最新ネタバレ『ヒロアカ』376-377話!考察!分断作戦敗れる!エンデヴァー覚醒の兆し?オマケは人気投票結果!!

堀越耕平「ヒロアカ」376話より引用 

デクが去った後も奥渡島での戦いは続きます。

トガに対しては感知系統のヒーローが4人以上でフォローし合います。

ニアハイエンドに再生能力はなく、劣勢になりつつあるヴィラン。

トゥワイスから託された血液では、トガの変身も30〜40分が限度です。

ならばと、黒霧を目覚めさせようとするにスピナーに賭けるトガ。

このタイミングで奥渡島にワープゾーンが出現します。

トガはお茶子の声を振り切り、ワープの闇に消えていきます。

ワープアウト先の群訝山荘跡は混乱に陥ります。

荼毘の炎で燻る山林。

トゥワイスの血で“無限増殖 哀れな死の行進(サッドマンズパレード)”の発動するトガ。

今度はお茶子と梅雨までワープアウトしてきました。

主要キャラが続々と山荘跡に集結します。

 

『僕のヒーローアカデミア』376話のネタバレ

それでは僕のヒーローアカデミア第376話『花に嵐』の要点をまとめてみました。

タイトルは「黒い雨」の井伏鱒二か、それとも米津玄師の曲名がモチーフか?

そんな想像をあれこれ思い浮かべる中、2022年最後の扉絵は人気投票の十傑からでした。

こんなチートなパーティーと闘うには、命がいくつあっても足りません。

人気投票の結果は最後のオマケを見てください。

さて、群訝山荘跡は敵味方が入り乱れるカオスの状態です。

このままAFO(オール・フォー・ワン)の思惑通りに事態が進むのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

混迷の一途

雨は降り、地表はじりじりと灼ける群訝山荘跡。

トガを追いかけて奥渡島からお茶子と梅雨もやって来ました。

まだ恋バナをしていない。

お茶子をしつこく感じるトガには、もう恋する乙女の感情はありません。

無限増殖するトゥワイス。

一方で地面の温度は上昇していきます。

ヒーローたちは土壁の裏に一度退避するほかありません。

捕まえたヴィランも移動させないと焼け死んでしまいます。

シンリンカムイに抱えられる小森でししたが、炎のため胞子を撒くことが不可能です。

状況を確認する梅雨とお茶子は、空中で耳郎、常闇と合流を果たします。

耳郎の負傷を心配する梅雨。

しかし魔王のAFOと戦ったことを思えば、耳を失う程度で済んで運が良かった方です。

トゥワイス群はトガの仕業かと直感する耳郎。

このまま放置すれば日本がトゥワイスに埋め尽くされてしまいます、

何とかして止めなくてはいけませんが、荼毘の熱が強過ぎます。

トガは構わず増殖し続けますが、ヒーローたちは逃げまどうだけです。

既に戦いになりません。

分断作戦は敗れたのでした。

 

親子再び

空中に浮かぶ荼毘を観察するエンデヴァー。

胸の炎は焦凍による“燐”のようです。

焦凍を倒してエンデヴァーへの土産にするつもりだった荼毘。

しかし焦凍は強かったです。

もはや荼毘の夢は完全に敵いません。

ならばせめて、エンデヴァーの大切なもの、守ろうとするもの。

荼毘は一つでも多く破壊するつもりです。

 

どさくさ紛れ

自分に追い風が吹いていると実感するAFO。

全てが数珠つなぎのように良い方向に働いています。

黒霧の本体は死柄木の下に向かいました。

AFOにとってのベストは、自分の不完全な泥ワープより、有効距離の長い黒霧の個性を手に入れることです。

この混沌に乗じて死柄木の下に飛び立つAFO。

行く手を阻むのはホークスですが、逆にAFOに額を割られてしまいます。

トゥワイスの遺志に向き合えとホークスを煽るAFO。

しかしホークスも言い返します。

巻き返しの都合とはいえ急ぐAFOを見て、死柄木を信用していないのかと質問します。

察しの良いホークスを感心するAFO。

確かに死柄木は真の意味で完成体ではありません。

だからこそAFOは自分が必要な理由があると答えます。

 

父の使命

分断作戦は既に機能していません。

荼毘の熱によりヒーローたちは戦うことが困難です。

もしここでヒーローが全滅すれば、敵は全てデクと死柄木の所に向かいます。

ホークスは荼毘を止めて欲しいとエンデヴァーに叫びます。

片手を失い意識朦朧のエンデヴァーへの無茶ぶりに嘲笑うAFO。

打倒AFOが職務命令だと言っておきながら、今度は職務放棄かと御託を並べます。

これに対してうるさいと一喝するホークス。

一度エンデヴァーに負けたことを反論され、AFOも屁理屈をと不機嫌な様子です。

エンデヴァーに特攻する荼毘。

今度は見ると、落ち着き払った様子でエンデヴァーが待ち構えます。

 

『僕のヒーローアカデミア』376-377話の考察まとめ

気合いの入ったイラストの影響でしょうか?

肝心のストーリーが今回9ページしかありません(涙)

というワケで今回は一旦状況整理ですね。

トガもお茶子との未練は完全に吹っ切ったようです。

ラストの小さいセリフは博多弁のホークス。

痛いところを突かれて癇に障った感じのAFO。

もしかして煽り耐性は低いのかもしれません。

2人の罵り合い、いや、レスバトルが非常に面白いです。

堀越耕平「ヒロアカ」376話より引用

最後はアップのエンデヴァー。

今まで目を逸らしていた息子に対して、今度は正面から受け止める覚悟のようです。

あそこまで黒コゲだと、もう元には戻れなさそうな荼毘。

最後は父親の胸で・・・というパターンかなぁ。

 

『僕のヒーローアカデミア』オマケ:第8回キャラクター人気投票!

もはや毎年恒例のヒロアカ人気投票です。

総応募票数はジャンプ本誌のみの募集でしたが56,764票!

無敵のかっちゃんを阻止するのは誰かと思いましたが、やはり王者は強かったです。

結果は爆豪の7連覇となりました。

第1回目こそ3位でしたが、その後はず~っとトップをキープ。

今年は「いずく」と言いながらデクを認めるなど、内面的な成長もありました。

ちなみに爆豪の投票数は1万3,000票超え。

約4人に1人が投票していたことになります。

荼毘も合わせた轟家の投票数よりも多いとは(笑)

以下の順位は2位がデク、3位が焦凍と、こちらも不動の順位でした。

もはや様式美ですね。

 

1位:爆豪 勝己 (→)

2位:緑谷 出久 (→)

3位:轟  焦凍 (→)

4位:エンデヴァー(↑)

5位:飯田 天哉 (↑) 

6位:上鳴 電気 (↑) 

7位:相澤 消太 (→)

8位:ホークス  (↓) 

9位:切島鋭児郎 (↓)

10位:麗日お茶子 (↑)

 

※( )内の矢印は前回順位との比較

 

今回の躍進は4位のエンデヴァー。

飯田の安定感も何気にスゴイです。

前回は男性ばかりの十傑で色気ゼロでしたが、今回はお茶子が滑り込みでランクイン。

レディ・ナガンやスターアンドストライプなど強い女性の活躍も結構あったのですが、初参戦キャラには常連の壁は厚かったかな?

個人的にはそんな印象がします。

物語は終章クライマックスですが、来年も人気投票は継続して欲しいところです。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒『ヒロアカ』378話!恋愛ブースト!雄英校舎の落下を食い止め・・

⇒『ヒロアカ』377話!緊急事態発生!雄英校舎墜落の危機!!・・

⇒『ヒロアカ』375話!南の島から山荘跡へ!トゥワイス化した・・

⇒『ヒロアカ』374話!黒霧が戦場をシャッフル!敵味方の入り乱・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA