最新ネタバレ『呪術廻戦』SP番外編!考察!まさかの水着回!?

スポンサーリンク

前回は、虎杖&東堂vs真人の加速度MAXの戦闘をお届けしました!

真人からしても相手にしづらい東堂は、分身体や改造人間により分断される結果となりましたが、そこは1級呪術師としての力を見せつけてくれることとなりました。

虎杖にしても、メンタル面での復活は果たしたとはいえ体のダメージは相当なもので、真人に対してどこまで戦えるかといった所でしたが、不安なんて何のその、互角の戦いができるほどでした!

そして、分断された東堂も合流し、いよいよ最終局面かと思われた今回は…本編はお休み!

アニメ化記念のSP番外編となります!!

ダークな雰囲気やかっこいいバトルとは少し違った呪術廻戦のキャラクターたちを楽しんでいきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』SP番外編!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

それでは『呪術廻戦』SP番外編!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

メタメタのネタ!

番外編は五条先生と虎杖、伏黒、釘崎の一年ズでお送りします!

芥見先生も仰ってますが、決して本編の原稿を仕上げるための引き延ばしでも休載でもありません!

「SP回だから普段できないことをしまくろう!」

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

ということで、いつもは制服ばかりなので釘崎をモデルにして普段着を着せてみたり、五条先生の顔を髪の部分、目、鼻から下の三等分にして大胆なコマ割りをしてみたり、本編では使うことのないようなトーンを使ってみたりしています。

普段着はいいとして、五条先生のコマ割りは、五条先生が目隠しをしているのをいいことに、目の部分は完全に黒で潰したコマにしており、いつも目を隠しているにもかかわらず容疑者のような演出がされています。

また、トーンに関してもラーメンの器に描かれているような中華風のトーンを背景に張っているので、芥見先生の作画も相まってギャグ臭がすごいことになっています(笑)。

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

最後には「贅沢なページの使い方をしたり!!」と言って、ただ話しているだけなのに見開きで、それもなかなかに手の込んだ集中線、演出を使っています。

虎杖と釘崎が言っている「原稿料という概念をブチ壊せ!!」がなんともいえないシュールさに拍車をかけています。

しかし、伏黒は冷静に「メタネタは少年少女を置いてきぼりにしますよ」と突っ込みを入れてきます。

個人的には、小学生には原稿料とか難しいとは思いますが、最近の中学生オタクのみなさんにはウケるネタじゃないかなと思います(笑)

芥見先生的には、というより作者さん全ての代弁のようにも感じられますが、自虐のできるメタネタは楽なんだそうです。

最終的には、「番外編だし、単行本に入れなきゃ皆忘れるよ」と最低な発言を虎杖にさせてます。

この話が闇に葬られるのか、それとも単行本に収録されてしまうのかは編集さんの判断に委ねられました!

 

スポンサーリンク

まさかの水着回!!

4人での掛け合いパート(伏黒はほとんど参加していませんでしたが…)のお次は、気分を変えて場所移動!

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

ということで、まずは舞台をルーレットダーツで決めます。

ルーレットには「海」「雪原」「屋上」の三か所が書かれており、「どれも描くのが楽そうね」と釘崎も、そして読者の皆さんも口にしていることでしょう。

虎杖の投げたダーツが刺さったのは…サブタイトルにもあります通り「海」!

海と言えば水着回ということで、釘崎はやる気に満ち溢れています。

ちょうどページも変わるところで、計算しつくされたコマ割りが見受けられます。

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

期待の次ページ、見開きは…なんと水着の「東堂」が。

引き締められた肉体美を見せつけてきます!

 

スポンサーリンク

ネタ切れ

筋肉ネタに頼るのは釘崎の中ではネタ切れらしく、伏黒は「1個も出してなくないか?」と疑問を呈しますがスルーされます。

そして、ネタ切れの苦肉の策はジャスラックをどこまで煙に巻けるかということで、歌を歌います。

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

アニメ版のオープニングまたはエンディングを歌うのかと思いきや、歌ったのは「インストゥメンタル」。

これは、音楽用語で「歌のない楽曲、演奏」の意味があり、ある意味でジャスラックに勝負を挑んでいます(笑)。

3人が歌う中、なぜか五条先生だけ話から外れていました。

虎杖は「どうしたのか」と問いかけると、アニメ化を果たしたのに「勝手に声の設定を付けていいのか」といろいろと気を遣っているかのようなことを言います。

しかし、虎杖はその真意を見抜き、その言葉自体が「気遣うふりをしたコマ稼ぎ」と言い当てます。

バレてしまった五条は、いつも通りおちゃらけた雰囲気でみんなの輪に入り、「インストゥメンタル」を熱唱します。

 

スポンサーリンク

オマケ「くそ暇宿儺」

最後のページには、オマケで宿儺の日常が描かれていました。

4コマ漫画になっていますが、描かれているのは寝ている宿儺。

コマ外からは各シーンで虎杖が何かしているところです。

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

虎杖が高揚しているだけではほとんど反応していない宿儺が、叫び声を聞くと「そろそろ出番か?」といった具合に顔を上げました。

しかし、虎杖がまだいけそうなことが確認できると、「なんだ…」と呟いて再度床に伏してしまいました。

表に出てきていない宿儺は、虎杖の中ではかわいい感じでだらけているのでしょうか。

真相は芥見先生にしか分かりませんが、普段からこんな感じなら、今までに見てきた怖い宿儺も少しは印象が和らぐのでないでしょうか。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレSP番外編のまとめ

今週は、本編と違って完全なギャグ回となりました!

シリアスな雰囲気の多い呪術廻戦において、ここまでわちゃわちゃしたものは新鮮で、親しみも増してきます。

担当した一年ズも、釘崎の容態次第では今後見られない光景の可能性もあるので、そう思うと感慨深いものがあります。

ご期待の水着回も、期待を裏切らず(?)東堂の肉体美を披露して頂けました!笑

芥見下々「呪術廻戦」番外編より引用

次回は、お待ちかねの本編「渋谷事変」です!

アニメも漫画もあり、大変な芥見先生の筆休み回でもあったであろう今回ですが、普段は見られない一面を見ることができて新鮮な感じがしたのではないでしょうか。

それでは、次回からは普段通りのシリアスな呪術廻戦を楽しんでいきましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』129話!仲間外れの東堂!?・・

⇒『呪術廻戦』128話!黒閃の嵐!?ブラザーコンビの・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です