最新ネタバレ『呪術廻戦』113-114話!考察!伏黒親子対決!早くも決着!?

スポンサーリンク

前回の112話では、表層意識に出てきた宿儺が、特級呪霊・漏瑚に対して取引をしました。

今回は「宿儺vs漏瑚」の熱い対決が見られるのかと思いきや、場面は転換して伏黒サイドへ!

こちらも目を離すことができない親子対決です!

恵は父の存在に気付けるのでしょうか?

渋谷事変の運命を分けるかもしれない注目の一戦を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』113話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」113話より引用

それでは『呪術廻戦』113話の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

注目の親子対決!

陀昆との戦いによって相当な量の呪力を使っている恵。

対して、己の体力のみで戦う甚爾。

恵たちの周囲には狗巻のおかげで、邪魔な人も改造人間もいません。

恵は甚爾を倒すことに集中します。

甚爾を倒すイメージをしようとしますが、呪力を使わず身体能力のみで特級呪霊を圧倒した甚爾相手に勝つイメージが湧いていない様子の恵です。

恵は最初の一手として、からめ手の「脱兎」を召喚します。

その瞬間、宿儺の指の気配を感じましたが、気にせず「脱兎」により甚爾の視界を塞ぎます。

芥見下々「呪術廻戦」113話より引用

が、持ち前の戦闘センスが本能で出てきている甚爾は迷わず脱兎の壁に向かって、「游雲」による突きを放ちます。

ぎりぎりでその攻撃をかわした恵は「ある場所」に向かって走り出します。

素の運動能力で劣る恵が逃げる選択はありません。

呪力も無駄にできず、これ以降の渋谷駅での戦いを考えると式紙を犠牲にすることもできない恵は、短期決戦へと持ち込むために甚爾の攻撃をかわしながら駆けます。

 

スポンサーリンク

恵の向かう先とは!?

甚爾を「ある場所」に引き込もうとする恵ですが、場面が少し変わり家入硝子になります。

芥見下々「呪術廻戦」113話より引用

家入は五条にもできない、反転術式による治療ができる数少ない人物です。

渋谷駅での戦いで既に多くの怪我人が出ていますが、サイドテールの呪詛師に刺された伊地知やオガミ婆との戦いで意識不明だった猪野は家入の所に連れて来られ、一命をとりとめたようです。

呪術師側の生命線を担っている家入には学長自らが護衛としてついていました!

家入自身は学長の呪骸だけでもいいと言っていますが、家入の能力の貴重さから呪霊たちが狙ってくる可能性が高く、学長は護衛をすることを譲りませんでした。

さて、いきなり家入の所に場面が転換したのにもきちんと意味はあります。

芥見下々「呪術廻戦」113話より引用

恵が目指していた場所とは、家入に傷を治してもらうことを前提に甚爾と戦える場所でした。

その場所とは、甚爾の攻撃が恵に対して一直線になる場所、つまり左右を壁に囲まれた場所に行くことでした!

見事、恵の想定していた場所へ誘導は完了しました。

 

スポンサーリンク

恵の作戦は通用するのか?!

場所の移動までは恵の考えていた通りの場所にたどり着くことはできましたが、あとは甚爾の攻撃を見切り、反撃することができれば恵の勝利が見えてきます。

恵は最大に集中して甚爾の一撃を見切ろうとしますが、その思考の間を縫うように甚爾から最速の一撃が突き出されます!

芥見下々「呪術廻戦」113話より引用

恵の心臓に向かって突き出された「游雲」が恵の命を奪うかと思いきや、一瞬の隙に自身の影の部分を沈ませることで、甚爾の攻撃をそらすことに成功しました。

あくまで致命傷を避けただけで、恵の脇腹辺りを「游雲」は貫いていますが、この好機を逃す恵ではありません。

甚爾の左手をつかみ取り、倉庫代わりにも使っている自身の影から呪具を取り出した恵は、甚爾にその呪具を突き刺します!

完全に捉えたはずの甚爾でしたが、難なく恵の拘束を逃れて攻撃をかわしました。

無傷とまではいかなかったようですが、恵の決死の一撃はかすり傷程度に抑えられてしまいました。

 

スポンサーリンク

親子対決、ついに終結!!

本能のみで動いていた甚爾でしたが、恵からの一撃を受けたからか、それとも自身の才によって理性を取り戻したのかは分かりませんが、ここで甚爾の意識が戻りました!

生前には、実の息子の恵でさえも金に換えようとしていましたが、現在では愛情が芽生えているのか、一言、恵に対して質問をぶつけます。

芥見下々「呪術廻戦」113話より引用

「オマエ名前は」と。

恵は「伏黒……」と答えた瞬間、「禅院じゃねぇのか よかったな」と言い残して、甚爾は自身の頭を貫きました。

恵から見れば、急に話しかけてきた敵が名前を聞いて自殺したようなものです。

あっけない終わりと言えるのか、甚爾の親としての矜持が成せたものなのか。

なんとも言い難い決着となってしまいましたが、とりあえず恵は生き残ることができました。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ113-114話のまとめ

今回は、せっかくの親子対面なのに恵は父の顔が分からず、甚爾は理性を飛ばしている状態で、伏黒親子にとって言葉にできない対決でした。

芥見下々「呪術廻戦」113話より引用

最後の最後とはいえ、甚爾は理性を取り戻し、息子である恵が禅院家に引き取られずに「伏黒」の姓で生きていることを確認できたことは、唯一、報われたことだったのではないでしょうか。

恵は、父とは分からず戦い続けることとなってしまいましたが、果たして甚爾の正体を知る機会が訪れるのでしょうか?

理性を失っていたとはいえ、「術師殺し」の異名を持つ甚爾からの攻撃に耐え、生き残ることができた恵は、さらに強くなっていくことでしょう!

宿儺も出てきて、さらに加速していく呪術廻戦の次話を楽しみに待ちましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です