最新ネタバレ『呪術廻戦』122-123話!考察!真人の新たな力!

スポンサーリンク

宿命とも呼べる運命の二人、虎杖と真人の戦いが始まりました!

以前戦った時よりも大幅にレベルアップしたお互いの開幕戦は、真人の先制攻撃から始まりました。

それを受けた虎杖は、殺された七海に恥じないよう冷静になり、カウンターを決めます。

近距離特化の虎杖と自身の術式が効かない真人。

「無為転変」の長所でもある魂を組み合わせたトリッキーな攻撃と、自身の魂を変形させることによる人型ではできない攻撃を織り交ぜながら、天敵となる虎杖に対して真人は攻撃していきます。

対する虎杖も真人の変形の兆候を見極めつつ、意識外からの攻撃にも対応します。

お互いに均衡しているように見える実力。

これからどんな展開が舞っているのでしょうか!?

呪術廻戦122話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』122話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

それでは『呪術廻戦』122話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

成長した真人!

これまでの戦いから真人は、虎杖に対して自身の体を変形させての攻撃が通用しないため、からめ手をメインとした戦術を取ります。

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

成長した真人は、他者の魂を虎杖に向かって撃ち、時間差で魂の変形を行いました!

一瞬、気を取られた虎杖ですが、変形の兆候を見逃さずに真人の新たな攻撃を回避します。

そして、今の攻撃に対して思考しているうちに真人が上空から自身の足を変形させた攻撃を繰り出しました!

真人の右足を太く、長く変形させ、虎杖を押しつぶそうとしましたが、虎杖は皮一枚で回避し、カウンターを決めようとします!

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

虎杖が伸びてきた足をつかんだ瞬間、真人は危機を察知して自身の足を虎杖が掴んでいる部分の少し上でトカゲの尻尾切りのように自切しました!

そして、距離を取った後に切断して減った箇所を修復します。

過去に戦った時よりも圧倒的に成長している真人の攻撃に対して、ギリギリのところで回避している虎杖ですが、なかなか攻勢に出るのが難しくなってきました。

真人は今の攻防で、自身の体の変形による攻撃は、威力、決定打はあるものの、使いどころを間違えると逆に決着を付けられてしまうことを悟り、改造人間主体での戦闘に切り替えます。

手に汗握る第二ラウンドは、若干ではありますが、真人優勢で進んでいます!

 

スポンサーリンク

卑劣なり!

渋谷駅構内を縦横無尽に移動しながら戦闘していく虎杖と真人ですが、ある改札で真人は虎杖の視界から外れるように壁に隔てられているところへと移動しました。

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

その後を追う板ダリが見たものは、虎杖に向かって話しかけてくる二人の青年でした。

真人の姿は見当たりませんが、青年たちの後ろに階段がある事を確認すると上階へと移動したのだとあたりを付けます。

危険極まりない渋谷駅の構内で、二人の青年が生きていることが奇跡のようですが、虎杖は「今の渋谷駅に安全な場所はないから」と青年たちに早く逃げるように諭します。

その瞬間、虎杖の背後にいた青年の一人から巨大な腕が伸びてきて、虎杖の顔面を殴り飛ばしました!

なんと、二人の青年は真人により元の姿を形どらされていた傀儡に過ぎなかったのです!

戦闘を行いながら虎杖のメンタルをつぶしにかかっている真人は、虎杖にとって弱点になりうる改造人間を豊富に使ってきます。

人間の魂は道具の一つでしかないと思っている真人の卑劣な攻撃が続きます。

 

スポンサーリンク

俺“達”!?

戦闘による生身の傷よりも虎杖のメンタルを壊しにかかっている真人は、改造人間により揺さぶりをかけながらダメ押しの一手となるターゲットを狙います。

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

そこで出た「俺“達”」のワード。

真人は一人のはずですが、“達”とは一体どういう意味なのでしょう?!

 

時は少し戻り、幹部の呪霊たちがまだ集めっている場面になります。

まだ陀昆も覚醒前で多くの人間を取り込んでいるところでした。

真人はこの時には十分なほど魂のストックを増やしていたようで、そのフロアの人間はすべて陀昆に飲み込ませました。

虎杖を殺したくて我慢ならない真人は、漏瑚の生死を無視して自身の体を二つに分けました!

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

そして、二手に分かれて虎杖捜索を始めました。

ダメ押しとばかりに、漏瑚たちが追ってこれないよう魂の一つを巨大な壁に変形させ、漏瑚たちの足止めに使います。

そして、虎杖と出会わなかった方の真人は地上にて虎杖のメンタルを壊すのに最適な人物を見つけたのです。

 

スポンサーリンク

遭遇!

地上にて遭遇したのは、久しぶりの登場となる釘埼です。

相変わらずの悪役顔で真人をあおりまくった釘崎は、事前に得ていた「無為転変」の能力の情報から、遠距離主体のスタイルで戦います。

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

戦闘面では術式の関係で真人のような敵には弱い釘崎ですが、壊相&血塗戦にて掴んだ「黒閃」の感覚を思い出しながら、真人に向けて釘を投げつけます。

しかし、投げた釘は真人を狙っているにしてはおかしな方向へと飛んでいきました。

その釘により、近くの店の看板らしきものを落下させ、真人に直接触れないように飛び蹴りを放ちます。

それを看板越しに受けた真人は大したダメージを負っていませんが、その際に釘崎は看板に釘を差し込んでいました。

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

そして、「簪」を放ったのです。

看板によって釘の位置もつかめず、思いもよらない攻撃が飛んできた真人は、「簪」により強化されたくぎ煮頭を貫かれてしまいます。

しかし、その程度のダメージでは殺せないのが真人です。

会話の中で虎杖と親しい間柄だと確信した真人は、釘崎の死体を虎杖の前に持って行き、心を折る作戦を取ります。

地下と地上にて、虎杖、釘崎vs真人の戦いが同時に勃発するのでした!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ122-123話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

真人の「無為転変」による改造の幅も広がり、戦闘に関しての手数が増えたことで対処が厳しくなってきている虎杖です。

さらに真人の目的が虎杖の心を折ることを重視して立ち回っているので、なかなか有効な攻撃を入れることができません!

加えて、地上ではまさかの分裂した真人が釘崎と遭遇してしまいました。

真人の特徴、能力については共有されていたので、釘崎はすぐに真人の認識をしました。

先制攻撃は、虎杖の時と違い釘崎が真人の頭を貫くという、情人であればすでに決着の一撃を受けた真人ですが、魂に直接ダメージを負わない限りは倒すことができないので、飄々とした態度を崩さないままに釘崎と対峙します!

お互いに初見の技同士の釘崎、真人はどちらに軍配が上がるのでしょうか?

芥見下々「呪術廻戦」122話より引用

虎杖の心が折れてしまう方が早いのでしょうか?

高専同期の二人が場所は違えど、同時に真人を相手にした戦闘が始まりました!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』123話!ダークホース釘崎!?・・

⇒『呪術廻戦』122話!真人の新たな力!・・

⇒『呪術廻戦』121話!宿命の対決!虎杖vs真人、開戦!!・・

⇒4人存在する特級呪術師まとめ!最強の呪術師はだれ?特級呪・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です