最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』187話!考察!エンデヴァーVS脳無!!新たな強敵の目的とは?!

ホークスと共に九州で脳無の情報を整理していたエンデヴァー。

ホークスの持つヒーローとしての感情に、また引退したオールマイトの言葉に少しずつ、これまで持っていた考えに変化が生まれていました。

ファンや周りの意見に耳を傾け始めたエンデヴァーの前に突如現れた黒い脳無!!

第1位のエンデヴァーと2位のホークスが揃っているとはいえ、住民のいる場所でどれだけ守る事ができるのでしょうか。

新たな戦いの幕開けから目が離せません!

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』187話!のネタバレ

今回はエンデヴァーの家族が登場します。

もともとエンデヴァーは家族を省みる事はなく、とても冷徹なイメージでした。

息子である“轟 焦凍(とどろき しょうと)”との亀裂はもちろん、轟家の長女・冬美や長男の夏雄もエンデヴァーの事を良く思っていませんでした。

入院中の母親“轟 冷”の元を訪れた冬美と夏雄は母親の体を気遣い、焦凍の話しに花が咲いています。

マメな性格の焦凍は、母親に頻繁に手紙を書いていたのです。

やっぱり彼の優しさは魅力的ですね。

仮免候補に落ちてしまったとはいえ、他のメンバーに追いつくための頑張りや真面目さは好感が持てます。

そんな焦凍のマメさに、母親の嬉しそうな姿を見ると、ヒーローの家族である前に普通の家庭なんだなぁ、と感じますね。

けれどもそんな家族の溝でもあるエンデヴァーがNo1に正式に選ばれた事で、夏雄は納得がいかないようです。

「どうなろうと他人感覚」と言い放つ、夏雄の言葉にいかに轟家の闇が深いのか、わかりますね。

10年もの間、刻まれ続けた溝ですが、母親の冷はエンデヴァーに変化があった事を知っていたのです。

会ってはいないけれど、自分が好きだと言った花を持って冷のお見舞いに来ていたエンデヴァー。

本心は分からないけれど、これまでの自分と向き合おうとするエンデヴァーを受け止める冷は、きっと心の底から優しく愛に溢れた人なのでしょう。

そんな妻の心を知ってか知らずか、No1の宣言として「俺をみていてくれ」と言ったエンデヴァーは、家族にも伝えたい事があったのかも知れませんね。

これからどんな変化を遂げていくのか、その家族模様にもしっかり目を向けたいと思います。

 

黒い脳無との決戦!白と黒の違いとは?!No1の戦い!!

言葉を発する黒い脳無がエンデヴァーの前に立ちはだかります。

火炎を噴射させて、空を飛んでいるエンデヴァーを見てホークスが驚いていますね。

ですが、エンデヴァーは飛べるのではなく、落ちないように浮いているようです。

エンデヴァーの強烈な火炎を喰らっても、ものともしない脳無はたどたどしく、カタコトですが話す事ができました。

しかも焼けた部分は少しずつ再生してしまうのです。

この個性を<強個性>と呼び、滅多にいないレアな存在だという事が分かりますね。

脳無と向き合いながらその個性を見極めていくエンデヴァー。

再生の個性を持つ脳無は、以前、雄英にも現れ、保須に出た脳無にも備わっていたのです。

この再生の能力は黒い脳無しか持っておらず、白い脳無には無かったそうですよ。

脳無の中でもランクがあるのでしょうか。

…こうやってみると、脳無出てき過ぎですね!

エンデヴァーの見解はこうでした。

脳無の中でも黒は特別性!

そして、黒の中でも今回の脳無はさらに特別だから、話す事が出来る、というものです。

この脳無の言葉を聞いていると、最初から強い相手を探しているように見えますね。

そんな脳無を生け捕りにしようと考えたエンデヴァー!!

No1の力が特別な脳無にどのくらい通用するのか、楽しみです。

 

スポンサーリンク

脳無と力比べ!エンデヴァーを超える力とホークスの参戦!!

ヘルスパイダーで脳無を生け捕りにしようと考えたエンデヴァーですが、脳無は攻撃を喰らいながらも突っ込んできたのです。

痛みを感じないのでしょうか?!

それとも恐怖がないのでしょうか?!

エンデヴァーを捉えた脳無の腕?はビルを突き抜け、反対側まで押し通します。

エンデヴァーは脳無を炭化させようと燃やし続けますが、炭化させた傍から新たな腕が伸びてきて、エンデヴァーを離しません。

そしてそのままビルを真横に崩しながら、脳無の攻撃は続くのです。

逆噴射で対抗するエンデヴァーでしたが、パワーもスピードも脳無の方が勝っていたのです。

ビルの中にはまだ事態を知らない一般人がたくさん残っていました。

崩れ落ちそうなビルを前に他のヒーローも駆けつけようとしています。

下は大通り、ビルの中にもたくさんの一般人が残っているため、大参事が起きるかと思われました…が!

そこに居たのはNo2のホークス!!

普段のひょうひょうとした態度とは別人のヒーローの顔つきで、次々に一般人を助けていくのです。

その名も“個性・剛翼”!!

思いのままに操れる固くしなやかな羽が、被害部分に居た一般人を支え、助け出しました。

被害部分には76人もの人がいたのですが、一瞬で全員の避難を終わらせたホークス!

やはりこの人もさすが、としか言いようがないですね。

すかざずエンデヴァーの応援に向かうホークスはあっという間に、いつものひょうひょうとした態度に戻っています。

きっとエンデヴァーの力を信じているからこそ、できる態度なんでしょうね。

 

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』ネタバレ187話のまとめ

一般人の避難を終え、舞台には脳無と現役ヒーローだけになりました。

ここからどんな戦いが始まるのでしょうか。

この黒い脳無の正体も目的もまだはっきりとしていない中で、ヒーローNo1とNo2がどんな展開を見せてくれるのか、期待してしまいますね。

再生する脳無の首や腕を吹き飛ばしたエンデヴァー!

まだまだこれから、という表情がかっこよくて、つい力が入ってしまいます。

こんな状況でも、面白さを感じている脳無の不気味さ…。

ぜひ現役ヒーロー達の貫禄を魅せつけて欲しいものですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください