最新ネタバレ『ワンピース』934-935話!考察!花のヒョウ五郎!ワノ国の全貌明らかに!

スポンサーリンク

前回、宴が行われていたオロチ城で、宴会の最中におトコが将軍オロチを馬鹿にするように笑ってしまった事でオロチが逆上してしまいました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『ワンピース』933-934話!オロチ発狂!小紫が血まみれ!武士の情け

おトコを守る為にオロチをビンタしてしまった花魁(おいらん)小紫は、将軍に手を出すという、絶対にやってはいけない事をやってしまいます。

怒りのあまり、悪魔の実によって八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に変身したオロチは、小紫に謝意を求めますが小紫は全く応じる気がありません。

そしてその様子を見ていた用心棒の狂死郎は、重罪を犯した小紫をその場で切り捨ててしまうのです。

その場に侵入していたおロビやおナミ達の活躍で、何とかおトコだけは守る事が出来たようですが、もうオロチ城はメチャクチャになってしまいました。

果たして今回はどのような展開になっているのか、934話を考察していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

『ワンピース』934話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

それでは『ワンピース』934話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

ビッグ・マムの生存と次期船長争い

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

ワノ国の近海では、キングによって行く手を阻まれてしまったビッグ・マム海賊団がビッグ・マムの生存を心配しながら今後の事について話し合いをしていました。

滝の上に落ちてしまったビッグ・マムはみんなとはぐれてしまいましたが、命の紙(ビブルカード)は無事なので、生きている事だけは確実だと思っています。

しかしこの近海で能力者が溺れたとなれば、打ち上げられた後にカイドウに捕まってしまったと考える方が妥当なのではないかという意見も出て来ます。

そうなると、さすがのビッグ・マムも生きて帰って来る事は出来ないと言い出し、兄弟喧嘩のように次期船長の話が浮上してきました。

「ペロスペロー海賊団」に改名しようと、長男であるペロスペローが言い出しますが、実力的にはカタクリだろうと、年功序列より実力を重視する声も挙がってきます。

醜い次期船長争いの話が浮上していますが

「勝手にママを殺すな!」

と14女のスムージーが一蹴します。

どこに行っても権力争いとは醜いものですね。

死んだ人間の事など考えず「自分がいかに有利になるか」という事しか考えられないのも悲しい話です。(まだ死んでないですけど)

皮肉を言えば、醜い海賊としては鏡のような家族愛だと思います。

 

モモの助一行、兎丼(うどん)へ向かう

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

そしてそのビッグ・マムの記憶喪失を良い事に、なぜか仲間にしてしまったモモの助一行は兎丼を目指していました。

道中、飛徹(ひてつ)に連絡して事情を説明しますが、あまりにも危険だと言う事で反対されてしまいます。

しかしお菊やお玉の意思は強く、無理矢理電話を切ってしまいます。(もう兎丼に向かっていましたし)

ビッグ・マムはワニガメを殴って言う事を聞かせ、食べ物を待てずにワクワクしながら兎丼に向かいます。

そしてワニガメの背中に乗って移動している最中、お菊がワノ国の説明をし出します。

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

ワノ国は、花の都を中心にして周りに5つの郷(さと)が連なっています。

各郷には川が流れていて、その川によって郷が区切られているのです。

ゾロの影響を受けたモモの助は、ワニガメの上で「スナ~ッチ!」という変な掛け声で剣の練習をしていましたが、それを見たお菊が「モモの助には相応しくない言葉だ」と言って自重するように促します。

この下りは、明らかに今後の一悶着を引き起こしそうな伏線ですね。

 

おナミとおロビは湯屋で休憩したい

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

ワノ国の鈴後(りんご)にある北の墓場まで逃げ延びて来たおナミ達は、遊郭(ゆうかく)におトコを預けた後、とりあえず皆で休憩をします。

小紫が斬られ、御庭番衆に狙われ、オロチに暴れ回られたりと、いろいろな事がありすぎた為に一旦仕切り直そうとします。

おロビはポーネグリフの情報を探っていましたが、自分では全然不甲斐ない情報しか得られないと落ち込む中、話を良く聞くと優秀過ぎるほどの情報量を得てきていました。

ホネ吉ことブルックはポーネグリフ自体も探し出し、次の目的を鬼ヶ島に定めながらとりあえず湯屋で疲れを癒す事になりました。

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

おナミとおロビのお風呂シーンが見れる読者サービス回はいつになるのか楽しみです(やっぱりしのぶも一緒なんですかね……)

 

サン五郎、花の都で大号泣

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

花の都では小紫が死んでしまったという話題で持ちきりです。

えびす町でもその一報を聞き、何故か一目しか見ていないサン五郎も大号泣しています。(気持ちは分かります)

『美女の死は世界の損失だ』

という名言まで残すサン五郎ですが、既に次は湯屋の場所を確認している辺りは抜かりがありません。

これぞ男の鏡ですね!

新聞を読んでいたローは、キッドが脱獄した事を皆に伝えていました。

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

まぁサン五郎は、湯屋の事で頭が一杯ですが……

 

囚人ヒョウジイが男「花のヒョウ五郎」!?

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

兎丼にある囚人採掘場では、ルフィ太郎が看守であるアルパカマンにキッドの脱獄に加担したんではないかと疑いをかけられていました。

そんな中、看守にイビられるヒョウジイは、働きが悪いのにきび団子を沢山持っている事に目を付けられてしまうのです。

「団子をもらった相手を言え!」と共犯者を暴露させようとしますが、義理固いヒョウジイは絶対に口を割りません。

それもそのはず、ヒョウジイは20年前のヤクザの大親分、花のヒョウ五郎だったのです!

絶対に口の割らないヒョウジイに対してイビりが強くなってきた事を見かねたルフィ太郎は、居ても立ってもいられなくなり、看守に飛びかかってしまいます!

そして囚人採掘場の外は、大看板のクイーンが部下達を連れて登場した所で今回の話は終わってしまいます。

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

怒りのままに飛びかかったルフィ太郎ですが、海楼石の手錠を付けられたままの状態で、果たして看守相手にどこまでやれるのか気になりますね!

最後のページでは騒がしい音しか聞こえなかったのが、より想像を掻き立てます!

 

『ワンピース』ネタバレ934話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」934話より引用

今回はバトルシーンもなく、各々の状況と今後の展開について話を整理するような回になりました。

気になるのは、今後のビッグ・マムと本当に小紫は死んでしまったのかっていう事ですね。

ルフィ太郎とヒョウジイの関係も、おそらくもっと深いものになって行くでしょうし、大看板のクイーンとの激突も時間の問題でしょう。

次週はお休みになり、大きなバトルももう少し先になりそうな予感がしますが、キッドやカリブーなど癖のあるキャラも絡んできているので、もう少し変わった展開が期待出来そうです。

小紫が生きている事を願いながら、ナミ達の湯屋シーンを期待して次回を待ちましょう!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です