最新ネタバレ『ワンピース』1008-1009話!考察!生きていた!

スポンサーリンク

前回のワノ国編では、ライブフロアに蔓延する疫災のクイーンが作った氷鬼ウイルス。

それを抗体を元にチョッパーが作ったウイルス“チョパファージ霧砲”で、事態を収束させました。

カイドウに破れた赤鞘の侍たちの元に現れたのは、まさかの光月おでんでした。

それでは第1008話゛頭山盗賊団棟梁アシュラ童子゛の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1008話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

それでは『ワンピース』1008話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

現れた光月おでん

宝物殿に隠れていた錦えもんたち赤鞘九人男の前に現れたのは死んだはずの主君、光月おでんでした。

憎き百獣のカイドウに敗れた錦えもんたちは驚き喜びます。

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

光月トキの能力で未来に飛んできたというおでんは、ともにカイドウを討とうと言います。

その言葉に感涙にむせぶ赤鞘九人でしたが、アシュラ童子はニセ物だと言うのです。

その言葉の裏付けを雷ぞうが付け足します。

トキの能力は未来に行くだけのものなので、二十年前に死んでいるおでんをそれより過去から連れてくることはできないのだと言うのです。

 

スポンサーリンク

その正体

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

目を覚ませと錦えもんを殴ったアシュラ童子は、返す刀でおでんを切りつけたのです。

顔を切られてもそのおでんは血も出ませんでした。

錦えもんを殴ったことでかばう形になり、代わりにアシュラ童子がそのおでんに刺されてしまったのです。

光月おでんの立ち振る舞いを完全再現したそのニセ者の正体は黒炭カン十郎でした。

鬼ヶ島に襲撃をかける際に立ちはだかったカン十郎を雪の丞は無意識にためらってしまい、仕留めそこねていたのです。

そのニセおでんはカン十郎が能力で作り出したモノでした、

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

それを遠隔操作して深手を負った本人は、光月家の心臓を突いて死ぬ!と言い放ちました。

その心臓とは…光月モモの助のことです。

 

スポンサーリンク

仲間の屍を越えて

ニセおでんはふところに隠し持って爆薬に火をつけていました。

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

モモの助を助けるためにアシュラ童子は爆薬を抱えたニセおでんとともに宝物殿を飛び出して…爆炎の中に散ったのです。

モモの助を守るためにカン十郎を討つために飛び出した錦えもんたちの前にマンモス姿の早害のジャックが立ちはだかります。

そのジャックを食い止めようとして力尽きたミンク族が周りに倒れていたのです。

モモの助を助けるためにイヌアラシがたった一人でジャックを引き受けることになったのです。

 

スポンサーリンク

地獄の光景

鬼ヶ島城内では戦場以外でも火事になっていたのです。

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

その火は生きていた黒炭オロチと、即座にカイドウに鞍替えしたと思われた福ロクジュが報復のために火をつけて回っていました。

その一方でヤマトに連れられて逃げるモモの助は悪魔の実の力を制御できていないのだと言うのです。

ヤマトはその力があればみんなの役に立つのにと励まし、自身はおでんとしてカイドウを倒したいと意気込みます。

ヤマトはルフィの心配もしていたのですが、モモの助はルフィは弱ってはいてもなぜか元気だということを離れていてもわかっていたのです。

そしてそのルフィは獣人化したカイドウに挑みかかっては何度も吹き飛ばされていました。

目の前に立つ四皇のうちの二人を同時に戦うことはできません。

二人並んだ光景はまるで地獄のようでした。

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

それでもまだルフィの目は死んでなかったのです。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1008-1009話のまとめ

カン十郎は戦闘シーンを描かずに倒されていたことも伏線だったのでしょう。

未だ名称不明な能力でわざわざ光月おでんを作り出して刺客として送り込むのは本当に悪辣な手段です。

黒炭オロチに与えられた配役をまっとうするためにモモの助を始末して終幕にするつもりのようですが。

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

そのモモの助はカイドウから抽出されたウオウオの実モデル青龍のコピーを使いこなしつつあるようです。

見聞色の覇気に目覚めてルフィの様子を知ったのですね。

カン十郎の襲撃はモモの助が真の男として目覚めるきっかけになるのかもしれません。

 

臆病で慎重な黒炭オロチがあっさりと首を落とされたことにも疑念があったのですが。

オロチはヘビヘビの実モデル八岐の大蛇の能力者です。

その能力で八つの首を持っていたのでしょう。

その裏切りの報復が火付けというのはあまりにも情けないやり口ですが。

 

お玉のきびだんごによってSMILEの能力者を味方にして。

氷鬼ウイルスの一件でプレジャーズとウェイターズという切り捨てられた非能力者を仲間にすることで、形勢はワノ国の侍に傾きつつあります。

尾田栄一郎「ワンピース」1008話より引用

ですが肝心のカイドウとビッグ・マムがいる限り、この戦いは終わりません。

一人を引き剥がす手立てとはいかなるものなのでしょう。

そして錦えもんたちを助けて手当てした人物は、ニセの光月おでんだったのでしょうか。

次回をお楽しみに。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1010話!目覚める覇王・・

⇒『ワンピース』1009話!ニ皇分断作戦・・

⇒『ワンピース』1007話!チョッパー吠える!・・

⇒『ワンピース』1006話!ヒョウ五郎の花道・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です