最新ネタバレ『ワンピース』979-980話Ver2!考察!おしるこ

スポンサーリンク

ルフィ、ロー、キッドが間に合いオロチの懐刀である居眠り狂死郎が傳ジローだと分かり戦力がました錦えもん達。

そこへ麦わらの一味には元七武海、海峡のジンベイが加わり全員揃いました。

そして到着し見えてきた鬼ヶ島。

これだけの船があるとすぐ見つかると上陸するとともに錦えもんは船を沈めます。

帰りの船など要らない。

侍の本気をみたとブルックは言い一切の迷いなしと侍達も言います。

錦えもんも錦ちゃん呉服店という技を出しオロチ兵に紛れ決戦の城まで力を残せと言います。

その一方カイドウ側では宴が始まり大番頭Queenのコールアンドレスポンスで盛り上がります。

生意気と聞きうるさいなと言うのはササキ、X-ドレーク、うるティ、ページワン、フーズフー、ブラックマリアの飛び六砲。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』979話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

それでは『ワンピース』979話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

油断

遂に鬼ヶ島に討ち入った錦衛門一行。

オロチは完璧に油断しています。

何故なら内通者のカン十郎の報告により錦えもんや赤鞘達の動きを完全に把握し、不穏な動きを完璧に封じ込め、侍達の報復を抑えこんだオロチはもう光月家の亡霊に怯える事はないからです。

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

ですが鬼ヶ島では東軍は錦えもん、南軍ら傳ジローがそれぞれ率い、その数は5千人を超えます。

そして、ローの潜水艇では赤鞘の侍達が海底よりオロチの城を目指します。

一方、モモの助を人質に取りオロチの元へ行ったカン十郎は錦えもんの予想通り辿りついていません。

はじめてきた道だ、こんなに入り組んでいるとはと驚くカン十郎はどうしたらオロチの元へ行けると呟きます。

 

スポンサーリンク

騒ぎと迷子

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

宴は続き、錦えもん達に気づいていない敵。

進軍した錦えもん達より遅れて麦わらの一味が出発します。

フランキーはすぐ追いつくとサニー号からクロサイとブラキオタンク5号とニューマシンを出します。

すごいと驚く一行にフランキーはルフィはどこ行ったと聞きます。

キッドが堂々と正面から入っていったからルフィは錦えもん達の作戦も知らないで、俺があいつら止めてくるとジンベイが言うとそれを聞いたナミやウソップ達は絶対余計に大騒ぎになるじゃんと突っ込みます。

しかし、そうゆうてゾロがルフィじゃ騒ぎがでかくなる、俺が止めてくるとジンベイが言うとまたもやそれって絶対迷子になるやつじゃんと突っ込みます。

あんなアホほっといてとランデブーといいブラキオタンク5号に乗ろうとするサンジ、中のウソップは満員ですと断ります。

女性陣が乗っており悔しがるサンジ。

一方、クロサイに乗ったフランキーは後ろに乗っていくかいとロビン達に話しかけます。

じゃお願いしますとブルックが乗り、普通は女だろと突っ込まれます。

そして、チョッパー司令官、島の後方で落ち合おう、そこでドッキングだ、武運を祈ると叫びます。

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

残ったジンベイとロビン、ジンベイは相変わらず賑やかだと笑い、初陣役に立ちたいとロビンと歩き出します。

 

スポンサーリンク

カイドウの息子

おう、お前らとカイドウが飛び六砲の前に姿を出します。

お久しぶりんすと騒ぐ飛び六砲に飲んでるかと聞くカイドウ、雑魚とじゃないアンタと飲みたいと言います。

まあ色々あって遅くなったと言うカイドウ、俺はお前らは呼んでないと言います。

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

じゃあ、誰にと言っているところに、俺だと百獣海賊団の大看板キングが現れます。

俺の名前だと来ないやつがいるからカイドウさんの名前を使ったと言います。

そして、今しがた起きた事件にこいつらの力が必要ではと言います。

確かにとカイドウ、パオフォンに今日のスケジュールを確認させます。

この後、大看板3人とフクロクジュの乾杯、オロチ、カイドウのお言葉、そしてカイドウとビッグマムによる世界最強の海賊同盟宣言、最後にカイドウによる重大発表だと確認します。

浅ましいと言う飛び六砲に先に言うと混乱するとカイドウは言い重大発表には息子のヤマトが絡んでいるから飛び六砲に連れ戻すように指示します。

見返りに大看板をかけた挑戦権を出すと言うカイドウに飛び六砲は異論なしと承諾します。

 

スポンサーリンク

ルフィ沸点

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

一方、錦えもんの作戦が分かってないとキッドを止めに出たルフィは宴の中にいます。

何処にいるギザ男と探すルフィ、宴の料理にこれまた美味そうなのがこんなにと言っているとおしるこが入った樽が飛んできます。

なんだこれ、酒の席にと怒号がとび、作りすぎて回ってきたらしい、捨てちまえ、おこぼれ町にぶちまけたらいい、喜んですするぞと笑い声が響きます。

ルフィの頭の中にはおしるこを食べて喜ぶお玉の顔、目つきが変わり怒ります。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ979-980話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

カン十郎はモモの助を人質にオロチの元へ向かいましたが、錦えもんの予想通りにまだオロチの元には辿りついていません。

カン十郎と言う内通者からの情報により完璧な作戦、完璧な行動で光月家から解き放たれたオロチは油断しきっています。

そんな中で鬼ヶ島に到着し錦えもん率いる東軍、傳ジロー率いる南軍の総勢5千、ローの潜水艇で向かう赤鞘の侍達はオロチの城を目指します。

少し遅れた麦わらの一味も直ぐに追いつくとフランキーはサニー号からクロサイとブラキオタンク5号を出します。

そしてルフィはと聞くフランキーにジンベイはキッドが正面から行った、錦えもんの作戦がわかってない、止めてくると言い、先にと言えばそれ絶対に大騒ぎになるやつと突っ込まれます。

その大騒ぎにならない為に俺がとゾロが追ったと言えば、それ絶対迷子になるやつとジンベイは突っ込まれます。

アホはほっといてとブラキオタンク5号に乗り込もうとするサンジに女性陣が乗っていて無理とウソップは答えます。

そしてフランキーはクロサイにブルックを乗せ島の後方で合体しようチョッパー司令官とそれぞれ錦えもんと傳ジローを追いかけます。

残されたジンベイとロビンは歩いていきジンベイは初陣の役に立ちたいと言います。

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

その頃、カイドウはいなくなった息子、ヤマトを探し出す事を飛び六砲に命じます。

大看板の挑戦権を出すと言われ快く快諾する飛び六砲。

一方、ルフィはオロチの宴でキッドを探します

そこへ突然おしるこが飛んできます。

酒のつまみにならない、おこぼれ町にぶちまけたらいい、喜んですするぞと笑います。

尾田栄一郎「ワンピース」979話より引用

お玉を思い出すルフィ、怒りで目つきが変わります。

とうとう鬼ヶ島に討ち入りをすべく上陸した錦えもん達ですがいきなりおしるこを見たルフィ大暴れの予感がします。

そして、カイドウの息子ヤマトに関わる重大発表とは何なのか、とても気になります。

次話で急展開を迎えるのか楽しみに待ちたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です