最新ネタバレ『ワンピース』971-972話!光月おでん男を見せる

スポンサーリンク

一人で屈辱に耐えていた光月おでんでしたが、

それはすべて戦力を整えるための時間稼ぎでした。

 

カイドウをあと一歩まで追い込んだのですが、

マネマネの実の能力者に騙されて敗北して処刑をが決まってしまったのです。

それでは第970話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』971話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

それでは『ワンピース』971話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

待ち続ける者たち

城では光月おでんを信じて妻のトキ、

モモの助と日和兄妹は待っていました。

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

偉大でこの国を背負って立つ男を。

その息子のモモの助が狙われるのもその偉大な父親を疎ましく思う者がいるからだと気丈に話します。

…父の処刑という事実を知りながらなお光月トキは平静を貫きます。

 

スポンサーリンク

釜茹での刑

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

…ですが敗北して捕縛されていたおでんと赤鞘九人男の釜茹でによる公開処刑が始まろうとしていました。

100℃までしか上がらない水ではなく種類のよっては300℃を越える油で煮るという処刑方法は、足を滑らせた落ちた処刑人は引火してもがき苦しんで亡くなってしまいました。

 

スポンサーリンク

おでんの侠気

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

おでんは十人全員で入って相手の決めた時間を耐えきった者がいたら解放してくれて頼みます。

それを聞いたカイドウは一時間耐えろと言い放ちます。

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

それを聞いたおでんは釜に入り家臣たちを橋板に乗せて担ぎ上げます。

身長3m前後の巨漢九人を担ぎ上げるだけでも困難だというのに煮えたぎる油に入って一時間も耐えるのだというのです。

 

スポンサーリンク

黒炭オロチの目的

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

一人無関係だと解放されたしのぶ、こんな姿を見せているおでんをバカ殿と罵った者に掴みかかります。

それは黒炭オロチがワノ国の将軍の地位に上り詰めた理由は、復讐のためにこの国を滅ぼすためだというのです。

将軍の地位を手に入れようとして反逆者としてお家取り潰しとなった後も〝正義の味方〟追い回されて親族は殺されて、

オロチ自身も血縁者だという理由だけで追い回された復讐のためにカイドウに国を売り渡していたのです。

 

スポンサーリンク

裸踊りの真実

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

おでんは貢物としてカイドウに引き渡される人たちの命を助けるために謝罪の意味を込めて裸踊りをするという提案を国を巻き込む戦争になることを良しとしなかったおでんはのみました。

建造中の船が完成してカイドウが旅立つ五年の間耐えきるという約束は反故にされてヒョウ五郎の妻を殺されたことで我慢の限界を超えてしまいます。

そして五年という時間はカイドウの戦力を整えるために使われていたのです。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ971-972話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

本来の釜茹では沸騰した熱で長く苦しめるものだそうです。

油を使ったものは釜炒りという別の呼び名が着きます。

天ぷら油などの引火点は種類にもよりますが350〜390℃だそうです。

身体を構成するタンパク質は50℃を超えるとゆで卵のように凝固を初めてもとに戻ることはありません。

尾田栄一郎「ワンピース」971話より引用

光月おでんが家臣たちのために自らに課したものは…懐かしの男塾名物の合わせ技のようなものです。

200kgの吊り天井を常時支え続ける獄悔房と、

煮えたぎる油に火のついたロウソク紙の船に浮かべて微動だにしない油風呂というものがありました。

おでんはそれらを上回る苦行を1時間耐えきって家臣たちを開放したわけですが。

その後で九里のおでん城は焼き討ちあったのですから浮かばれません。

このあとでおでん城に戻ってトキトキの実で20年後の未来、

現代に送られた者と野に下って生き延びた者たちがいたのです。

 

ワノ国の過去もクライマックスへと突入しました。

過去の事実である以上、光月おでんはここで死ぬこととなります。

その無念をは晴らすために赤鞘九人男は長いトキを耐え抜いて来たのです。

 

次回をお楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です