最新ネタバレ『呪術廻戦』115-116話!考察!圧倒的”力”!宿儺vs漏瑚

スポンサーリンク

楽に五条奪還の任を終えたい日下部の前に立ちはだかるは、夏油が配下の呪詛師集団!!

呪詛師たちからの申し出に応じるわけにはいかない日下部たちは、日下部&パンダvs呪詛師集団の構図になるかと思いきや、近くのビルから宿儺と漏瑚が飛び出してきました!

果たして、日下部たちと呪詛師たちの運命はどうなってしまうのでしょうか?!

また、宿儺との賭けをしている漏瑚は、宿儺に一撃を入れることができるのでしょうか?!

呪術廻戦115話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』115話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

それでは『呪術廻戦』115話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

圧倒的実力の宿儺!!

当然と言ってしまえばそこまでではありますが、宿儺と漏瑚の間には、とてつもない実力の差があるようです。

宿儺自体は、まだ指が全て揃っていないので完ぺきとは言えませんが、それでも特級呪術霊のなかでは上位に位置しているであろう漏瑚に反撃の隙も与えずに圧倒しています。

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

宿儺は単純な身体能力のみで戦っていますが、漏瑚が反撃しようと両手を構えると、一瞬の後に両手首から先を切断し攻撃を加えるほどの速さと、漏瑚に一撃で大量出血させるほどの攻撃力を備えています。

漏瑚自身も、己の実力を宿儺の指の数で換算すると「甘く見積もって8~9本分」と言っています。

十分に強いはずなのですが、既に10本以上の指を取り込んでいる宿儺の前では赤子同然のような扱いとなっています。

しかし、宿儺はこの戦いをまだ止める気はないようで、「俺が飽きるまで何度でも付き合うぞ?」と告げています。

さすがの漏瑚もここまでコケにされては反撃しないわけにもいかず、『極ノ番「隕」』という聞くからに奥義の一つのような技を放ちました!

 

スポンサーリンク

特級呪霊の戯れに巻き込まれる日下部たちは?

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

突然、特級呪霊である宿儺と漏瑚が戦い出しているのを見て、瞬間的に日下部&パンダは逃げる選択をします。

しかし、状況を正確に測れていない呪詛師の部下たち数人は、2人の行く手を阻むように回り込みました。

もちろん、114話にて日下部たちに傘下に下るように申し出ていた呪詛師たちの取りまとめである2人は状況を分かっているので、部下に逃走の指令を出そうとしますが、それよりも速く日下部の『シン・陰流「抜刀」』が呪詛師の部下たちを襲います。

こちらも日下部の読み通り呪詛師たちにそこまでの実力はなく、一瞬で片がついてしまいましたが、日下部が情けと言わんばかりに現在の自分たちの状況を、呪詛師側に伝えます。

暴れている宿儺たち特級呪霊を「象」に、自分たちを「蟻」に例えて、「蟻んこの上で象がタップダンスを踊っている」と表現しました。

なんとも独特のセンスを持っている日下部ですが、とても分かりやすく自分たちの置かれている状況を伝えることに成功しました。

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

が、逃げようとした所に宿儺が現れ、宿儺が「よし」と言うまで動いてはいけないと言うのです!

近くに来てさらに宿儺の力を感じている一同は全く動くことができず、宿儺の言葉に従うしかありません。

恐怖で体が硬直しているだけかもしれませんが……。

この時には既に、漏瑚の技は放たれた後であり、上空には巨大な隕石が降ってきています!

動くなと指示されている人間側にとっては、動かなくても隕石に潰され、動いても宿儺によって殺され、絶体絶命のピンチとなってしまいました!

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

隕石に焦点を合わせ、ローアングルから見上げているパースのコマで、パンダが「イタドリくぅ~ん?」と言っているのが、たまらなくシュールです。

 

スポンサーリンク

日下部たちの運命は?!極ノ番「隕」衝突!!

予想通りと言いますか、漏瑚の技である「隕」が衝突する寸前に、宿儺から「よし」の言葉が出ました!

それまで動けなかった日下部たちは、果たして逃げることができたのでしょうか?!

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

漏瑚もさすがに奥義らしき技を放っただけはあり、宿儺も無傷では済んでいないだろうと予想しましたが、すぐ隣から「当たればな」と言う宿儺がいました。

あれほどの大技を、それも日下部たちに合図を出すまでは自身もその場から動いていなかったはずにもかかわらず、「隕」の衝突よりも先に避けていたというのです!

あまりにも規格外すぎます!

そんな宿儺は、領域を展開しない漏瑚に疑問を持ち、なぜ領域の展開を行わないのかを問います。

漏瑚は実力差を分かっているからか、領域の押し合いでは勝てないためだと言いました。

それを負け犬根性が極まっていると言いますが、テンションの挙がっている宿儺は新たな余興を提案します。

それは、漏瑚の特異な土俵で戦おうというのです!

「■」「開(フーガ)」と謎の言葉なのか術式なのかを放ちます。

その直後に、宿儺の手には炎が纏われていました!

これまで、宿儺がさんざん漏瑚の腕を切断したり、様々なものを切り裂いていたりしたのを見てきた漏瑚は、宿儺の術式を「切断」や「斬撃」と判断していましたが、炎を纏うという完全に予想外な展開に付いていくことができません。

宿儺は、「呪霊だから知らぬか」と意味深な言葉をつぶやきますが、一体、宿儺の本当の力とは何なのでしょうか?

謎が深まるばかりです。

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

漏瑚と同じく炎を扱うようになった宿儺は、単純な火力勝負を持ち掛けます。

これまで、圧倒的な実力で押されていた漏瑚は、自分の最も得意とする炎の火力勝負で勝つことはできるのでしょうか?!

それとも、今まで通り、その圧倒的な実力で宿儺が飼ってしまうのでしょうか?!

勝負の行方は次回に持ち越されます。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ115-116話のまとめ

呪術高専組を苦しめるほどの実力を持っている漏瑚を、赤子の手をひねる様な感覚で圧倒していく宿儺!

その戯れに巻き込まれ、命の危機に瀕している日下部&パンダと呪詛師集団!

日下部たちの制止も気になるところではありますが、やはり注目すべきは宿儺が最後にはなった術式です!

芥見下々「呪術廻戦」115話より引用

最初の言葉は開示されなかったので不明ですが、「開」という言葉から何かを開けるような現象に近いのではないかと思われます。

相手に合わせるかのように炎を出したことからも、宿儺は呪術師や呪霊が持っている「火」「水」などの属性についての術式をそれぞれ変えて出すことができるのではないでしょうか。

底の見えない力の一辺が見られた今回は、宿儺の力の考察の第一歩と言ってもいいかもしれません!

まだまだ力の表層しか出していないでしょうが、これからさらに強くなっていくのかと思うと、虎杖は宿儺を制御化に置くことができるのでしょうか?

そして、宿儺と漏瑚の火力勝負の行方はどうなるのでしょうか?

一層盛り上がってきた呪術廻戦116話をお楽しみに!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』116話!決着!宿儺vs漏瑚!!・・

⇒宿儺(すくな)の真の目的が判明!?虎杖はただの器?伏黒に興・・

⇒『呪術廻戦』111話!甚爾vs陀昆ついに決着!・・

⇒『呪術廻戦』117話!サイドテールの呪詛師の驚愕する理由・・

⇒里香(りか)の「またね」には意味があった!?純愛の裏に隠さ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です