最新ネタバレ『呪術廻戦』123-124話!考察!ダークホース釘崎!?

スポンサーリンク

真人の能力が成長していることに加え、虎杖にとってやりづらい元人間をメインとした戦術をとっている真人。

さらに追い打ちをかけるために、地上を散策していた分身体・真人が出くわした釘崎を殺そうとします。

地下と地上にて何かと組むことの多い1年生タッグ、虎杖&釘崎が真人に立ち向かいます。

釘崎は先制攻撃で「簪」をクリーンヒットさせるも、魂に直接ダメージを負わない限りは無傷の真人には効果がありませんでした!

巻頭カラーから始まる呪術廻戦123話!

アニメPVも公開されて、さらに盛り上がりを見せる局面を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』123話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

それでは『呪術廻戦』123話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

真人“たち”の猛攻

地下で戦う虎杖は、真人が操っている魂を元の人の形に戻され、満足に攻撃できずにいます。

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

どうしても人間の姿の状態では危害を加えることができない虎杖は、真人から3人の人間を投げつけられますが、受け止めたのちに「大丈夫か!?」と声をかけるなど、まだまだ勝負に非情になれずにいます。

それが虎杖の良い所ではありますが、真人はその隙を逃さず時間差によって投げつけた人たちを爆散させます!

至近距離でそれを受けた虎杖は、物理的ダメージはないものの、飛び散った血が顔にかかってしまい視界を塞がれてしまいました!

このチャンスを逃すはずもなく、真人は虎杖の背後を取り、油断せずに右手のみを変形させて襲い掛かります。

すぐに反応した虎杖ですが、すきを突かれた上に態勢も良くありません!

この攻撃をどうするのか!?と言ったところでシーンが釘崎サイドへ変わります。

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

先制攻撃に失敗した釘崎は、かわらず「簪」による遠距離攻撃を続けながら真人から触れられないように動いています。

分身体・真人は、攻撃こそ自身の体を変形して行っていますが、分身体であることにより、他者の魂を変形させる術式は制限されていました。

しかし、それを知る由もない釘崎は次々と釘を飛ばしていきますが、攻撃の聞かない真人に徐々に追い詰められていきます。

散々、釘をばらまいて真人にも接近された釘崎は、ビルの凹凸を足場にして2階くらいの位置に上がりました。

真下には真人がいる状態で、呪力を込めた釘を落とし、その衝撃により今までばらまいていた釘を宙に浮かび上がらせました!

それと同時にすぐさま降りてきた釘崎を、真人は「何がしたいんだ」と疑問に思いますが、

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

着地と同時に地面に呪力を張り巡らせ、宙に浮いた釘全てを対象に「簪」を放ちました!

見事に幾本もの釘に体を貫かれた真人ですが、やはり「簪」ではダメージを与えることができず、真人自身も気にしていません。

釘崎を追撃を仕掛けようと、真人に対してマウントポジションを取ります。

 

スポンサーリンク

釘崎の思惑

釘崎の攻撃は効かないと思っている真人は、マウントポジションを取られても平然としています。

頭には1本の釘が突き付けられていますが、気にした様子もありません。

それに対して釘崎は、この時を待っていましたとばかりに語り始めます。

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

「コレは効くんじゃないか」といって放ったのは「共鳴り」でした!

血塗戦でも使いましたが、この技は相手の魂と共鳴してダメージを与えるため、釘崎は真人の術式を聞いた時から確実に「共鳴り」を当てられるタイミングを待っていたのでした!

もろに「共鳴り」を受けた分身体・真人は、受けた直後…ではなく少し後にダメージを負います。

それは、分身体が受けた「共鳴り」が魂を通じてオリジナルの方へダメージを送りました。

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

そこから、オリジナルが受けたダメージが分身体にフィードバックするという、釘崎から見れば結果は変わりませんが、全体でみると大きな効果が表れていました。

これにより、必中に思われた虎杖への攻撃もキャンセルされ、その様子から「釘崎が何かをしている」ということも虎杖に伝わりました。

血塗戦からメキメキと頭角を現してきた釘崎ですが、虎杖に続く真人の天敵として相対します!

 

スポンサーリンク

ダークホース釘崎!

「共鳴り」によりダメージを与えることに成功した釘崎は、それだけではなく貴重な譲歩もゲットできました。

それは、「共鳴り」が発動した場所が目の前の分身体・真人ではなく、オリジナルの真人だったために呪力がはじけた位置が違ったのです。

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

そこから、目の前の真人は分身か何かだと推測し、さらに分身体。

真人の呪力量、これまでの戦いから満足に術式が使えないことまで看破しました!

腕っぷしだけでなく頭脳でも抜き出ている釘崎!

これまであまり活躍の場がなかったことが疑問に思えてくるほどです。

戦う“敵”として改めて認識した真人と釘崎、二人の天敵を前に真人はどのような戦術を取ってくるのか!?

目が離せない戦いが始まります!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ123-124話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」123話より引用

新たに真人の天敵として現れた釘崎!

なんだかんだで息の合う1年生タッグの虎杖&釘崎が、お互いが天敵として真人の前に立ちます!

真人も想定外の出来事に驚愕をあらわにしますが、オリジナルの方は釘崎から不意のダメージが飛んできたとはいえ優勢。

虎杖がこのチャンスを逃すことはないと思いますが、一撃で仕留められるほどやわな相手出ないことも確かです。

地下と地上にて戦う二人は、離れていてもお互いをカバーしながら戦うことができるのでしょうか!?

見どころ満載の呪術廻戦124話を楽しみにしましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』125話!あの頃の釘崎・・

⇒『呪術廻戦』124話!ロリ釘崎登場!?・・

⇒『呪術廻戦』122話!真人の新たな力!・・

⇒『呪術廻戦』121話!宿命の対決!虎杖vs真人、開・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です