最新ネタバレ『ワンピース』932-933話!考察!将軍と花魁(おいらん)

スポンサーリンク

前回、ジェルマ66の科学力を使ったサンジがおそばマスクに変身して、百獣海賊団飛び六胞のページワンを倒しました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『ワンピース』931話ver2!“おそばマスク”みんなのヒーロー

一方、九里ヶ浜では記憶喪失のビッグ・マムが浜に打ち上げられ、ニコ・ロビンも芸者おロビとして花魁の小紫と一緒に将軍オロチの宴会に参加しています。

その中でおロビは、呼ばれたオロチ城に潜入出来た事でポーネグリフの秘密を探していましたが、そこで将軍直属のお庭番衆の軍団に見つかってしまいました。

おロビは多勢に無勢のこのピンチを乗り切れるのか?

932話を考察していきます!

 

スポンサーリンク

『ワンピース』932話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

それでは『ワンピース』932話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

美しすぎる小紫の三味線!!

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

花の都オロチ城にてオロチの宴会の場に呼ばれた小紫は、キツネのお面をつけながら三味線を披露します。

みんなからは「いつもの曲」と言われたオロチも大好きなこの曲は、ため息が出るほどの美しい音色で聞く者みんなを魅了します。

そして小紫の不思議な所は、この曲の時だけ決まって必ずお面を被るのです。

小紫にとっても何か思い入れのある曲なんでしょうか。

もしかしたらこの曲を弾くと気持ちが抑えきれず、何かを思い出しながらお面の下では涙を流しているのかも知れませんね。

 

お庭番衆に見つかったおロビ、絶体絶命!?

ポーネグリフの秘密を探っていたおロビ(ニコ・ロビン)は将軍直属忍者部隊オロチお庭番衆に見つかってしまいました。

隊長と名乗る福ロクジュは

「お前は何者で何をしていた?」

とおロビに問いただします。

正直に話せば瞬殺してやるが嘘をつけば辛い拷問が待っていると脅されたおロビは、11人の手練れ忍者を前に一瞬言葉が詰まります。

そしておロビは

「自分は丑三つ小僧」

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

と名乗り、花の都のお金の流れを調べる為に乗り込んで来たと答えます。(丑三つ小僧とは、ネズミ小僧のように悪どい事をしている金回りの良い奴らから金を盗み、貧乏人達に金をバラ蒔くという弱い者の味方のような存在です)

しかしその嘘を見破ったお庭番衆は「先ほど丑三つ小僧は都に現れたばかりだ」と言い、一斉におロビを攻撃しました!

将軍直属のお庭番衆は忍者という事もあり、流れてくる情報も早いのかも知れませんね。

お庭番衆が縄と手裏剣で捕らえたと思った瞬間、おロビの姿が霧のように消え去ってしまいました!

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

姿を眩ました事に混乱したお庭番衆達はすぐにおロビを探しに向かいましたが、実は潜入して調べ物をしていたおロビの姿は、ハナハナの実の能力を使った分身だったのです!

さすが頭の切れるおロビは、そう簡単には捕まらなかったですね。

おロビは逃げながらも、仲間であるおナミ、しのぶ(くノ一)、ホネ吉(ブルック)にバレてしまったという状況を報告します。

そして何事もなかったかのように、オロチ達の居る宴会場に紛れ込むのです。

「木の葉を隠すなら森の中」が一番だと、お庭番衆も簡単に手を出せないであろう場所に身を隠すのです。

 

将軍オロチが語る光月おでんの復讐劇

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

宴会場では将軍オロチが小紫に乗せられて、酒を飲みながら気分良くいろいろな事を語り出します。

そして20年前に死んだ光月おでんの話をするのです。

おでんの妻トキが光月家の復讐を予言した20年後が今年にあたり、まだおでんの意思が受け継がれている事を確信しています。

おでんの家来であった赤鞘九人男(あかざやくにんおとこ)は20年後の今年、ワノ国復活の為にオロチの首を狙って準備を進めていると予想しています。

九里では横綱やジャックの部下が襲われ、都ではそば屋の浪人がヤクザを襲い、その事が全て赤鞘九人男の錦えもんの指示かも知れないと言います。

おでんはオロチの目の前で死にましたが、息子のモモの助の死体は上がっておらず、まだ光月家の血が途絶えていない事を懸念しているのです。

カイドウの首すら狙っていると豪語するオロチは「人にあのカイドウを倒せる訳ない」と部下達に心の中で馬鹿にされてしまいました。

酒を飲むと毎回こうなのか、被害妄想も良い所でみんなはもう聞き飽きたという感じで笑いを堪えるのが必死でした。

裸の王様とは正にこの事ですね(笑)

 

スポンサーリンク

おトコちゃんを守る武士の娘、花魁小紫!

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

その様子を見て我慢出来なかったおトコちゃんは、幼子だという事で我慢出来ずに笑い出してしまいます。

自分の事を馬鹿にされたと思ったオロチは、おトコちゃんにブチ切れて鞘から刀を抜いてしまいます!

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

止めに入った小紫に対しても怒りが収まらないオロチは、二人を相手に刀を振り回しますが、小紫は将軍オロチに臆する事なくその顔にビンタをするのです!

プライドが高く凛とした性格の小紫は、自分が正しいと思わない事に対しては一歩も引く気はないとオロチを相手に公言するのです。

その美貌だけではなく、みんなが憧れる理由が分かりますね!

自分を武士の娘だと言う小紫は

「無様に生きる位なら切り捨てろ」

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

と堂々と言い放つのです!

尾田栄一郎「ワンピース」932話より引用

生意気な小紫に対して怒り狂ったオロチはとうとう本性を現し、オロチという名そのままに『八岐大蛇(ヤマタノオロチ)』のような大蛇の怪物に変身してしまいます!

おトコちゃんを抱き抱えて逃げようとしたおロビも、ついにお庭番衆に見つかってしまいました!

オロチにとって楽しかった宴会もここで全てがぶち壊され、一転して殿中は修羅場と化してしまったのです!

 

『ワンピース』ネタバレ932-933話のまとめ

小紫が本音を語りオロチも本性を現した事から少しずつキャラクターの謎が解けてきて、いろいろな展開を想像させてくれる流れになってきました。

これまではキャラクター同士でいろいろな駆け引きがあった場面が多かったので、やっと物語がぶつかり始めたという所でしょうか。

今話の最後には鬼のような強さを誇る謎多き狂四郎も刀を抜いてこの修羅場に参戦するようですが、彼の本性も何者なのか気になりますね。

口ではオロチ側の人間のように振る舞っていますが、話の流れとしてはおでん側の人間に思えてなりません。

小紫の側に付いていた事も身近で守っていた事を匂わせる演出だと思います。

ビッグ・マムの事にしてもそうですが、誰が味方で誰が敵になるのか分からない所が想像を膨らませてくれますね!

次号も楽しみです!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です