最新ネタバレ『ワンパンマン』135話!考察!ヒーローVS怪人協会の全面戦争が始まる!

スポンサーリンク

前話で集結したヒーロー達が、遂に怪人協会のアジトがあるというZ市に到着します!

お互いの総戦力がぶつかり合う、ヒーロー協会と怪人協会の全面戦争が遂に始まろうとしていました!

どちらの戦力も準備万端といった感じですが、序章となる今回の135話を考察してみましょう!

 

スポンサーリンク

『ワンパンマン』135話!のネタバレ

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

それでは『ワンパンマン』135話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

全面戦争開戦!

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

ヒーロー達がZ市に入った途端、一緒に居たはずのキングがいつの間にかその場から居なくなってしまいます。

怖くてただ逃げただけのキングでしたが、またもや行動の早さを流石だと、誤解して評価されてしまいます。

Z市に入った途端、あっという間にザコ怪人達に囲まれてしまったヒーロー達は、開戦とばかりに気合いを入れて立ち向かおうしましたが、そこに現れたのは、怪人協会の幹部レベルと思われるジャガンと名乗る超能力使いの怪人でした。

ヒーローに殺された化物達の眼を体に埋め込み、怨みを持った残留思念を増幅させて超能力とする怪人です。

巨大なビルを軽々と操り、ヒーロー達の頭上から落下させようとしましたが、そこに立ちふさがったのは、同じ超能力使いのタツマキでした!

バリアを張ってビルを粉々にしてしまいますが、崩れた瓦礫までは処理する気がなく、ヒーロー達に降りかかってしまい大変な目に合ってしまいます。

タツマキは他のヒーロー達の尻拭いをする気はなく、挑発的なジャガンと上空に舞い、1対1で戦いを挑んで行きました!

 

まずはA級のヒーロー達、その実力とは!?

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

S級以外は大した事ないと判断したザコ怪人達は、一気にA級以下のヒーロー達に襲いかかります!

まずはA級11位のツインテールですが、大道芸のような戦闘スタイルの彼は、あらゆる暗器をジャグリングの武器として戦い、ザコ怪人を次々と倒していきます。

それを遠くから見ていた、スナイパーのような怪人は遠距離からツインテールを狙撃しようとしますが、逆にA級22位の一発屋(ワンショッター)に狙撃されてしまいました。

スナイパーだから近距離戦が弱いと判断されて、次々と怪人に襲われる一発屋ですが、近距離でのライフルさばきもスキルが高く、どんどん怪人を倒していきます。

しかし途中でライフルがジャムってしまいピンチになります。

今度はそれをA級24位のグリーンが蔓を使って助けますが、彼は体内で植物を育てている為自由自在に蔓を操る事が出来るのです!

A級25位の三日月フトマユゲ、A級29位のナルシストイック、A級34位のフェザー、そしてA級32位のシャドーリングなども自分達の得意技で次々と怪人達を倒していきます!

 

B級、C級ヒーロー達も大奮闘!

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

B級29位のダブルホールは鼻から空気砲を放ち、B級50位のジェットナイスガイ・改はボクシング風のパンチで応戦し、B級60位のニードルスターは、モーニングスターを自由自在に操りながら怪人達を挽肉にしていきます!

B級71位の主将(キャプテン)ミズキは陸上競技をモチーフにして、棒高跳び、槍投げ、ハンマー投げと怪人を競技の一部に見立てて次々と倒してしまいます。

バトン状の武器が棒高跳び用の棒になったり、槍になったり、ハンマー投げ用の道具になったりと、いろいろと形が変化する所が良く考えられていると思いますね。

C級66位のフードバトラーフトシは、アクロバティックな動きでとにかく敵の攻撃をかわし、C級3位の怪縛のシェルは、ロープを操ってで怪人を拘束してしまいます。

ヒーロー協会幹部のセキンガルが怪人に襲われそうになった所を、C級300位のポイズンが助けた所で、一時的にザコの排除は落ち着きますが、そこからまた新たな敵が現れます!

 

スポンサーリンク

災害レベル鬼!サイレスラー現る!

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

今までのザコ怪人とは一味違う、災害レベル鬼のサイレスラーが登場します。

勢い良く飛びかかって行った、ニードルスター、主将ミズキ、一発屋、シャドーリングでしたが、彼らの攻撃はことごとく返されてしまい、遂にはA級2位のイアイアンの攻撃ですらびくともしませんでした。

A級以下のヒーローでは歯が立たないと判断し、遂に真打ちが登場します!

 

格の違うS級ヒーロー!!

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

弟子であるイアイアンの不甲斐なさに見かねて、S級4位のアトミック侍が自ら斬ると言って登場します。

刀を握っただけのアトミック侍は、すぐに後ろを振り返ってサイレスラーの前から去って行こうとします。

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

まだ何も終わっていないと引き止めようとするサイレスラーですが、既に勝敗は決していて、見えないほどの太刀筋でいつの間にかサイレスラーは斬り刻まれていました!

一斉にかかれば倒せると思ったザコ怪人達は、アトミック侍に間髪入れずに飛びかかりますが、飛びかかって来た全ての怪人を、アトミック侍は一瞬で倒してしまいます!

後ろで待ち構えていた怪人達も、閃光のフラッシュや超合金クロビカリが次々と蹴散らし、ぷりぷりプリズナーや豚神も活躍して怪人をどんどん倒していきます。

ジャガンと戦っていたタツマキもあっさりと勝ってしまい、目の前にいた怪人達はほとんど倒してしまいました!

 

『ワンパンマン』ネタバレ135話のまとめ

ONE・村田雄介「ワンパンマン」135話より引用

最後はギョロギョロが「これで大体わかった」と言い、怪人協会の幹部を集めた所で終わります。

おそらくギョロギョロは、ヒーロー達の実力を見極め、怪人幹部達との戦いの相性を分析したかったんだと思います。

怪人協会の幹部達は、原作版で登場していたキャラクターの姿で登場し、やっとビジュアルが公開されたという感じですね。

今回は序盤からバトルシーンも多く、大ゴマを使った迫力ある場面がたくさん見られました!

いろいろなキャラクターの戦い方や実力差が分かるシーンも多く、後半に出て来たアトミック侍の斬りっぷりは本当に最高でしたね!

一度、1秒間に何回斬れるのか、数えてもらいたいくらいです!!

S級ヒーローが本気で戦う場面も、もうそろそろやって来そうな気もしますが、今回はサイタマが登場しなかったのが少し残念ですね。

まぁ、サイタマが登場してしまうと全てが終わってしまうので、最後の最後に登場してくれれば良いんですけど、やっぱりスカッとするあの一撃は待ち遠しいですよね!

次回はどのヒーローが活躍するのか考えただけでワクワクしますが、早く怪人幹部とS級ヒーロー達のレベルの高い戦いが見てみたいです!!

 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください