最新ネタバレ『マッシュル』100-101話!考察!長男ドゥウム

スポンサーリンク

甲本一「マッシュル」100話より引用

決着のついたマッシュとドミナの戦いですが、今度はその場に高い魔力を晒し出しながら轟音と共にドミナの父が登場します

ドミナは父に自身の不甲斐なさを謝りますが、返ってきた言葉は「よく頑張ったな」という慰めの言葉と「お前はもう必要ない」というひどい言葉でした。

この言葉に怒りを見せたマッシュは攻撃態勢に入り、いきなり蹴りを見舞います。

ですが片手で止められた後、どうして立ち向かってくるバカなのかとマッシュに発言しました。

そして、死を恐れていると言うとドミナの父は「私の存在を脅かす者のいない世界」を作る為に奪うと宣言しました

この宣言を聞いたマッシュは「他から獲るなら、自分も獲られる覚悟もしないとね」というと全力での攻撃に入ります。

ですが、全て交わされ外してあった腕輪も元に戻されます。

私には勝てないと言う間に5兄弟の長男ドゥウムが現れました

そして、身の程を教えてやれと言われた事でドゥウムは「弱い者いじめはしたくないなぁ」と言いながらマッシュの前に立ちはだかります。

ドゥウムと対峙する事になったマッシュはどういった戦いをするのか、早速100話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』100話!のネタバレ

それでは『マッシュル』100話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

次から次へと

ドゥウムはイノセントゼロの五人いる息子の長男でドミナは5番目の末っ子です。

この子供達は「悪魔の五つ子」と言われそれぞれが凶悪な魔法を有しています。

そして、その強さは長男であるドゥウムが1番強いと言われています。

このドゥウムと対峙するマッシュは「次から次へと」とため息をつきます。

するとイノセントゼロはもしドゥウムに勝てたら欲しがっている「はじまりの杖」をやろうと約束します

父にそんな事言っていいのかと聞くドゥウムに「軽く力を見せてあげなさい」とイノセントゼロは言います。

「舐められてる」とボヤくマッシュにドゥウムはあまり気が乗らないと言いながらも攻撃態勢に入ります。

 

スポンサーリンク

二割から行こう

マッシュはボヤきながらもドゥウムと対峙します

が、舐められていない事に気がつきます。

そして、構えるマッシュにドゥウムは流石にドミナを倒しただけあると言い、「二割から行こう」と宣言します

その2人を傍観するドミナは「ムダだ、マッシュに勝てる要素は万が一にもない」と見ていました。

 

スポンサーリンク

戦闘開始

対峙していた2人ですが、遂にその戦闘が始まります。

ドゥウムはマッシュの攻撃を流れるように交わしていき、3割は出せそうだと感じます

そして、3割の力を出したドゥウムは全力のマッシュと互角のスピードになりました。

更にスピードだけじゃないと言うドゥウムはマッシュとの力比べになります。

真っ向から受けて立つマッシュ。

見ているドミナは互角だと説明します

ドゥウムは更に攻撃を加えますが、その攻撃をマッシュは全て見切り始めました。

そして更に「5割」とスピードを上げていくドゥウム

それでもマッシュはその攻撃を交わしダッキングしながらドゥウムの顔面に拳を合わせます。

その状況にドゥウムは「こいつ、私の5割の力を」と驚きます。

そしてまさか、この私が「魔法を使う事になるとは」と口にします

その瞬間、マッシュは攻撃を受けて倒れてしまいました。

ドゥウムはその血を流し倒れているマッシュに「魔法なしでよくここまで」と褒めますが「だがお前が私に勝つことはない」と宣言します。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』ネタバレ100-101話のまとめ

ドミナの父イノセントゼロを相手にしようとするマッシュでしたが、その時に現れたのが長男ドゥウムです。

ドミナの兄であり「悪魔の五つ子」と言われる兄弟の中でも最強と言われる長男です

この状況にマッシュは「次から次へと」と愚痴を漏らし、舐められていると感じます。

ですが、実際にはそうではなくドゥウムはまず二割と言いながらもとんでもない闘気を放ちます。

この時、マッシュも直ぐに態勢を立て直しドゥウムに向かって攻撃を繰り出していきます。

このマッシュの攻撃を流すように交わすドゥウムでしたが、マッシュの力を測るように3割、5割とスピードを上げていきます。

そしてスピードだけでは無いと言うとドゥウムはマッシュに攻撃を仕掛けていきました。

ですが、マッシュはこのドゥウムの5割でさえ「右、右、左」と全て見切り攻撃を加えようとしました

完全にドゥウムの攻撃を交わしていくマッシュ。

そして、遂にドゥウムの顔面にマッシュの拳が炸裂しようとしたその時でした。

甲本一「マッシュル」100話より引用

何とマッシュが血を流し倒れたのです

ドゥウムはまさかこの私が魔法を使う事になるとはと魔法を解放したのです。

ドゥウムは倒れるマッシュに「魔法なしでよくここまで」と褒めた後、私には絶対に勝てないと宣言しました。

連勝続きだったマッシュが遂に膝をついてしまいました。

ドミナの兄弟の中でも最強と言われるドゥウムとの戦いはどういった展開になっていくのか。

次回101話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『マッシュル』102話!家族会議・・

⇒『マッシュル』101話!仕切り直し・・

⇒『マッシュル』99話!お父様登場、長男ドゥウム登場・・

⇒『マッシュル』98話!仲直り・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA