最新ネタバレ『ワンピース』975-976話Ver2!考察!策士 錦えもん

スポンサーリンク

四皇カイドウとオロチを討つべくワの国に到着した麦わらの一行。

カイドウとオロチに気づかれないようにワの国にて仲間を集います。

そして光月家の帰りを待ち続けていたワの国の屈強な侍達を味方にしますが必要以上に怯えるオロチに錦えもん達は作戦を阻まれます。

錦えもん達は作戦を練り直し元君主康イエの犠牲もあり密かに決行の段取りを変更します。

そして残った赤鞘の侍達、投獄されていたヒョウゴロウ親分や光月の屈強な侍達が集いそれぞれに討ち入りを果たす日、港では誰も見当たらない上に大シケです。

計画がバレたとはいえ決行しようとする錦えもん達ですが内通者を疑います。

するとカン十郎がその内通者は俺だと突然告白します。

ショックを受ける錦えもん達は何故だと迫るとカン十郎は黒炭カン十郎だと名乗ります。

それで分かると言いオロチに常に報告していた事を告げます。

オロチの命令でモモの助を攫ってこいと言われたカン十郎はモモの助を連れさろうとしますがルフィ達が遅れて到着します。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』975話!のネタバレ

それでは『ワンピース』975話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

船長3人

何故ルフィがここにと驚くカン十郎。

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

船を襲ったようだがサニー号をなめるな、ちょっと修繕していたとフランキーとウソップは言い、

ルフィはちょっと聞いていた状況は違うけどとりあえずあの戦艦を壊していいかと言います。

その状況を見たゾロやサンジも異変を感じナミはなんかトラブル?と聞きます。

作戦が漏れていたと頭を下げる錦えもんは何がどうなっているのかも俺たちも分からないと言います。

オロチの命令で港にあった船は全て沈めた。

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

仲間がこないのはそのせいだと笑い、反逆者は明日から皆殺しだねぇ、その上カイドウとビッグマムの四皇同士が同盟を結んだ宴をやっている、助けに来たのは小さい船3隻のみで、しかも一度捕まった小物達だとオロチの部下は笑います。

舐めやがってお前ら下がってろと言うルフィに、ローはお前が下がれと言い、キッドは邪魔するなと一斉に攻撃します。

大した事ないと言うオロチの部下は船長3人の攻撃を受け大破します。

 

スポンサーリンク

狂死郎登場

慌てるオロチの部下達の元へ困ってそうだな、お前達と狂死郎一家が登場します。

助かったと湧くオロチの部下は狂死郎にオロチ様の命令で敵の船を沈めりゃいいと伝え、狂死郎は分かった敵の船を沈めればいいんだなとオロチの部下の船を切ります。

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

こっちは敵じゃねぇと騒ぐオロチ兵。

狂死郎は赤鞘のお侍さん達、拙者は花の都のヤクザ者 居眠り狂死郎と申す、狂死郎一家200人、あんた方の討ち入りに助太刀いたすと表明します。

 

スポンサーリンク

千二百人

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

光月には義理も恩も計り知れずと狂死郎。

特に錦さん、40年前に起きた山の神事件と狂死郎は話し出します。

錦えもんはそれを知るのはもはやただ1人、傳ジローかと叫びます。

いかにもと言う狂死郎はすぐにでも名乗り出たかったが万が一の事を考え名乗り出なかった。

もし名乗り出ていたら内通者からオロチに伝わりオロチに殺されていた。

名乗り出ずオロチの信用を勝ち得た為に羅刹町の牢屋敷を解放する事が出来た。

しめて千200人を足してくれと言います。

 

スポンサーリンク

頭キレる錦えもん

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

盛り上がる錦えもん達に狂死郎はさすが錦さん、頭がキレると言います。

康イエが残した判じ絵は刃武港を表すハブの腹に線2本、線は文字抜きを意味する。

はぶみなとを中抜けすれば誰でもハトと読める為に皆には線2本とだけ伝えた。

しかし内通者に気づいたアンタは仲間の前であえてトカゲ港と読み違えてみせた。

結果、内通者はオロチにトカゲ港と伝えた。

えっと驚くカン十郎にお前達が壊した船は要らぬ船だと言います。

 

スポンサーリンク

討ち入り作戦は狂いなく

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

集まった軍勢4200人は作戦を実行すべく刃武港の波止に身を隠し、この刻を迎えたと狂死郎。

じゃあ皆無事で、と錦えもん達の目に移るのはおでん様の伝説の死を忘れてねぇ、共に行くぞ赤鞘の侍達、準備は万端だと言う仲間達。

鬼ヶ島討ち入り作戦は何一つ狂ってねぇ。

合わせて5400、さあ行こうぞ鬼ヶ島へと狂死郎は叫びさすがリーダーだ尊敬すると言います

それを聞いた錦えもんはトカゲじゃなくてハトて読むのかと思っています。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ975-976話のまとめ

一旦は絶望しかけた錦えもんや赤鞘の侍達。

その上、仲間であったカン十郎が内通者だと告げオロチに情報を送っていた事が分かります。

モモの助を奪われオロチに届けるというカン十郎にどうする事も出来ない錦えもん。

そこへルフィ、ロー、キッドの一味が現れます。

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

異変に気付くルフィ達に錦えもんは頭を下げ、内通者がいて情報が漏れたと頭を下げます。

小物が来たと舐めるオロチの部下にルフィ、ロー、キッドは一斉に攻撃します。

ヤバイと狼狽るオロチ兵に困っているようだなとヤクザの親分 居眠り狂死郎が現れます。

敵の船を沈めればお終いと聞いた狂死郎はオロチ兵の船を切り裂きます。

そして、錦えもん達に討ち入りに助太刀いたすと表明します。

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

理由を話す狂死郎に錦えもんは、赤鞘の侍であった傳ジローだと気がつきます。

狂死郎は万が一の事を考え名乗り出ずいたがそのおかげでオロチの信用を得ることができ羅刹町の牢屋敷も解放出来たと伝えます。

そしてカン十郎、内通者に向けて尊敬するリーダー錦えもんが康イエの判じ絵を仲間の前であえて間違えた事により内通者がその間違いのままオロチに伝えている。

集まった4200の侍は錦えもんのおかげで波止から作戦を実行できこの刻を迎えた。

尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用

さあ行こうぞ、鬼ヶ島へ!と叫びます。

狂死郎が傳ジローだと判明し、総勢5400になった討ち入り軍ですが、錦えもんは読み間違えただけのようですね。

ただ運は味方につけています。

膨れ上がった戦力ですがカイドウとビッグマムの同盟にオロチとかなり強敵です。

強いと言われる侍達がどんな強さを見せるのか、サンジや閻魔を手にしたゾロの強さ、ルフィ、ロー、キッドの最悪の世代の船長達は手を組み四皇を倒すのか?

そしてカン十郎はどう動いていくのか。

次話を楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です