最新ネタバレ『ワンピース』1000-1001話!考察!海賊王になる男

スポンサーリンク

前回のワノ国編は、エースは過去にワノ国に光月おでんに仇討ちにやってきていました。

そこでヤマトと意気投合していたのです。

現代ではカイドウとビッグ・マムはワンピースを手に入れるために手を組んでいました。

シャーロット・プリンの額の目が完全覚醒すればポーネグリフの古代文字を解読できるとのこと。

それでは第1000話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1000話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

それでは『ワンピース』1000話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

カイドウに向かう道

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

鬼ヶ島の城内5階にたどり着いたルフィ。

そこはイヌアラシ三銃士が屋上につながる階段を死守していました。

ドーム内のライブフロアでは不死鳥マルコは疫災のクイーンの火災のキングの妨害を受けていました。

大幹部二人をマルコは押さえつけながら連れていたロロノア・ゾロを上にめがけて投げ飛ばしたのです。

 

スポンサーリンク

エースとの約束

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

ヤマトがあの日のおでん城のふもとの川で拾った日誌。

それに記されていたに20年後に現れるという若き強者たちの筆頭は、ポートガス・D・エースだと考えていました。

ですがエースはルフィの言う夢の果てをやり遂げると信じていました。

それは日誌に書かれた海賊王ゴール・D・ロジャーの言葉と同じだったのです。

 

スポンサーリンク

集う者たち

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

ヤマトはエースのビブルカードが跡形もなく消えてしまったあと、にエースがロジャーの息子だということを知りました。

同時にエースの弟が海賊として名を上げていることも知ります。

おでんが託したカイドウを討てる若い強力な海賊達と思われる最悪の世代は、カイドウとビッグ・マムの前に集まっていました。

ルフィは倒れた錦えもんに遅れたことを謝り、傷つき倒れた赤鞘九人男をトラファルガー・ローに頼んで下に送り届けました。

 

スポンサーリンク

ルフィ吠える

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

赤鞘九人男の無念を背負ったルフィのギア3〝ゴムゴムの業火拳銃〟で、カイドウを殴り飛ばします。

最強の男とまで呼ばれるカイドウが殴り倒される光景にビッグ・マムは仰天していました。

そして一度カイドウに否定された「海賊王になる男!」という名乗りを再度言い放ちました。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1000-1001話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

記念すべき1000話で、ついにルフィは百獣のカイドウのもとにたどり着きました。

そして一度は笑われた「海賊王になる!」との宣言を再度行います。

 

ヤマトが拾った光月おでんの日誌は白ひげ海賊団とロジャー海賊団を渡り歩きながら書いたものなのですが。

見てきたかのような具体的な内容が気になります。

ヤマトは「彼ら」という表現をしています。

つまりロジャーと白ひげことエドワード・ニューゲートが共に20年後に若き強者達が押し寄せると。

何らかの悪魔の実の能力によるものではなく、覇王色の覇気を持つ者達が感じた予感、くらいのようです。

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

それとルフィの夢の果ては、おでんですらド肝を抜かれた海賊王の言葉という言い回しから海賊王になることとは異なるようです。

ルフィがいつも言っている海賊王になるは単なる通過点でしかないのかもしれません。

 

以前はギア4ですら敵わなかったカイドウをギア3で殴り倒すゴムゴムの業火拳銃(レッドロック)。

エースとは原理は異なる火をまとった拳は、友達の錦えもんと兄貴分の成し遂げられなかった思いを乗せているのですね。

尾田栄一郎「ワンピース」1000話より引用

最悪の世代ユースタス・キャプテン・キッド、死の外科医トラファルガー・ロー、麦わらのルフィ、それにキラーとロロノア・ゾロの5人の若き海賊達。

現時点で最強の海賊と言われる四皇の内の二人、百獣のカイドウとビッグ・マム、シャーロット・リンリンとの世代交代をかけた戦いが始まります。

 

この続きは再来週の1月18日発売の週刊少年ジャンプ新年8号に掲載予定です。

次回をお楽しみに。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1001話!最悪対四皇・・

⇒『ワンピース』999話!エースの遺したもの・・

⇒『ワンピース』998話!目覚める古代の力・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です