最新ネタバレ『ワンピース』1012-1013話!考察!まさかの共闘?

スポンサーリンク

前回のワノ国編では、覇王色の覇気を纏えることを知ったルフィとカイドウの一騎打ちが始まりました。

その一方で鬼ヶ島に戻ってきたビッグ・マムは、記憶を失っていたときの恩義に報いるためにカイドウと敵対します。

それでは第1012話『うず』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1012話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

それでは『ワンピース』1012話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

赤鞘走る

カン十郎の裏切り、アシュラ童子の自爆、一人残ったイヌアラシ。

仲間も失いながらも赤鞘の侍たちは、宝物殿2階城内3階への連絡通路を背負って走ります。

イゾウはカイドウとの戦いで左腕を失った弟の菊の丞を心配していました。

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

ですが菊の丞は命が燃え尽きるまでのかゆみだと返します。

そして兄のイゾウが光月おでんとともにいなくなった日も心がかゆかったと涼しい顔で返します。

何も言わずにいなくなってしまったことを皮肉を込めて問い詰めてきたことで、イゾウは黙っていなくなったまま今の今まで音信不通だったことをわびます。

鬼ヶ島での全面戦争はそこかしこで戦いが起きていました。

錦えもんはモモの助の手助けは自分一人で充分だと言って残りの者たちは他に散れと命じます。

それを聞いた菊の丞は討ちそこねたカン十郎との決着をつけに向かいました。

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

そして、ネコマムシはペドロの仇を討つために向かいます。

 

スポンサーリンク

サシの勝負

城内1階の天井裏には光月モモの助とヤマトが潜んでいました。

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

二人とも偵察部隊の〝メアリーズ〟に狙われているからと、ヤマトは一人で出て囮になると言い出します。

戦いたいうずうずを全く隠してないヤマトは飛び出そうとしていました。

しのぶは錦えもんと連絡がついてるから無理をする必要がないというのですが。

天井裏を出る前にヤマトはルフィの様子をモモの助に訪ねます。

聞こえてくる〝声〟は弱っていても元気なルフィの声も含めた2つだけになっていました。

それを聞いたヤマトは急ぎます。

残されたモモの助としのぶは錦えもんが来るのをヤマトが持っていた父の航海日誌、おでん漫遊記を読みながら待ちます。

 

スポンサーリンク

十字架?を背負ったサンジ

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

城内の2階で巨大な十字架のようなものを担いだサンジが、3億3千万ベリーの懸賞金目当てに狙われていました。

そしてその担いだ十字架は包帯でぐるぐる巻きにされたロロノア・ゾロだったのです。

それは数十分前に〝シャンブルズ〟に失敗して空中に出てしまったトラファルガー・ローとゾロを助けたことが始まりでした。

その〝シャンブルズ〟にはビッグ・マムから遠ざけるために雷雲のゼウスも含まれていたのです。

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

ローは重症のゾロを副木で固定して仰向けにしろというローが残した応急措置を実践するために、手足を伸ばして包帯で固定していたのです。

動けないゾロと、それを抱えているために動きの鈍った二人合わせて6億5千万の賞金首は、多くの者に狙われながらもモモの助のところに向かっていました。

そのサンジと合流した河松とイゾウから、モモの助は錦えもんが向かったから大丈夫だと言われて目的地をライブフロアに変更します。

…そのライブフロアでは。

 

スポンサーリンク

ナミ、怒る

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

記憶を失っていた時に優しく接してくれた「おこぼれ町」が焼かれたことを知ったビッグ・マムは、幹部級の一人のページワンを叩きのめしていました。

弟のページワンを潰されたことで怒り心頭のうるティにナミはビッグ・マムの怒りの矛先を向けようとしましたが、〝麦わらの一味〟に対する怒りを忘れてはいなかったのです。

ナミは手のひらを返してうるティに加勢すると言い出しますが、うるティからもビッグ・マムの次だと言われてしまいます。

そしてナミたちを足止めするためにうるティは人獣形態からの〝ウル頭銃〟で、へばってきていた狛ちよをダウンさして息の根を止めようとしていたのです。

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

それを止めようとしたお玉に手を上げたことで、ビッグ・マムは怒りは最高潮に達していました。

それはナミも同じだったのです。

子供を手を上げるやつ許さない、ここでブチのめすと宣言します。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1012-1013話のまとめ

サンジが担いでいたゾロは十字架型の武器なのかと思ってしまいました。

 

鬼ヶ島の各地では戦闘が行われています。

屋上ではモンキー・D・ルフィと百獣のカイドウとの頂上決戦、雷ぞうと福ロクジュの忍び同士の戦い、イヌアラシと早害のジャックとの戦い、そしてライブフロアとその近辺では多数の幹部級との戦いが起きていました。

ライブフロアではトニートニー・チョッパーと不死鳥マルコにヒョウ五郎とX・ドレークたちは火災のキング、疫災のクイーンにスクラッチメン・アプーたちと戦っています。

その近辺でビッグ・マムとナミはうるティと戦っています。

そこにサンジとゾロにシャーロット・ペロスペローとそれをペドロの仇として追うネコマムシ、ライブフロアに主要人物が段々と集まっていきます。

尾田栄一郎「ワンピース」1012話より引用

ビッグ・マムとうるティの双方から狙われていたナミは逃げることを選ばずに戦う決意をしました。

虐げられていた子供時代から、子供に手を挙げる相手を許せなかったのですね。

ビッグ・マムと一時的でも利害関係が一致するとは思ってもいませんでした。

次回をお楽しみに。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1014話!降伏勧告・・

⇒『ワンピース』1013話!落ちた希望・・

⇒『ワンピース』1011話!ビッグ・マムの怒り・・

⇒『ワンピース』1010話!目覚める覇王・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です