最新ネタバレ『呪術廻戦』120-121話!考察!宿命の敵との再会!虎杖vs真人!!

スポンサーリンク

最強の式紙・魔虚羅を相手に、力の一端を見せながらも楽しみながら戦闘をしていた宿儺。

領域展開「伏魔御廚子」の攻撃にも対応されてしまいましたが、それさえも予想通りと言わんばかりの追撃!

圧倒的な火力の矢にて、魔虚羅を下しました。

力を使いすぎて時間が来てしまったのか、体の主導権は虎杖へ戻ります。

これまでに無いほど主導権を奪われていた虎杖は、何を思うのか?

呪術廻戦120話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』120話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

それでは『呪術廻戦』120話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

「噛み締めろ」

いくつもの激戦を終え、タイムリミットが来た宿儺は体の主導権を虎杖へと返します。

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

主導権の戻った虎杖の前には、宿儺の領域展開「伏魔御廚子」によって半径140mの範囲が更地へと変わってしまった渋谷が…。

そこに唯一存在している、前後真っ二つに切断されたツインテールの呪詛師の死体。

これを皮切りに、宿儺に体の主導権を奪われてからの出来事、殺した人たち、戦いがフラッシュバックし、虎杖の精神を蝕んでいきます。

宿儺の指を飲み込んでしまっただけで死刑判決を下されている虎杖は、自分の境遇に疑問を持ちながらも、宿儺の行いが自身の体によって起こされたことに最大の嫌悪感を抱きます。

自分の顔に爪を立て、自身がひどく醜いもののように顔にめり込ませていきます。

ここで、虎杖の精神は限界ぎりぎりに達し、ただ戦うことに希望を見出します。

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

人を助けるための戦いを続けなければ、自分はただの人殺しになってしまう、と。

五条奪還のために、虎杖が渋谷駅地下へ歩を進めていきます。

 

スポンサーリンク

瀕死の七海!

場面は変わり、渋谷駅構内へ。

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

陀昆との激戦の後、たたでさえ重症の体に漏瑚からの攻撃を受けて死んだかと思われた七海が生きていました!

相も変わらず瀕死の重傷で今にも倒れてしまいそうですが、これまでの経験がなせる技なのか、意識がもうろうとしながらも雑魚呪霊を一掃しながら伏黒たちを助けに歩んでいました。

同じく漏瑚にやられていた直毘人、真希の二人がどうなっているのかは分かりませんが、七海は伏黒の下へ行こうとしています。

しかし、その場に居合わせていた真人の手が、七海の胸に当てられます。

人間を観察することが趣味の真人は、七海をすぐには殺さず、話をする時間を与えました。

その間に七海が思うのは、高専生時代に共に行動していた灰原のことでした。

高専卒業後は一般社会の会社に入社し、またこの世界に戻ってきました。

逃げてばかりいた人生に、「やり甲斐」なんて曖昧な理由で戦ってきました。

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

幻想の中の灰原に「俺は結局何がしたかったんだろうな」と問いかけ、灰原は七海の右側を指さします。

そこには、虎杖の姿がありました。

 

スポンサーリンク

再びの邂逅!虎杖vs真人!!

七海の前にいる幻想の灰原は言葉を発しませんが、意思をくみ取ったように七海は反応します。

虎杖にとって”呪い”になってしまうから言ってはいけない、と思いつつも、七海は最後の想いを虎杖へと託します。

「後は頼みます」と。

直後、七海の「無為転変」により七海の肉体は弾けてしまいました。

また、目の前で知り合いを殺されてしまった虎杖は、一瞬の硬直の後に激昂します!

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

真人は、虎杖との再戦を望んでいたように顔を歪ませ、お互いに名前を呼びながら激突します!

因縁の対決がここに始まりました!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ120-121話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

宿儺の行いを許すことができない虎杖。

しかし、自身の体の主導権が奪われれば、その許すことのできない行いを自身の体で行われる苦しみ。

自分にとって敵ではない人を無残に殺される光景を見ることしかできない虎杖。

これまでの比ではないほどの行いが今回の宿儺主導権の状態で起こりました。

虎杖は、この苦しみを乗り越えることができたのか、定かではありませんが、五条を救うべく、そして、これまでに宿儺が殺めてしまった人たちの十字架を背負うために、歩を進めていきました。

現代日本では味わうことのない感情を、芥見先生の独特のタッチと表現で、見事に私たち読者に伝えてくれています。

 

場面転換後も死んでいたと思われる七海が、瀕死の重傷ではありながら生きていたことには感極まる思いでしたが、こういった所で姿を見せてくる真人。

さすがは呪術廻戦内でも最大の悪役です。

人間の死への恐怖から生まれた呪霊のため、どこまでも人間らしく、しかし感情や行動は呪霊らしく、私たちの負の感情が一番乗りやすいキャラでもあります。

芥見下々「呪術廻戦」120話より引用

そして、ついに虎杖の目の前で七海を殺してしまいました。

毎度、虎杖の感情の分岐点らしき部分で虎杖の知り合いを殺してきた真人ですが、今回も精神的に限界を迎えてきた虎杖を追い込むように七海を殺しました。

これによって虎杖vs真人の戦いがさらに燃え上がります!

真人が呪霊として生まれてから、なにかと虎杖と関り、その因縁を切れずにいましたが、今回の戦いで決着はついてしまうのでしょうか?!

次回を楽しみに待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒純粋で常に笑顔の灰原雄!最初から死ぬ運命にあった!?七海・・

⇒強さランキングTOP10!学生のみなら最強はだれ!?階級も含・・

⇒『呪術廻戦』119話!決着!宿儺vs魔虚羅!!・・

⇒強さが未知数の日下部篤也!虎杖と同じで術式が使えない?1級・・

⇒4人存在する特級呪術師まとめ!最強の呪術師はだれ?特級呪・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です