最新ネタバレ『ワンピース』994-995話!考察!氷の鬼ごっこ!!

スポンサーリンク

前回のワノ国編は、カイドウの元に急ぐルフィとサンジの前に、百獣海賊団真打ちのブリスコラが立ちはだかります。

疫災のクイーンの作った特殊な疫災弾「氷鬼」に撃たれた者は、鬼となって周りの人間を襲い始めます。

そのカイドウは、赤鞘の侍の猛攻おでん二刀流「桃源十拳」でも仕留めることはできません。

それでは第994話の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』994話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

それでは『ワンピース』994話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

カイドウの信念

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

竜と化した百獣のカイドウが発生させたかまいたちは菊の丞の左腕を切り落としてしまいます。

そのかまいたちは敵味方関係なく猛威をふるい、

ネコマムシは部下のミンク族を下がらせました。

菊の丞は傷口を錦えもんの〝狐火〟で焼いて止血して戦線復帰します。

カイドウその即座に覚悟を決める侍を好きだと語ります。

それは死は人の完成だというカイドウの信念に近い生き方をしていたからでした。

 

スポンサーリンク

生え方

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

錦えもんのもとに駆けつけようとするルフィは、未だ鬼ヶ島の城内1階を走っています。

そこに2人の真打ちが立ちはだかります。

キリンの首と背中がつながっているようなハムレットと、

ニワトリの尾の辺りから上半身が生えているようなフォートリクスはサンジとジンベエに一撃で倒されてしまいます。

 

スポンサーリンク

悪魔の疫災弾

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

ライブフロアでは最高幹部大看板、疫災のクイーンがばら撒いた疫災弾に被弾した者たちは、体が凍りついて鬼となっていきます。

鬼に噛まれた者の凍結も始まりって鬼となっていきました。

それは人造悪魔の実SMILEに失敗して笑い以外の感情表現を奪われたプレジャーズまで鬼にされていったのです。

鬼なりたくないと自決までしようとする者まで出る地獄絵図が繰り広がれています。

医師のトニートニーチョッパーでも、戦闘中に薬を作って増えていく氷鬼を治療することは不可能でした。

チョッパーの見立てでも、凶暴化した者たちの体は耐えられないと危惧したとおりに一時間しか持たず、

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

その抗体をドン引きしていた部下のスクラッチメン・アプーに渡して、敵味方から追わせる形にします。

 

スポンサーリンク

ヤマトの決意

鬼ヶ島ドーム内の右脳塔では大幹部飛び六胞ササキが光月モモの助を追い詰めていました。

ケガをしたしのぶに代わってカイドウの〝息子〟ヤマトが立ちはだかります。

20年前の光月おでん処刑を見ていたヤマトはしのぶ言葉とおでんの生き様に泣いてモモの助を助けようと九里まで走ったものの、

カイドウに落とされそうになったモモの助を見てることしかできなかった己の無力さに打ちひしがれていたのです。

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

ですが、今はモモの助のためにその命を捨てる!と宣言します。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ994-995話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

人は死によって完成する、

それが百獣のカイドウの破滅願望の原点なのでしょう。

それが光月おでんに対する特別な思いと、世界政府に対する全面戦争につながるのでしょう。

戦力強化はしていてもその戦争に百獣海賊団の勝ち目は見えてきません。

 

人造悪魔の実、SMILE。

その力はどこか歪みを感じます。

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

腹からライオンの頭が生えているホールデムがまだマシに見えるほど、ハムレットとフォートリクスは日常生活に支障をきたしていそうな姿です。

笑うことしかできないプレジャーズも悲劇的ですが、

百獣海賊団は成り上がることはできても幸せにはなれそうにありません。

 

疫災のクイーン、その名のとおりに疫病を操るのですね。

仲間を巻き込むだけではなく、

スクラッチメン・アプーにわざわざ抗体をもたせるという趣向も最悪な感性の持ち主ですね。

尾田栄一郎「ワンピース」994話より引用

ヤマトの光月おでんに対する憧れはミーハー的なものではないようです。

モモの助のためになら死ねるという宣言はプロポーズに近い発言です。

二人でワノ国の未来を担うのでしょう。

そのためにもこの戦いを生き残らないといけません。

 

次号は休載となります。

50号に掲載予定です。

 

次回をお楽しみに。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です