スポンサーリンク

最新ネタバレ『マッシュル』134-135話!考察!ライオの敗北

スポンサーリンク

甲本一「マッシュル」134話より引用

生まれつき目の見えない事を明かしたドゥウムに光の魔法を打ち返されたライオ。

動けないでいるフィンを庇いダメージを負ってしまいます。

ドゥウムは「弱い者を庇い余裕だな」とライオに言うと、そろそろ終わりにしようかと動き出しました。

フィンに近づくと殴り飛ばし、トドメを刺そうと剣を振りかざすドゥウム。

ここでフィンを守ろうと魔法を繰り出したのが、レインです。

そして、このレインの魔法を皮切りにドットとランスが魔力を高めた攻撃を見せます。

更にオーターも砂を圧縮し強度を高めた「サンズコンプレション」を繰り出し意地を見せました。

ですが、ドゥウムはこの神格者達の攻撃を簡単に受け流すと、力を溜めて剣を振り抜きます。

すると地面が割れると同時に吹き飛ばされるレインやドット達。

この後、ドゥウムは更に魔法を繰り出そうとしますが、何とか立ち上がったのが、光の神格者ライオです。

そして、まだ動けたかと言うドゥウムに、「オレたちを甘く見てもらって困る」と顔を上げます。

その窮地の中、また迷惑を掛けたと項垂れていたフィンの電話が鳴ります。

相手はカルドからで、マッシュが復活間近という吉報でした。

果たしてマッシュはすぐに駆けつけるのか、早速134話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』134話!のネタバレ

それでは『マッシュル』134話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

復活寸前

メリアドール、カルド、レモン、オチョアが全力でゼンマイを回します。

針が50を挿した所でマッシュはガチガチガチと復活間近となります。

 

スポンサーリンク

冷静

何とか立ち上がってきたライオは、ドゥウムと一進一退の戦いを続ける中で「絶対に負けられない」と感じていました。

それは動けない間にオーターやレイン達が悪魔の兄弟相手に踏ん張ってくれていたからです。

その為にもドゥウムに勝つ必要があったのです。

更にライオは何とか隙を作りサーズを繰り出そうとしています。

そして、あくまでも冷静に戦うライオはドゥウムにカウンターを決めます。

 

スポンサーリンク

足止め

ライオのカウンターを受けたドゥウムですが、私は崩せん!とすぐに態勢を立て直します。

ですがこの時、ライオのサーズまで耐え切る!とオーターが砂の魔法で足止めします。

「くだらん時間稼ぎだ」そう言うドゥウムですが、目の前でライオはサーズを放つための準備に入っていました。

 

スポンサーリンク

最高の一撃

オーターが足止めしている間に、ライオはサーズを放つ為に魔力を高めていました。

この技はライオが持つ魔力を全部消費する諸刃の剣ですが、ドゥウムを仕留める為の魔法でした。

ライオは「サモンズ 光の神 ライツサーズ ヒュペリオン インクライネイション」と準備を完了しました。

そして、「魔法界一の使い手 ライオ・グランツの最高の一撃だ」と叫ぶと「ジェネシス クライシス」を放ちます。

 

スポンサーリンク

敗北

ライオの最高の一撃の前にしても冷静なドゥウムは「8割だ」と力を込めて、迎え撃ちます。

するといとも簡単にライオの最高の一撃を真っ二つにし、ライオを吹き飛ばしました。

「バカな」と血を流し倒れ込むライオ。

ドゥウムは「見事だった、光の神格者よ」とライオに敬意を見せますが、全力を出させるまでには至らなかったなと言います。

そして、貴様らの1番を倒した以上もう用はないと続けると「お前ら全員、皆殺しだ」と口にします。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』ネタバレ134-135話のまとめ 

フィンを庇った事で、ダメージを負ったライオですが「甘く見てもらっては困る」とドゥウムとの戦いを続ける事になります。

そのライオですが、ドゥウムとの戦いの中で奥の手のサーズを隠していました。

その為に隙を作る必要があり、ダメージを負いながらもライオは冷静にカウンターを決めます。

ドゥウムもすぐに態勢を立て直して攻撃しようとしますが、ここでライオに協力したのがオーターでした。

砂の魔法で足止めするオーターに「くだらん時間稼ぎだ」と言うドゥウム。

ですが、ライオはその間に「サモンズ 光の神 ライツサーズ ヒュペリオン インクライネイション」と魔力を高めていたのです。

そして、「魔法界一の使い手 ライオ・グランツの最高の一撃だ」と叫ぶと「ジェネシス クライシス」を繰り出しました。

甲本一「マッシュル」134話より引用

このライオの命がけの大技ですが、ドゥウムは何と「8割」の力を出すと魔法を真っ二つにしライオに致命傷を与えたのです。

「バカな」と血を流し倒れ込むライオ。

ドゥウムは「見事だった光の神格者よ」と称えながらも私に全力を出させるまでにはいかなかったなと言います。

そして、魔法界トップのライオを倒した事でもう用はないと告げると「お前ら全員、皆殺しだ」と宣言します。

ライオの最高の一撃さえも簡単に跳ね返す強さをほこるドゥウム。

果たして復活間近のマッシュは間に合うのか、次週135話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『マッシュル』136話!マッシュの怒り・・

⇒『マッシュル』135話!マッシュ復活・・

⇒『マッシュル』133話!復活間近・・

⇒『マッシュル』132話!ドゥウムの目・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA