スポンサーリンク

最新ネタバレ『マッシュル』131-132話!考察!ライオという男

スポンサーリンク

甲本一「マッシュル」131話より引用

ゼンマイを回すカルドが、もう少し時間が掛かる「何とか頼む」と願っていた頃、オーター、レイン、フィンの3人を前にドゥウムはなぜか地面に「バツ印」を書いていました

「一体何を」と感じるオーターでしたが、すぐにレインに挟み撃ちをするぞと指示すると二手に別れドゥウムを囲みます。

ですが、ドゥウムはとんでもないスピードでオーターに攻撃を加え吹き飛ばし、更に間髪入れずにレインの元へと移動します。

そして、オーター同様にレインに何もさせずに一方的な攻撃を加え、吹き飛ばします。

その2人が飛ばされた場所はなんとドゥウムの書いていた地面の「バツ印」の場所でした。

これで背中合わせで同じ場所にいる事になった2人にドゥウムは持っている剣を振りかざし、攻撃を加えます。

ブシュッと胸から血を噴き出すオーターはドゥウムを「強すぎる」と愕然し、相当マズイ状況にあると感じていました。

するとここでオーターに近づいていき、「良くやった」とレイン達に声をかけ、「安心しろ」と続ける人物が現れました。

この窮地にやっと「人類最高傑作」ライオ・グランツが登場したのです。

ドゥウムはいきなり攻撃し、ライオを吹き飛ばしますが、ライオは無傷ですぐに攻撃を返します。

遂にドゥウムとの戦いになります。

この2人がどんな戦いを見せるのか、早速131話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』131話!のネタバレ

それでは『マッシュル』131話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

勘違いの激しい奴

ドゥウムの前にやっと登場する事になった光の神格者ライオ・グランツ。

ライオはドゥウムを前にして「ん、この部屋明るすぎないか」と質問します。

「そんなことはないが」と答えるドゥウムにライオは「あっ、いけね、俺が眩しすぎるからか」といつも通りの余裕を見せます。

「貴様が魔法界のトップか」と聞くドゥウム、ライオは「いかにも現役最強、そして魔法界一の男前だ」と返します

流れるモニターを見て湧き上がる市民。

そして無言のオーターとレインを前に「見とれすぎて声も出ないか、このオレに」とポーズを決めました。

これを見たドゥウムは「なんて勘違いの激しい奴だ」と呟きます。

 

スポンサーリンク

戦闘開始

冷静に勘違い野郎と呟くドゥウムにライオは「ライッ」というと早速攻撃を開始しました。

そして、「よそ見するなよ、このオレだけを見ろ」と波状攻撃を繰り出しました。

耐えながらも後ろに下がるドゥウムにフィンは「押してる」と言います。

ですが、イノセント・ゼロは「無駄だ」と見ていました。

それはドゥウムが兄弟で1番の実力者である事と一度見た技は瞬時に対応できるからでした。

そして、ドゥウムに勝てる者は私以外はいないと説明します。

 

スポンサーリンク

勢いづいたら

波状攻撃を繰り出すライオは、「勢いづいたら、止められないぜオレは」とドゥウムに次々と攻撃を繰り出します。

そのライオにドゥウムは「速さは認めよう」というと迎撃体制に入ります。

これにイノセント・ゼロはさすがと感心し、終わりを確信していました。

ですが、ライオはすぐに魔法で攻撃します。

その攻撃を対応できているはずのドゥウムに直撃していきます。

オーターはライオは昔から逆境や困難、強い敵など不利な状況になればなるほど強くなると言います。

そして、その通りにライオの魔法はドゥウムを圧倒していきます。

 

スポンサーリンク

7割の力

ライオの攻撃で吹き飛ばされたドゥウム。

「さらに上がっていくぞ」と言うライオを前にして「7割だ」と呟くとメキメキッという音と共に巨大化します。

「久しぶりにここまで力を出す」と言うドゥウムは行くぞとライオを仕留めようとしました。

ですが、ライオはこの7割の力を出したドゥウムをも飲み込む実力でダメージを与えました。

頭からポタポタと血を流すドゥウム。

ライオは言ったろ勢いづいたら止まらないと言うと「オレの魅力にヤケドするなよ?」と余裕を見せ指を鳴らします。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』ネタバレ131-132話のまとめ 

オーターやレインの連携でも全く敵わないほどの強さを見せるドゥウムの前に到着したのが、光の神格者ライオ・グランツでした。

そして、このヤバい状況の中でもナルシストな余裕を見せるライオはドゥウムを圧倒する強さを見せます。

その強さはイノセント・ゼロや一度見た技に瞬時に対応する事の出来るドゥウムの予想すら遥かに上回るほどでした。

甲本一「マッシュル」131話より引用

このライオの実力にドゥウムは「7割だ」と力を解放しますが、それでもライオは圧倒していきます。

困難な敵や強い敵、置かれた状況が不利なほどに強くなるというライオの魔法。

10割のドゥウムとの戦いは必須となります。

次週、ライオとドゥウムの2人の戦いはどんな事になるのか、目の離せない132話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『マッシュル』133話!復活間近・・

⇒『マッシュル』132話!ドゥウムの目・・

⇒『マッシュル』130話!遂に登場・・

⇒『マッシュル』129話!6割の力・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA