最新ネタバレ『ワンピース』991-992話!考察!赤鞘たちの決意!

スポンサーリンク

前回のワノ国編は、ビッグ・マムを一時的に退けた麦わら一味は、各地で百獣海賊団と幹部たちとの戦いを始めました。

ディエス・ドレークは海軍のスパイとして百獣海賊団に潜入していました。

そのスパイ活動が発覚したドレークは自分が生き残るために、麦わらのルフィに手を組もうと提案してきました。

それでは第991話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』991話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」991話より引用

それでは『ワンピース』991話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ドレークの提案

尾田栄一郎「ワンピース」991話より引用

大宴会場では幹部之ディエス・ドレークがナンバーズを攻撃したことで、どよめきが広がります。

ドレークは部下のコビーが信じるモンキー・D・ルフィに手を組みたいと申し出ますが。

ロロノア・ゾロは百獣のカイドウ傘下に入ったドレークの身勝手さに怒って斬りかかります。

ルフィ一人だけがドレークの提案に賛成して手を組むと言いますが、フランキーと海侠のジンベエも反対します。

そこにスピノサウルスに変身したページワンとうるティが侍たちを蹴散らしながらルフィに向かってきたのです。

 

スポンサーリンク

古代巨人族とアプー

ページワンはウソップの〝必殺緑星〟で足止めします。

ナミに隠れてウソップは挑発したためにナミに叩かれてしまいます。

ですがナミはうるティにかかってきなさいと言いながらも逃げ出してしまいました。

結果的に飛び六胞の二人を釘付けにしたことでルフィはカイドウに向って走り出します。

ですがそこにスクラッチメン・アプーの〝斬〟が来ることを予測して耳をふさぎます。

尾田栄一郎「ワンピース」991話より引用

アプーはナンバーズの四鬼、五鬼、十鬼がすでに倒されていることに嘆き悲しみます。

ですが連れていた八茶は倒された四鬼を担ぎ上げて投げつけようとしていたのです。

ジンベエはその八茶がフランキー将軍を気に入っていることを見抜いて外に誘導させました。

 

スポンサーリンク

クイーンの弾丸

ゾロはドレークがカイドウとの敵対意外にも立場を隠していることを感じて手を組むことを反対していました。

ですがナンバーズを起こそうとしていたアプーが嫌いだということに意気投合して共闘成立してしまいます。

尾田栄一郎「ワンピース」991話より引用

ですがそこに大看板、疫災のクイーンはその場をガトリングガンでの機銃掃射を仕掛けます。

ドレークは一度はクイーンの攻撃をそんなものと侮蔑しますが、

その弾丸を覚えがありました。

 

スポンサーリンク

驚異の〝月の獅子〟

マンモスの牙を折られた早害のジャックの前にカイドウは前に出ます。

月の獅子と化したネコマムシとイヌアラシに敗れたジャックをかばったのです。

月の獅子となったミンク族たちによってカイドウの部下は壊滅しました、

ですが大半のミンク族を戦闘不能に追い込んだ痛み分けというかたちになっていました。

尾田栄一郎「ワンピース」991話より引用

カイドウは生きのあるミンク族を焼き払うために高熱の吐息〝熱息〟を放ちますが、

錦えもんはその吐息を切り裂いてカイドウどの決戦の幕が上がります。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ991-992話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」991話より引用

ディエス・ドレークの手を組みたいという提案を信じる者はルフィくらいだと思います。

海軍のスパイだという素性を明かしたところで信用を得られないからいえずにより疑われるのは当然です。

ルフィがドレークを信じたのは本質を見抜いているわけではないのですね。

麦わらの一味で最も経験豊富なジンベエはブレーキ役なのですね、

今回は不発ですが。

 

ナンバーズの戦闘力は驚異的なのですが、

弱点はその知能の低さのせいでコントロールできないようです。

 

クイーンの弾丸はドレークが知るもののようです、

あの反応からかなり危険なものなのは確実です。

海楼石の弾丸でしょうか?

ワノ国はたいへん硬い海楼石を加工する技術かあるのですから。

非能力者にも硬い弾丸は驚異的です。

尾田栄一郎「ワンピース」991話より引用

月の獅子の力は絶大ですが、

それだけではカイドウは勝てません。  

決戦が始まります。

 

ワンピースの連載は今年一杯コロナ体制として3週2本、

もしくは4週3本などのペーストを落とした掲載となります。

次回をお楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です