スポンサーリンク

最新ネタバレ『ワンピース』1057-1058話!考察!出航する麦わら海賊団!モモの助よ!お前は俺達の仲間だ!!

スポンサーリンク

尾田栄一郎「ワンピース」1057話より引用

妻のお鶴に会いに行っていたため、アラマキとの戦いに参戦できなかったことを、仲間達に謝る錦えもん

そして、キャロットを呼び、モコモ王国の女王に任命するイヌアラシとネコマムシ。

日和とモモの助に、正体を隠していたことを謝るスキヤキ。

スキヤキに、古代兵器プルトンがワノ国に存在することをルフィに話すロビン

それを、盗み聞きしていたカリブが、あの人に教えないと言いその場を去ります。

別れの挨拶なしで、港に行ってしまったルフィ達に怒りを見せるモモの助と錦えもん。

港で、次の行き先を決める、ルフィ、キッド、ロー

そして、クロス・キルドを立ち上げ、四皇になったバギーに怒りを見せるキッド。

ローやキッドは、「火の傷の男」について知っているようでしたが、ルフィはその男について知らないことに、都合が良いと笑うキッド。

ヤマトは、光月おでんのように生きると決心し、ルフィのところへ行くと決めます

さて、ヤマトやモモの助は、ルフィ達が旅立つ前に、港に着くことができるのでしょうか?

早速、第1057話「終幕」を見て行きましょう。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1057話!のネタバレ 

第1057話の扉絵では、逃げ遅れたシーザー・クラウンが、ジェルマ達を襲うカタクリ、オーブンに毒ガス攻撃を仕掛けています

シーザーは、ジェルマ?カタクリ達のどちらに攻撃しているのでしょうか?

カタクリ達の味方になれば、とても厄介な敵になりますが、ジェルマ達の味方になればとても心強い味方になるシーザーです。

それでは『ワンピース』1057話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

港へと急ぐモモの助達

花の都のとある会場では、光月おでんの無念を晴らすため、赤鞘達の忠義の物語を語る眼鏡先生。

一方、トカゲ港へと急ぐモモの助達。

急いでいる中、「海には出ない」とモモの助に話すヤマト。

ヤマトが、おでんのように自由に生きる理由は、ワノ国の漫遊から始まったことで、世間知らずのおでんのように同じ道を辿って、そこから海の冒険に出るとモモの助に話します

そのことをルフィに話しているとヤマトから、聞いたモモの助は、拙者を馬鹿にし、一言もなく港に行ってしまったことに腹を立てます。

頭にきていたモモの助でしたが、パンクハザードから、ルフィと出会いワノ国までの旅路を思い出します。

港に急ぐ錦えもんは、ルフィの返す言葉しだいでは、切り捨てられても仕方ないと言います。

そうだよ!それが武士の道だ!一度は、「友達」と言っただろう、ルフィと言うももの助

怒りモードの二人に、そんなに怒らなくても良いのでは?となだめるヤマト。

 

スポンサーリンク

ボロ泣きするモモの助

常影港についたモモの助は、ルフィに人間の姿に戻り襲いかかります

ルフィに、自分達に一言も言わずに出航か?言い訳を話せ!と言います。

怒鳴りつけそうな雰囲気だったのですが、「行かないで!さみしい!ずっと一緒にいて!」とボロ泣きするモモの助

ルフィ達がいたから、生きていられたと泣きながら礼をルフィに伝えます。

ボロ泣きするモモの助に、みっともないと言うゾロ。

ゾロの言葉にモモ君はまだ子供だよ!と言いながらもらい泣きするナミ

ルフィは、モモの助に一言も言わなければ、港に急いで来ると予想し、渡したい物があったからかけつけるまで待っていました。

 

スポンサーリンク

出航する一味達

泣くモモの助に「麦わら海賊旗」を渡すルフィ

そして、モモの助に、何が将軍だ!大きくなっても、お前の中身は知っている。

お前は、まぬけで泣き虫だ!モモと言いたい放題に言うルフィでしたが、モモの助を「弟」のように思っていることを伝えます。

辛いことがあれば、冒険した時のことを思い出せ!と兄のように語るルフィ。

海賊旗をワノ国に掲げろモモ。

そして、この先で、とてもヤバい奴(敵)が現われたら旗を見せて驚かせろと言うルフィ。

「俺の仲間に、手を出す奴は、俺達に喧嘩を売るってことだぞ!」

とモモの助を仲間と認め、船長らしい言葉をモモの助に伝えます。

錦えもん、ヤマトに海賊の旅に出たくなったら、いつでも迎えに来ると約束するルフィ。

一味達を見送る錦えもんに、いつの日か、父、おでんを超えると伝えるモモの助です。

 

スポンサーリンク

黒炭に候

都では、龍王カイドウ、妖怪花魁(リンリン)がルフィ、キッド、ローの海賊達に倒されたことを都の人々に熱く語る眼鏡先生。

そして、日和がオロチを成敗した時のことを語り始めます

炎で、燃えるオロチに一歩も退かずに引導を渡そうとする日和。

父、おでん、母、トキ、兄、モモの助、ワノ国を思いながら日和は、「もえてなんぼの黒炭に候」と涙を流します

そして、長かった20年の時を経て、オロチに引導を渡します。

 

スポンサーリンク

ワノ国編完結

討ち果たされた仇討、語り継がれる御家再興の血風録と人々に語る眼鏡先生。

そこには、オロチ、カイドウを打倒した「名代なるもののふ達」が描かれています

ルフィから貰った海賊旗、城を見上げながらどこに掲げようか?と迷っている将軍モモの助です。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1057-1058話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」1057話より引用

ルフィが、モモの助に一言も言わずに港に行ってしまったのは、モモの助を仲間と認め、海賊旗を渡すためでした

なにも言わずに、城を出れば、モモの助が慌てて港にかけつけると予想したところは、ルフィらしいです。

次に、ワノ国に一味達が上陸するころは、モモの助やヤマトは今よりも成長していることでしょう。

出航したルフィ達に、次はどんな冒険が待っているのでしょうか?

次回号をお楽しみに。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1059話!女帝を奪いに来た黒ひげティーチ!海・・

⇒『ワンピース』1058話!バギーが新四皇に成り上がれたのはミ・・

⇒『ワンピース』1056話!驚きキャロットがモコモ王国の女王に・・

⇒『ワンピース』1055話!ルフィ達に頼らないと決意を見せる・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA