スポンサーリンク

最新ネタバレ『マッシュル』129-130話!考察!6割の力

スポンサーリンク

甲本一「マッシュル」129話より引用

ドットとランスの2人を相手に圧倒した強さを見せる悪魔の五つ子長男ドゥウムにレベルが違い過ぎると痛感します。

そして、ドゥウムにトドメを刺されようとしていたところで登場したのが、レインとフィンの兄弟でした。

「神格者の生き残りか」

ドゥウムはそう呟くと直ぐにレインとの戦いになります。

レインは斬りつけられながらも回復魔法で傷を治し、一進一退の攻防を繰り広げました。

この戦いの中、レインはドゥウムの異常な硬さとスピードに一歩間違えると即死だと感じます。

この力を見たレインはフィンに「最初から全力で行くぞ」と伝えると2つの魔力を1つにし、「ラビットパルチザン」を繰り出します。

ドゥウムは隙をつく大技かとガッカリします、レインとフィンは入れ替え魔法で隙を作らせ「ビッグパルチザン」を炸裂させます。

この攻撃を受け驚きながらも、ドゥウムは無傷でやり過ごします。

その後、レインの実力に敬意を込めて5割の力で戦うと宣言します。

まさにヤバい強さを見せるドゥウム。

レインとフィンはどうやって立ち向かうのか。

そして、マッシュの復活とライオの登場はあるのか。

早速、129話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』129話!のネタバレ

それでは『マッシュル』129話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

パワーチャージ

レモン、オチョア、そして神格者カルドの3人掛かりでもゼンマイが回らないでいました。

全然動かない、こうなればとカルドは奥の手を使う事になります。

それは「チャージ・イン・ハチミツ」という、ハチミツの直飲みでした。

カルドはこの直後「パワーアップ、カルド ハタラキバチサンモード」と叫びます。

この姿を見るレモンは「クールなカッコいい目の人と思ったけど、相当イっちゃってますね」とドン引きします。

ですが、パワーチャージしたカルドはゼンマイを動かす事に成功します。

レモンとオチョアの2人は「すごい、かけ声はダサかったけど、実力は本物だ」とガッツポーズをします。

 

スポンサーリンク

苦戦中

一方、ドゥウムと対峙するレインとフィン。

レインは「これで5割だと」とドゥウムの実力に「ちっ」と舌打ちをしていました。

レインは再度「ラージパルチザン」を繰り出し、ドゥウムに向かって行きます。

するとドゥウムは人差し指だけで簡単にあしらいました。

更に超高速でレインの懐に入ると、人差し指を足の甲に突き刺します。

そして、ぶっ飛ばされたレインにフィンは駆け寄ります。

ですが、血が目に入り止められるとドゥウムの人差し指での攻撃にさらされそうになります。

 

スポンサーリンク

オーター登場

フィンが絶対絶命のピンチの中、ドゥウムを止めたのがオーターでした。

「砂の神格者か、光の神格者はどうした」とオーターに聞くドゥウム。

オーターはドゥウムに心配するなと言い、「私で最後だ」と言います。

そして、「喜べ、貴様と俺の相性は最悪だ」と告げると砂魔法で攻撃を繰り出します。

このオーターの攻撃を受け「少しはやるようだな」と言うドゥウムも負けじと攻撃をします。

これを受け流すオーターは、硬いと思いながらも「寄せ付けなければ負ける事はない」と感じていました。

するとドゥウムは「6割だ」と言うとオーターの砂魔法を一瞬で薙ぎ払います。

何が起きたと戸惑うオーターでしたが、即次の攻撃を繰り出し今度は砂でドゥウムを覆い「圧死」させようとします。

ですが、6割の力を出したドゥウムには全く通用しませんでした。

そして、「少しはやるようだと言ったが、訂正する、ほんの少しの間違いだ」とオーターに言い放ちます。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』ネタバレ129-130話のまとめ 

ドットとランスに続き、神格者レインとフィンをも圧倒する悪魔の五つ子ドゥウム。

「5割」だという実力にレインも舌打ちをするしかない強さでした。

何とかこの状況を変えようと「ラージパルチザン」を繰り出すレインに、ドゥウムは一瞬で近づくと人差し指でレインの足を串刺しに吹き飛ばします。

これに「兄さん」と駆け寄るフィンでしたが、レインも敵わない事から、ドゥウムの人差し指の標的になってしまいます。

甲本一「マッシュル」129話より引用

ですが、ここで登場したのが砂の神格者オーターでした。

そして、すぐに砂魔法を繰り出すとドゥウムに攻撃を加えます。

「少しはやるようだな」と言うドゥウム。

オーターは「貴様と俺の相性は最悪だ」と告げると更なる攻撃を繰り出します。

ですが、ドゥウムは「6割だ」と宣言するとオーターの砂魔法を一瞬で吹き飛ばします。

「化け物か」とたじろぐオーターに、ドゥウムは「少しはやるって言ったが、ほんの少しの間違いだ」と言い放ちました。

一方、3人掛かりでも回せなかったマッシュのゼンマイはカルドのハチミツ直飲みした事で「パワーアップ カルド ハタラキバチサンモード」で回す事に成功していました。

オーターですら「6割」の力で圧倒するドゥウム。

オーターに打つ手はあるのか、次週130話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『マッシュル』131話!ライオという男・・

⇒『マッシュル』130話!遂に登場・・

⇒『マッシュル』128話!5割の力・・

⇒『マッシュル』127話!桁違いの長男・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA