒すために造られた天空の棺は、ヒーローたちの棺桶になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

無限の一撃

元々、ねじれは何でも出来る個性の持ち主です。

そのため周囲は見下していると誤解をしていました。

相手を知りたいと思う度、人々の心はねじれから離れていきます。

冷めた表情をするねじれに対して、好きなヒーローを聞いてきたのが環だったのです

目が合わないようにしつつ、サムズアップはリミオをリスペクト。

ねじれは高校生活を振り返ります。

環やミリオたちと雄英で知り合えたからこそ、たくさん強くなれたと

波動エネルギーをサンイーターに供給するネジレチャン。

時間はかかりましたが、混成大夥がその真価を発揮します。

多くのモノを取り込んだサンイーターの左腕が、膨張して死柄木を攻撃します

食べれば食べるほど、可能性が広がるサンイーターの個性には上限がありません。

死柄木に有効打を与える唯一の策。

付き合いの長いルミリオンとネジレチャンは、サンイーターを信じています。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』361-362話の考察まとめ

堀越耕平「ヒロアカ」361話より引用 

ルミリオンの質門に対して、まさかの「~もん!」連発の幼児言葉

その後の一瞬の間が絶妙です。

命のやりとりをしている真っ最中に素で謝るルミリオン。

死柄木のガチ反論に地雷を踏んだと思ったようです。

友だちの名前でスピナーがなかったのは、言葉遣いから志村転狐としての感想でしょう

みっくん、ともちゃんは、235話の死柄木の回想シーンから。

小さいころにヒーローごっこで遊んだ友だちの名前です。

モンちゃんは志村家で飼っていた犬ですね。

前哨戦で死柄木と戦ったUSAのスターアンドストライプは、死柄木は既に別の人物に変わったと感じていました。

しかし、転狐の人格はまだ内面世界に存在しているようです

ルミリオンの言葉に過剰反応する死柄木の様子を見ると、何となく物理攻撃よりも精神攻撃の方が死柄木には有効なようです。

後半はビック3の成り立ちの様子が描かれました。

まさか昔はアイスドールだったねじれ。

ツンとした横顔も美人ですが、やはり笑顔が素敵な美しすぎる先輩でした

そしてクライマックス。

デクが到着するまでの時間稼ぎは想定内でしたが、サンイーターの攻撃準備の時間稼ぎもしていたとは。

てっきりルミリオン主体で死柄木を攻撃して、残る2人がサポートと思っていました。

無限増殖する死柄木に対して、上限個性のないサンイーターをぶつける見事な作戦です

クソカッコいいサンイーターさん。

アニメーター泣かせの混成大夥がスゴイことになっています。

食虫はいきなりタランチュラ、アリゲーター、ヒグマ、イナゴ…。

ゲテモノ一辺倒かと思えば、ドラゴンフルーツに甘藷(さつまいも)。

食べる対象によっては漢方みたいに粉末にしたのかな。

これに波動エネルギーが加わると、一体どのような効力を発揮するのでしょう?

全く想像がつきません。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』363話!ヴィラン反撃の予兆?AFOの素顔が今明ら・・

⇒『ヒロアカ』362話!爆豪が心肺停止??かっちゃん嘘だと言っ・・

⇒『ヒロアカ』360話!無力なり爆豪!されど心はまだ折れず!!・・

⇒『ヒロアカ』359話!祝!連載8周年突破!ピンチの爆豪にビッグ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA