スポンサーリンク

最新ネタバレ『マッシュル』133-134話!考察!復活間近

スポンサーリンク

甲本一「マッシュル」133話より引用

オーターやレインの神格者が組んだ連携攻撃でも、全く苦にせず圧倒的な強さを見せるドゥウム。

その強さにはオーターも「この状況はヤバい」と感じるほどです。

その状況の中、現れたのが光の神格者ライオ・グランツでした。

このライオは魔法界一と自称するだけにイノセント・ゼロやドゥウムの予想を遥かに上回る強さを見せ、絶望を感じていたフィンに希望を抱かせます。

ドゥウムも何とか攻撃しようとライオに向かって行きますが、ライオの繰り出す魔法の前に近づけないでいました。

この為、強行突破を試みようとするドゥウムでしたが、ライオは更に速い「ライツアブソル」を繰り出しました。

この攻撃で顔に切り傷を負い、血を流すドゥウムは「私に血を流させたのはお父様以来だ」と口にし、ライオに「隙がない」と評価します。

そして「私に見合う相手でよかった」というドゥウムに、ライオは「低く見積もらないでくれ」というと光の玉を出します。

情報は視覚が87%得ているとドゥウムに言うと、見えない攻撃の最上位「ライツセコンズ シャインプリズム」を繰り出しました。

この大技で勝負あったかに見えた戦いですが、ドゥウムは何とその魔法を跳ね返し、その攻撃は動けないフィンに直撃しそうになったのです。

ライオはフィンを咄嗟に庇うと、直撃したはずなのに何故と感じていました。

するとドゥウムは「私は生まれつき目が見えない」と明かし、フィンを庇いダメージを負ったライオに「こちらから行くぞ」と宣言します。

ライオの圧倒的有利から一転、ドゥウムに逆転されてしまいました。

ドゥウムは一体ライオにどんな攻撃を見せるのか、早速133話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』133話!のネタバレ

それでは『マッシュル』133話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

真の強者

フィンを庇いダメージを負ったライオに「弱い者を庇うとは余裕だな」と言うドゥウム。

僕を庇ってと愕然とするフィンにその甘さこそ、真の強者たりえぬ証拠とドゥウムが近づきます。

そして「そろそろ終わりにしようか」と殴り飛ばします。

派手に吹き飛ぶフィンに立て続けに攻撃を加えるドゥウムは「楽にしてやる」と剣を構えます。

フィンに剣でトドメを刺そうとするドゥウムに、兄であるレインは「グラビオル」を発動し、フィンに近づくなと言います。

そのドゥウムの隙をつき、ドットとランスが魔力を上げ攻撃を加えると、オーターが砂を圧縮して強度を高めた「サンズコンプレション」を繰り出します。

 

スポンサーリンク

甘く見てもらっては困る

オーターの強度を高めた攻撃さえも、簡単に受け流すドゥウム。

オーターが「くる」と構えると、腕に力を溜めて「ピッ」と振り抜きます。

ドッと地面が割れる衝撃、オーターやレイン達は一瞬で吹き飛ばされました。

「弱者が束になったところで、結果は変わらん」と呟くドゥウムは「終わりだ」というと次の攻撃体制に入ります。

そこへ、何とか立ち上がったライオがドゥウムを魔法で食い止めます。

「まだ、動けたか」とライオに言うドゥウム。

ライオは血だらけになりながら、家族や世界の人々の命がかかっているから戦えなくても戦うさと返すと、「オレたちを甘く見てもらっては困る」と宣言します。

 

スポンサーリンク

復活間近

レインの魔法で守られていたフィンは「また、足を引っ張った」と自責の念に駆られていました。

そこへマッシュの元へ行っているカルドから電話が入ります。

「はい」と出るフィンが聞いたのは、マッシュがあとちょっとで来るという事でした。

そして、マッシュは歯を食いしばり復活間近な姿を見せます。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』ネタバレ133-134話のまとめ 

目の見えないドゥウムに光の魔法を打ち返されたライオは、フィンを庇いダメージを負ってしまいました。

「弱い者を庇い余裕だな」と言うドゥウムは、そろそろ終わりにしようかとフィンに近づくと殴り飛ばし、トドメを刺そうと剣を振りかざします。

ここでフィンを守ろうと魔法を繰り出したのが、レインでした。

そして、このレインを皮切りにドットとランスが魔力を高めた攻撃を見せオーターは砂を圧縮し強度を高めた「サンズコンプレション」で意地を見せます。

ですが、ドゥウムはこの神格者達の攻撃を簡単に受け流すと「弱者が束になっても、結果は変わらない」と力を溜めているピッ」と剣を振り抜きました。

「ドッ」と地面が割れると吹き飛ばされるレインやドット達。

ドゥウムは更に「終わりだ」と魔法を繰り出そうとしました。

そこで何とか立ち上がったのが、光の神格者ライオです。

そして、まだ動けたかと言うドゥウムに、戦えなくても戦う「オレたちを甘く見てもらっては困る」と顔を上げます。

その状況の中、フィンの電話が鳴りカルドからあり、吉報が入ります。

甲本一「マッシュル」133話より引用

それはマッシュが復活間近だという連絡でした。

フィンを庇ってライオが負傷した事で、ドゥウムに形勢逆転される中、遂にマッシュが復活の兆しを見せています。

果たして間に合うのか、次週134話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『マッシュル』135話!マッシュ復活・・

⇒『マッシュル』134話!ライオの敗北・・

⇒『マッシュル』132話!ドゥウムの目・・

⇒『マッシュル』131話!ライオという男・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA