最新ネタバレ『マッシュル』104-105話!修行開始!しっぽとり

スポンサーリンク

甲本一「マッシュル」104話より引用

「始まりの杖」をイノセントゼロに奪われた事で一時中断した神覚者選定。

その一部の神覚者候補には30日後にイノセントゼロが攻めてくる事を知らされています

そんな中で怪我と筋肉痛で動けなくなったマッシュを治療するとライオは鎖を使って手足を縛りマッシュをベッドに拘束していました。

騙されたと嘆くマッシュの前に現れたのがチェーンソーを持った女性。

歴代最強の魔法使いアダムの弟子の1人で、ウォルバーグよりも強いと言われる神覚者メリアドールだとライオは言います

このチェーンソーは毒素を排出する魔法がかけられています。

唸りを上げるチェーンソーに怖いから帰りたいというマッシュですが、メリアドールは拒否権はないと言い、無理矢理治療を開始しました。

そして、治療を受けて体が動くようになったマッシュにメリアドールは今のままではイノセントゼロはおろか長男ドゥウムにも勝てないと忠告します。 

この為に修行をする事を提案しますが、成功すれば信じられない力を得るが、失敗すれば2度と普通の生活はできない体になる可能性があり、その成功率は0.1%だと言います

マッシュはこの修行をやると断言し、更に「1000分の1を1回目に持ってくる自信があります」と宣言します。

これを聞いたメリアドールは笑みを浮かべ、修行を始めましょうと言います。

ウォルバーグより強いと言われる神覚者メリアドールの修行とは一体どんな修行なのか、「マッシュル」104話を早速見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』104話!のネタバレ

それでは『マッシュル』104話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

第一段階

「1000分の1を1回目に持ってくる自信があります」と宣言したマッシュ。

これを聞いたメリアドールは、そこまで言うならアナタを試しましょうと言います。

そして、第一段階は「しっぽとり」だとマッシュに説明します

メリアドールの話を聞いたマッシュですが、「しっぽとり、1人で」と不思議がります。

すると後ろから「おいおーい」と言う声が聞こえてきました。

そして、マッシュの前に登場したのがメリアドールの一番弟子というオチョアです

オチョアはマッシュに「新入りかっ」とシャドーボクシングをしながら話しかけます。

更に「俺には敬語な」と指示しますが、マッシュは返事をしません。

しつこく「返事は」と聞くオチョアですが、マッシュの態度に「無視するなよ〜、ダアァァ」と泣き始めます。

 

スポンサーリンク

12本のしっぽ

マッシュは泣き始めたオチョアの前でいきなりシュークリームを食べます。

この動きにビクッとなり更にオチョアは泣き始めました。

メリアドールはこの「しっぽとり」は12本あるオチョアのしっぽを取れば、第一関門突破だと説明します

「簡単だ」と言うマッシュにメリアドールは「猶予は一週間」だと説明し、その期間に突破出来なければ「修行」をつける気はないと断言します。

 

スポンサーリンク

修行開始

「しっぽとり」をクリアしなければ修行を付けないと言われたマッシュの修行が始まります。

さっさと次の段階に進まねばと言うマッシュはいきなりオチョアのしっぽを狙います

ですが、オチョアの魔法で重力がかかり、上手く動けません。

この状況にライアは「この部屋は10分ごとに2倍3倍と重力が増えていき、長引けば長引くほど不利」と説明しました

「急にムリくさく…」と嘆くマッシュ。

何度挑むも1本も取れずに時間だけが過ぎていきます。

 

スポンサーリンク

ブレーキ

1本も取られず勝ち誇るオチョアに「何てこった」と呟くマッシュ。

この時、見ていたライアは「本当に大事な物を失うぞ」と忠告し、更に知らぬ間にかけているブレーキが何なのか思い出せと言います

これを聞いたマッシュはじいちゃんに肩揉みをしていた時の事を思い出します。

マッシュはこの時、有り余る力でじいちゃんの肩を骨折させてしまいます

この事にショックを受け「シュン」となるマッシュ。

ですがじいちゃんは「落ち込むでない、力は使い方によって、人を助ける事になる」と言ってくれます

この事を思い出したマッシュは、見ているライアもゾクっとするほどの動きを見せます。

そして、フラワーアレンジメントにピラティスからのエステに行き、半日過ぎてメリアドールが戻ってきた時、マッシュはオチョアのしっぽ12本を取り、第一段階の修行「しっぽとり」をクリアします。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』ネタバレ104-105話のまとめ

ウォルバーグより強いとされるメリアドールに修行をつけて貰う事になったマッシュ。

ですが、本気の修行は一番弟子オチョアの「しっぽとり」に成功した後だと言います

このオチョアは癖のある性格で騒がしい姿が気になりますが、重力を与える魔法でマッシュを苦戦させます。

「無理っぽい」と諦めかけるマッシュですが、それを見ていたライアは「本当に大事な物を失うぞ」とマッシュに語りかけます。

そして、知らぬ間に掛けているブレーキが何なのか、思い出せと忠告します

それを聞いたマッシュはじいちゃんとの「肩揉み」を思い出しました。

その有り余る力による肩揉みでじいちゃんの肩の骨は破壊され、その姿を見たマッシュは「シュン」と肩を落とします。

甲本一「マッシュル」104話より引用

ですが、じいちゃんは「落ち込むでない、力は使い方によって、人を助ける事になる」とマッシュを慰めます

この事を思い出したマッシュはライアがゾクっとする程の力を発揮する事になり、メリアドールが戻ってきた頃には、オチョアのしっぽ12本をとり第一段階の修行「しっぽとり」を成功させます。

ライアの助言もあり、何と半日で突破した「しっぽとり」。

次に始まる修行はメリアドールがつけてくれるのか、次週第105話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『マッシュル』106話!人のあたたかみ・・

⇒『マッシュル』105話!第二関門・・

⇒『マッシュル』103話!戦いまで30日・・

⇒『マッシュル』102話!家族会議・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA