スポンサーリンク

最新ネタバレ『ヒロアカ』362-363話!考察!爆豪が心肺停止??かっちゃん嘘だと言ってくれ!!

スポンサーリンク

堀越耕平「ヒロアカ」362話より引用 

“友達”はいるかと指摘されてムキになる死柄木。

しかし、その言葉遣いは幼過ぎました。

弔でもAFO(オール・フォー・ワン)でもない、内面世界に封じられた志村転狐の叫びです

戦いが長引けば面倒になる。

死柄木はそう判断すると、ルミリオンを無視して爆豪に向かいます。

その横合いからパイクを連打するネジレチャン。

時間は要しましたが、サンイーターも攻撃の充填が完了しました。

無限に増殖する死柄木に対抗できるのは、個性に上限のないサンイーターのみです

多くのモノを取り込んだ混成大夥の真価が発揮されようとしています。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』362話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第362話『Light Fades To Rain』の要点をまとめてみました。

爆豪が虎視眈々と反撃の準備をする一方で、ビック3のサンイーターに全てをかけます。

無限増殖と上限設定なしという、インフレ同士の激突です。

ビック3は死柄木を止めることが出来るのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

エネルギー充填120%

サンイーターは、超強力なプラズマエネルギーの発射態勢に入ります

この攻撃が失敗すれば、仲間たちは死柄木に皆殺しされてお終いでしょう。

ファットガムや切島たち、ルミオの言葉を思い出すサンイーター。

自分をスゴイと褒めてくれました。

眩い光の言葉は、他者が与えてくれた宝物です。

今までは光の言葉を受け入れることが出来ませんでした

その宝物はあまりにも重く潰されそうな気がしたからです。

何よりも自分を卑下している方が楽でした。

心の中で感謝を述べるサンイーター。

今はこの重さが自分を強くしてくれています。

ネジレチャンの波動エネルギーも取り込んだ混成大夥。

波動砲発射!!

小賢しいと攻撃する死柄木に対して、吹き飛べとサンイーターは叫びます。

プラズマキャノンの威力により、死柄木の左腕が次々消滅していきます。

と同時に、ルミリオンは死柄木の顔面に左ストレートです。

天空の棺を突き破るほどの強力なエネルギー弾。

しかしながら、白煙の向こうに死柄木はまだ存在していました

なぜ攻撃が効かないのかと絶望するネジレチャン。

全盛期のオールマイトがこの程度で死ぬはずない。

死柄木の左腕が再びサンイーターとルミリオンに襲い掛かります

少しは考えてみろとドヤ顔の死柄木。

その視線は爆豪へと注がれます。

 

スポンサーリンク

最後の輝き

爆豪はフラフラしながら歩きだします。

その姿に死柄木はイラつきます。

「デク」ではなく「出久」とブツブツと言いながら、死柄木に勝つつもりの爆豪

他の皆を頼むとジーニストは任されますが、爆豪を制止しようとしたその時です。

瞬間的な加速をした爆豪が、死柄木にダメージを与えました。

今度は右だと死柄木の攻撃を回避する様子に、ジーニストは驚くばかりです。

死柄木が右を見た時には、爆豪は既に背後を取っています。

爆豪の個性はお馴染みの「爆破」です

汗を溜めて玉として放出する“クラスター”には、思わぬ副作用がありました。

ニトロのような汗が掌の汗腺だけでなく、体中から漏れ出していたのです。

全身からの爆破が推進力となり、結果として爆豪にさらなるスピードを齎しました。

負荷がかかり体は痛い爆豪。

しかし、痛くても戦い、癖を見つけて戦うのも、デクは全て経験をしていました。

まだデクに追いつけるかと、爆豪は朦朧としながら考えます

対する死柄木は苛立ちが収まりません。

OFA(ワン・フォー・オール)を持たない一般人に何故焦るのか?

壊れろと叫びながら、死柄木は爆豪に反撃しようとします。

 

スポンサーリンク

夢か現か

真っ白な世界。

そこにはオールマイトの幻と爆豪の2人だけしかいません。

ズボンのポケットから取り出したのは、オールマイトのカードでした。

オレはオールマイトのサインが欲しかった

それが爆豪の最後の記憶でした。

ビック3もミルコも間に合いません。

死柄木の左腕が爆豪の心臓にヒットするのでした!

 

スポンサーリンク

爆豪、死す!?

勢いのあまり吹き飛ばされる爆豪。

慌ててジーニストが爆豪に駆け寄ります。

先の戦いをなぞるだけで勝てると思ったかと、死柄木は辛辣な言葉を発します。

既にラスボスとしての魔王たるボディは完成しました。

ここから先は敵である自分たちの物語だと、目を充血させながら宣言する死柄木

一方、爆豪の様子に絶望するジーニスト。

やはり心臓に多大なダメージがあったようです。

物間や相澤をはじめ、阿鼻叫喚のヒーローたち。

急激な温度上昇で天気は雨が降るかもしれません。

爆豪の母親は雨が嫌いな息子を心配します。

その息子はピクリとも動きません。

瞳孔は開いたままで大量の吐血

大事に持っていたオールマイトのカードは、ひしゃげて血に染まるのでした。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア』362-363話の考察まとめ

堀越耕平「ヒロアカ」362話より引用

え~っ!

かっちゃん死んでしまったの?!

第一次決戦では死柄木の棘に腹を貫かれた爆豪でしたが、この時は入院で済みました。

しかし今回は違います。

死柄木が爆豪の心臓にがっつりダメージを与えています

これには読者の心もえぐられました。

ジーニストが縫合して治るレベルではなさそうです。

エリちゃんの“巻き戻し”でも復活は怪しい感じもします。

目の前で教え子がボコられる相澤の気持ちは如何ばかりか。

雨が苦手という爆豪ママのセリフも、訃報への伏線に聞こえてきます

今回のタイトルは直訳すれば「光は雨となる」ですが、中々に考えさせてくれます。

Lightは、爆破の光を指すのか。

Rainは、単なる雨か、それとも爆豪への涙の例えか。

最初のページの段階では、デクに及ばない爆豪の涙かと思いましたが全然違いますね。

「ドラゴンボール」のセルを思わせる、完全体に変貌した死柄木のボディ。

先程のタイトルを単語ではなく文章で考察した場合、世界の主役がヒーローからヴィランたちに代わると暗にほのめかしている可能性もありそうです。

横たわる爆豪の傍らにはオールマイトのカード

「胸元に持っていた○○が救ってくれた」などのあるあるパターンも、透視図で心臓が壊れる描写と遠慮がありません。

死柄木に反撃しながら、デクを「出久」と呼ぶシーンにもグッときます。

デクが戻って来た時には、お馴染みの「クソナード」呼ばわりがお約束と期待していたのですがどうでしょうか。

とにかくビック3の攻撃も無双する死柄木

次回の予想としては2パターンが考えられます。

一つ目は、このまま天空の棺での戦いが描かれる場合。

デクは帰還途中で謎の物体と遭遇しそうな状況だったため、次回で雄英に到着するのは難しい気がします。

もう一つは、天空の棺編は一旦終了して、別のバトルフィールドに舞台が移る。

どちらのルートに進むか楽しみです。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』364話!蘇る全盛期のAFO!正義と悪がそれぞれ託・・

⇒『ヒロアカ』363話!ヴィラン反撃の予兆?AFOの素顔が今明ら・・

⇒『ヒロアカ』361話!志村転狐の目覚め?ビック3は食虫サンイ・・

⇒『ヒロアカ』360話!無力なり爆豪!されど心はまだ折れず!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA