最新ネタバレ『ワンピース』946-947話!考察!ルフィVSシャーロット・リンリン!!

スポンサーリンク

兎丼に到着したシャーロット・リンリン一同。彼女はおしるこを求めますが、クイーンの逆鱗に触れてしまい、一発触発の状況に。

圧倒的危機状況にあるユースタス・キッドとキラーはどうなってしまうのか!?

そして大相撲インフェルノの行方はいかに。

13億の男、クイーンはシャーロット・リンリンに通用するのでしょうか?

 

スポンサーリンク

『ワンピース』946話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

それでは『ワンピース』946話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

シャーロット・リンリンVSクイーン!!

巨大化したクイーン、早速シャーロット・リンリンに叩きのめされます。

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「なんだあの老婆は!?」

ヒョウ吾郎も目の前の光景に目を疑ってます。

「ただの老婆じゃねーんだよ!!」

ルフィも二人の戦いの行方を見守っています。

そして、シャーロット・リンリンがクイーンを担ぎました。

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「おしるこよこしなトカゲ野郎!!」

シャーロット・リンリンは巨大化したクイーンをジャイアントスイングの要領で振り回します。

一同はあまりの騒ぎに大慌てです。

突然のシャーロット・リンリンの登場から、速いペースで兎丼採掘場は大騒ぎに。

そしてクイーンが壁にたたきつけられた衝撃で、兎丼が振動します。

「兎丼が危ない!!」

その衝撃で水槽に入れられていたユースタス・キッドとキラーは水の中から出てくることが出来ました。間一髪です。

「あ!!よかったあいつら!!おい!!生きてるか!?」

ルフィはユースタス・キッドたちに呼びかけます。

それと同時にクイーンの部下たちもクイーンに詰め寄りますが、クイーンは戦闘不能状態に。恐るべき怪力です、シャーロット・リンリン。

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「うおー!13億の男が!!!二撃でのびた!!!」

「次元が違う、本物のビックマムだ!!カイドウさんに報告を!!!」

その時、部下たちがあることに気付きます。

「「おい!!ちょっとあれ気になるんだが・・・アレ」

なんと、開かずの檻がぶっ壊れているではありませんか!!

「中になにがいるのか知らないが・・・!!檻の中でも錠で繋がれているはずだ!!」

「逃げ出すどころか、中で死んでるぞコリャ・・・」

部下たちはババヌキに指示を仰ぎます。

「ババヌキさん!!撃ってもいいのか!?あれ・・・!!」

「下手に刺激するなダイフゴー!!カイドウさんの指示は!?」

しかし事情があるようで、カイドウとの通信が取れない模様です。

「看守長、それが!!「スマシ」が全く通信できない状況に!!誰も「鬼ヶ島」と連絡が取れず・・・」

ダイフゴーもあまりの事態に狼狽えます。

 

スポンサーリンク

なかなか使える男、カリブー

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

兎丼 採掘場内「幹部塔」

ここでは雷ぞうが動き回っていました。

「表の騒ぎのおかげでやりやすい、何事か知らぬが!!カリブーも使える男よ!!」

雷ぞうの回想シーンでは、カリブーが語っています。

「あっちに行ったぞ、こっちにいるぞ」と「通信」されるから敵は厄介なのよ!!」

「いいか、ワノ国の「スマートタニシ」には“念波”が弱いっていう弱点がある!!

個々のタニシの念波はまず、各郷に一匹はいちゃう「親分タニシ」に送られ・・・そこから念波を飛ばす方式なのよ」

雷ぞうはカリブーの解説がいまいちわかっていないようですが、カリブーは続けます。

「つまりこの兎丼にいる「親分タニシ」を俺が飲み込んでしまったら・・・どうなると思う?」

「もしや兎丼全域で通信が途絶えるのか?」

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「ご名答!!ダテに長く捕まっちゃいないのよ俺は「親分タニシ」の居場所も知ってる。

通信切断は俺に任せて!鍵という鍵奪い取ってきちゃいなよ、雷ぞうちゃーん」

カリブー、すっかり雷ぞうに砕けた口調で話していますね。

「おい、どうした!誰にやられた!!」

「もしもし、こちらB棟の・・・あれ!?スマシが使えないぞ!!」

カリブーの作戦により、外部との通信も途絶え、雷ぞうにとってはこの上ないチャンスです!

(待っていろ、河松!!必ずお主を開放する!!)

雷ぞうは強く思うのでした。

 

ルフィ、覇気の覚醒なるか!?

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「あったー!おしるこ!!」

シャーロット・リンリンがついに巨大なおしるこの鍋を見つけました。

「なんて甘く豊かな香り!こんなにたくさん!はるばる来た甲斐があったよ!!」

クイーンの部下一同は中身のないことがシャーロット・リンリンにばれたらどうなるかと、気が休まる暇もありません。

(どうしよう、中身は空っぽだぞ!?ないとわかったらどうなる!?怒りの矛先は!?俺たち“皆殺し”かも!!・・・あり得る!!)

そしてついにおしるこの入っていた鍋のふたを開けますが・・・

中身は当然空っぽ。「全員直ちに避難せよ!!命を守れ!!予測不可能な災害が来るぞ!!」

大慌ての群衆の中で余裕しゃくしゃくのルフィはこう言います。

「悲しみわかるなー、俺ももう一回食いたいもんな!!おしるこ美味かったもんな!!」

「おいおい、麦わらの人!!」

ヒョウ吾郎が止めに入りますが、時すでに遅しです。

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「犯人は!!!お前か!!!」

般若の表情でルフィをにらみつけるシャーロット・リンリンです。

「なんで俺を見てんだ?」

ルフィ、非常事態に全く気が付いていません。

ようやく心の声が声に出ていたことに気付くルフィですが、時すでに遅し。

シャーロット・リンリンがルフィ目掛けて素早く左拳を振り下ろします。

「ちょっと待て待てビックマム!!ここから落ちたら俺たち本当に死ぬんだ!!この首輪から歯が出て首が飛ぶ!!」

「だから・・・ビックマムって、だれのことだそりゃあ!!!おしるこ食ったお前も誰だい!?」

完全に理性を失っているシャーロット・リンリン、記憶喪失のため、ルフィのことにも気が付いていません。

相撲の土俵の端っこに追い詰められたルフィとヒョウ吾郎、間一髪です。

「俺はあの貧乏な町のみんなに親切にされたから・・・!!おしるこたっぷり持って帰りたかったんだ!!

みんなにも食べさせたかったんだよ!!!」

シャーロット・リンリンの行動の動機が、まさかの優しさだったとは!!!

記憶を失うことで、忘れていた優しさを取り戻したのでしょうか。しかし暴力性はかつてのままです。

地面を叩きつけるシャーロット・リンリン、そして地面が割れてヒョウ吾郎とルフィは土俵の外に飛ばされます。

ここで、ヒョウ吾郎の首輪の音が鳴り始めました。あわや、ここまでなのでしょうか・・・

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「畜生!!死なせるか、死ぬもんか!!外れろ!!!」

ルフィはヒョウ吾郎の首輪を必死に外そうと試みます。

その瞬間、武装色の覇気で塗り固められたルフィの手が、ヒョウ吾郎の首輪を外したのでした!!

この光景には見覚えがありますね。シャボンディ諸島での人間オークションでレイリーが爆発する首輪を外した光景とダブります。

「首輪が取れたジジー!!何した!?俺!!やったー!!!」

無邪気に喜ぶルフィですが、ヒョウ吾郎は何やら思うところがあるようです。

(コリャ驚いた・・・今のは・・・!!)

「よし逃げるぞジジー!」

走りだすルフィですが、ヒョウ吾郎は動きません。

「麦わらの人!!今の感触忘れぬうちに!!俺を守ってくれ!!」

この土壇場でヒョウ吾郎が発した言葉の意味とは!?

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「窮地にこそ!!力は開花する!!!」

「バカか!!今修業!!?俺が失敗したら!!お前死ぬんだからな!!!」

「承知の上!!」

なんと、この場で再びシャーロット・リンリン相手に修業を開始するのでした!!!

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

「来い、四皇!!!」

果たしてルフィの武装色の覇気は覚醒するのでしょうか!?

 

『ワンピース』ネタバレ946-947話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」946話より引用

今週は兎丼メインのお話でしたね。

ルフィを救うつもりで連れてきたシャーロット・リンリンですが、ルフィの前に立ちはだかることに・・・

しかしそんな状況で、ルフィはレイリーが使っていた覇気を開花させたのです。

クイーンも倒れて外部との通信も遮断され、雷ぞうが鍵を入手しているこの状況は、打倒カイドウのための仲間を集めるチャンスです!

ルフィには次回も頑張ってもらいたいところですね!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です