最新ネタバレ『ワンピース』940-941話!考察!反逆の火種!

スポンサーリンク

前回、花魁の小紫が光月家の娘である日和だという事が判明しました。

その事をゾロに打ち明けた小紫は、モモの助や赤鞘九人男も生きている事を知り、歓喜に内震えます。

囚人採掘場の大相撲インフェルノで戦っているルフィは、触れずに吹き飛ばす覇気を習得しようと対戦相手でトレーニングしていましたが、なかなか上手くいきませんでした。

それを見ていたヒョウ爺は、昔はヤクザの大親分だった事もありルフィにアドバイスをします。

技の名前は違えど、ルフィ太郎がやりたかった技を目の前で見せられた事で、習得への手掛かりが見えてきたのです。

今のワンピースはいろんな場所で物語が繰り広げられていますが、今週は一体どうなってしまうのか!?

早速940話を追ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』940話!のネタバレ

それでは『ワンピース』940話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

ロー、離脱!? そしてえびす町で怒鳴り声!?

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

いきなり1ページ目でナミ達のグループからローが離脱している事が分かります。

それもそのはず、反乱を起こそうとしている事がオロチ達にバレて、同志達が次々と捕まっているこの状況を引き起こしたのが、先に捕まったローの部下であるベポ達だと疑われたからです。

絶対に仲間を売るような真似をしないと信用している部下を裏切り者扱いされたら、さすがのローも黙ってはいられません。

いくらしのぶ達が20年も待った作戦だとはいえ、信頼関係が成り立っていない相手には背中を預けられないのがローの心情でしょう。

どちらも間違っていないと思いますが、早く仲直りしてまた一緒に戦って欲しいと思いますね。

そしてこの笑いの絶えないえびす町から、まさかの怒鳴り声が聞こえてきます。

その声の主は、凡ゴウとびん豪という都落ちした者達でした。

都落ちとは簡単に言うと、花の都でオロチに媚びを売り甘い汁を吸っていたのに、何かのきっかけで落ちぶれてしまった者達の事ですね。

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

凡ゴウとびん豪ともう一人加えたブン業の三人は、花の都で放火を犯し、家を建て直す費用で儲けを出している悪人のような奴らです。

しかし花魁の小紫にホレてしまい、貢いだ挙げ句に破産してしまったという大馬鹿者なのです。

その落ちぶれた者達がえびす町に来て、まだ偉そうに怒鳴り散らしているのです。

 

えびす町のトノヤスさん

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

そんな嫌な連中でも面倒をみているのが、笑いの絶えないえびす町の顔でもあるトノヤスさんです。

驚くほど人が良いトノヤスさんは、えびす町みんなの面倒をみて周りを勇気づける存在です。

でも不思議な事に、みんなはその素性をあまり良く知りません。

人懐っこい性格故に話をしていますが、しのぶ達も良く知らないというのがちょっと驚きです。

都に娘を出し、その仕送りで働けない町のみんなを潤している姿は本当に信頼を集めています。

自分は食う物も食わずに町のみんなを第一に考える姿は、まさに仏のようだとまで言われているのです。

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

そして実はトノヤスさんの娘というのが、小紫に付いていたあの笑い上戸のおトコちゃんなのです。

どんな辛い時でも笑顔を忘れない生き方をしている所は、本当に親子そっくりですね。

 

スポンサーリンク

ルフィ、流桜(りゅうおう)を極める特訓!

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

囚人採掘場では相変わらずルフィが大相撲インフェルノで特訓中です。(最早、戦いとして成り立っていないので、特訓中とさせていただきます)

ルフィは触れずに吹き飛ばす覇気を習得しようとしていましたが、それを体現したヒョウ爺によると、ワノ国では覇気の事を流桜と呼ぶそうです。

エネルギーが流れるというイメージで行う流桜は、思っている以上に使いこなすのが難しいらしく、ルフィは習得するのにかなり手こずっているようでした。

そして、結局この日も習得出来ずに夜を迎えてしまいます。

 

カリブーとらい蔵も合流

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

そこでヒョウ爺が何故カイドウと戦うのかとルフィに聞くと、海賊王になる為に四皇を倒さなくてはいけないからだと言います。

ゴールド・ロジャーを知っているヒョウ爺は、錦えもんの事を知っているルフィに驚きます。

そしてここに、突然カリブーとらい蔵が現れます!

カリブーは何とかしてこの囚人採掘場から逃げ出したいと思っているので、心を入れ替えたと言ってルフィに媚びを売ります。

ルフィも何故か素直に認め「心を入れ替えたなら良い」と言って受け入れてしまいます。

こういう所が凄くルフィらしくて良いですね。

そして、らい蔵が生きていた事を知ってヒョウ爺は凄く驚いていました。

20年前の過去から、トキトキの実でこの時代に送られて来たという事はあまりにも信じがたかったのでしょう。

もう既に死を受け入れていたヒョウ爺はとっては、この時一筋の光が見えていたのではないでしょうか。

 

ヤクザ連合集結作戦!!

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

生きる事を諦めていたヒョウ爺でしたが、赤鞘九人男やモモの助が生きている事を知ると反乱を起こす事に希望を持ち始めます。

それもそのはず、この囚人採掘場はルフィ達がいる場所以外にも同じ大きさの作業場が4つもあるというのです。

そしてそこには、オロチに恨みを持ったヤクザの大親分達がたくさん収容されているので、そのヤクザ達を仕切っていたヒョウ爺が、自分が口を聞いて同志達を集めようと、頼もしい事を言ってくれるのです。

 

『ワンピース』ネタバレ940-941話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」940話より引用

今回は、えびす町のトノヤスさんにスポットライトが当たりました。

とにかく人が良く、自分が食う事を後回しにしてまで周りの人を潤す姿は、普通に考えると人間が出来過ぎているように思えます。

おそらくトノヤスさんの正体は丑三つ小僧ではないかと思いますが、トの康という字を見ると殿様を連想させるので、もしかしたら光月 おでんなのではないかと最近思っています。

どちらにせよ、光月 日和である小紫と繋がっている所から考えると、光月家に近しい人物である事は間違いないでしょう。

そしてルフィは、ヒョウ爺という覇気を使いこなす為の良い師匠を見つけ、ヤクザの仲間達も味方に出来そうな事から俄然やる気を出しています。

残念ながらお腹だけは相変わらず空いているようですが……

最終ページではいよいよビッグ・マム達が兎丼に到着し、波乱の予感をかもし出しています。

当面は仲間集めがメインの展開になって行くと思いますが、まずは赤鞘九人男と囚人採掘場にいるヤクザ達を味方にするのが先かも知れませんね。

とにかくワノ国編もまだまだ謎が多過ぎるので、今回は大人しく次週を待ちましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください