最新ネタバレ『ワンピース』936-937話!考察!大相撲インフェルノ!お色気覇気発動!

スポンサーリンク

前回では、囚人採掘場でイビられていたヒョウ爺を助ける為に、ルフィ太郎が副看守長であるダイフゴーに手を出してしまいました。

そして、カイドウ率いる百獣海賊団の大看板であるクイーンに目をつけられてしまうのです。

おナミやおロビは作戦を練り直した後、湯屋で一度疲れを癒す事になりました。

ヒョウ爺が実は昔、花の都の裏社会を仕切っていた「花のヒョウ五郎親分」だという事も分かり、囚人採掘場の牢屋には赤鞘(あかさや)九人男の手練れである河松が居る事も判明しました。

展開はピンチな方向に向かいながらも、少しずつ仲間が集まってきている所は、今後の展開を期待させてくれますね。

では早速936話を追って行きましょう!

 

スポンサーリンク

『ワンピース』936話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」936話より引用

それでは『ワンピース』936話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

クイーンの絡繰(カラクリ)ライブ、大相撲地獄(インフェルノ)開幕!!

囚人採掘場の牢屋には赤鞘九人男の河松が捕らえられていました。

幹部塔で鍵を盗んできた同じ赤鞘九人男の雷ぞうは、河松が生きていた事に目を疑い、同志を見つけた事に歓喜します!

河松は鎖に繋がれて動けませんでしたが、雷ぞうから決戦の日時を知らされて、喜んで戦う覚悟を決めます。

しかしまずは、牢屋と手錠の鍵を何とかしないと話にならないので、雷ぞうは鍵を探しに向かいました。

煙遁の術を使って煙のように消えてしまった雷ぞうですが、こんな術が使えるなら最初にルフィ太郎の海楼石の鍵を盗んだ時にも、この術を使えば良かったのにと思うのは私だけでしょうか(苦笑)

口では「ニンニンニンニン」と言っていましたが、やっと雷ぞうの忍者らしい所を見た気がします。

 

ルフィ太郎歓喜! 海楼石の錠が外れる……が!?

囚人採掘場ではルフィ太郎とヒョウ爺の公開処刑が始まり、クイーン主宰の『大相撲地獄(インフェルノ)』が開催されます。

まずは海楼石の手錠が外されますが、今度は首に錠をさせられて、土俵を出てしまうと首が飛んでしまうリスクを背負わされてしまうのです。

喜びも束の間、結局ただでは済みませんでしたね……

大相撲地獄のルールは至って単純で、二人はとにかく相撲に勝ち続ければOK。

両者が土俵から落ちたら即死して死刑が完了。

ルフィ太郎達の相手となるクイーン側は「武器あり」「数あり」「首輪なし」のノーリスク。

圧倒的にルフィ太郎達の方が不利ですが、ルフィ太郎達がされている首輪は海楼石で出来ている錠ではないので、能力者にとっては今まで以上に自由に動けるのが唯一の利点ですね。

そして説明が終わると、早速相撲が始まります。

尾田栄一郎「ワンピース」936話より引用

武器を持った5~6人のクイーン側に対し、圧倒的不利な状況に立たされているルフィ太郎達ですが、ここはルフィ太郎の覇気で雑魚達を一蹴してしまいます!

覇王色の覇気を見ても全く動じないクイーンには、少し不気味な感じがしますが、まぁルフィ太郎ならクイーンくらい何とかしてしまうでしょう。

 

湯屋に監査!?

尾田栄一郎「ワンピース」936話より引用

おナミ達が入っている花の都の湯屋では、百獣海賊団によって手入れが行われます。

真打ちのホーキンスや飛び六胞のドレークが監査に入り「足首に逆さ三日月の刺青がある者を連行する!」と言い出します。

ドレークはおそばマスク(サンジ)を仕留める為と言って、湯屋の外で待機する事になります。

男なら喜んで中に入ろうとするのに、何か様子がおかしいですね……

 

スポンサーリンク

新たな覇気!? おナミの悩殺ボディがあらわに!!

尾田栄一郎「ワンピース」936話より引用

湯屋の中には残念な事に、まだおナミ達が湯に浸かっている所でした。

ホーキンス達に面が割れているおナミはとっさにしのぶの後ろに隠れますが、その瞬間をホーキンスに見られてしまいます。

しょうがなく出て来たおナミは、巻いていたタオルを抑えていた手を上げて無抵抗をアピールしようとしますが、その瞬間に巻いていたタオルがはだけてしまいます!

尾田栄一郎「ワンピース」936話より引用

 

ここでおナミの『お色気覇気』が発動!!

国宝級のおナミの全裸があらわになり、周りに居た男性達は悩殺されてしまいました!!

そしてこの嬉しい失神の中に紛れていたのは、何故かおそばマスクだったのです!!

『美女の居る所にサンジあり』とは良く言ったものです。

おそばマスクが湯屋の中に居た事が分かるとドレークも中に入ろうとしましたが、ドレークも一緒に悩殺されてしまいました。

実は女性の裸に弱かったんですね。

何とかジェルマ66の力を使って、飛んで逃げる事に成功したおナミ達でしたが、足首の印が同志の証だとバレてしまったのは予想外だったようです。

ローの部下であるベポ達も捕まってしまったようで、花の都は大混乱です。

こうなっては、さすがのローも黙ってはいないでしょう。

 

弁慶とゾロ若丸!?

尾田栄一郎「ワンピース」936話より引用

ワノ国の鈴後(りんご)では刀を追ってきたゾロ十郎が、弁慶のような相手と橋の上で対峙しています。

名刀「秋水」は伝説の侍であるリョーマの墓から盗まれた物であり、その弁慶いわく「元々あるべき場所に返しただけだ」と言います。

ゾロ十郎はその話を聞いて相手を刀のコレクターだと思い、オロチ達に立ち向かうには多くの武器がいる為に、相手の持っている武器を全て奪おうとします。

腕に覚えのある弁慶は「返り討ちにしてやる!」と言って、橋の上での決闘が始まったのです!

 

『ワンピース』ネタバレ936-937話のまとめ

ルフィ太郎の海楼石が外された事で、クイーンとの本気の戦いが秒読みになりました。

赤鞘九人男の河松が出て来た事で戦力も徐々に集まってきましたが、オロチ側も思っている以上に手練れが多く人数も半端ではないので、全面戦争になってしまうとアラバスタのような大きな戦いが巻き起こりそうな予感がします。

足首の刺青が同志とバレてしまった事で、今後の仲間集めが難しくなってしまい、少しずつ展開が読めなくなってきましたね。

ゾロ十郎と弁慶の戦いも、侍同士のプライドを懸けた見応えのある戦いになりそうですが、個人的には湯屋でのシーンをもっと長く見たかったです!

尾田栄一郎「ワンピース」936話より引用

今後はナミもロビンも悩殺覇気使いとして、どんどん登場して欲しいという思いでいっぱいですが、また新たな展開を期待して次回を待ちましょう!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です