最新ネタバレ『呪術廻戦』128-129話!考察!黒閃の嵐!?ブラザーコンビの激闘!!

スポンサーリンク

東堂のおかげで戦う意思が戻った虎杖ですが、それまでに受けた傷は小さくありません!

新田の術式によって悪化することはないとはいえ、万全とは言えない状態での継戦となります。

共闘する東堂も実力、戦術共に真人を上回るものを持っているようですが、魂に直接ダメージを与えることができなければ真人にとっては無傷と同等です!

虎杖との共闘でどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。

そして、東堂と新田が渋谷駅に現れたということは、その他の京都校の面々もやってきているのでしょうか?

いよいよ全面抗争の構図に近づいてきた呪術廻戦128話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』128話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

それでは『呪術廻戦』128話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

京都校の足取り

虎杖の最大のピンチにやってきた東堂と新田ですが、ほかの京都校の術師たちは何をしているのでしょうか?

東堂と一緒に渋谷にきて、それぞれが別の場所に散っているのでしょうか?

残念ながら違います!

メカ丸こと与幸吉の策略によって、特殊な計算式によって導き出された生存確率で渋谷駅に行っても死なない東堂と新田以外は、渋谷から遠のくように任務が配置されていました。

これだけの異常事態に気付かないわけもなく、京都校の面々はミニメカ丸の忠告を無視して新幹線で渋谷へ向かっている途中でした。

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

京都校の一人、三輪はミニメカ丸に渋谷駅に派遣されなかったのは「私が弱いから?」と問いかけます。

ミニメカ丸は渋谷に行くのをやめるように説得しながら、すべて間違えてしまったのは自分が弱いからであると、三輪の言葉を否定します。

メカ丸が本当にしたかったのは、大好きな人を守りたかった、ただそれだけだと言います。

メカ丸(与幸吉)は三輪のことが好きだったようです。

三輪もその言葉に涙しますが、保険として残していたミニメカ丸の貯蔵呪力が限界に達し、起動終了までの時間が迫ってきます。

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

最後にミニメカ丸は「オマエが幸せなら俺の願いは叶ったも同然だ」と言って、シャットダウンしました。

そのやり取りを別の車両で聞いており、勝手に死の確立などを計算された上に渋谷へ行かないように細工されていたことを不服に思いながらも、その士気を上げていきます!

まだ渋谷に到着していませんが、京都校も五条奪還作戦に参入してくることが確定しました!

人類vs呪霊の全面戦争といっても過言ではない状況になってきました!

 

スポンサーリンク

虎杖&東堂vs真人!

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

場面は戻り、真人戦の様子です。

完全復活を果たした虎杖は、東堂と共闘しながら真人の攻撃をさばいていきます。

対する真人も攻撃の手を緩めることなく、現状の整理をしていました。

魂に直接干渉できる真人の感覚で、自分も含めた残HP(魂の量)を確認します。

当たり前のことながら、参入してきたばかりの東堂はノーダメージなので魂の損傷はありませんが、黒閃を発動してポテンシャルの増加した今の真人だと一度触れれば倒される可能性もあります。

そして、一時的に戦意喪失状態だった虎杖は、真人の攻撃への耐性で触れられれば即死亡ということはないですが、これまでの攻撃により一割ほどまで減ってしまっています。

真人は、分身体がやられたことと釘崎の「共鳴り」以降の猛攻を受けたことで4割ほどの体力となっているようです。

真人のダメージの大部分が釘崎の「共鳴り」による直接的、間接的なダメージなので、すぐに戦線離脱してしまいましたが、いかに釘崎が活躍していたかが伺えます!

 

スポンサーリンク

東堂の成長!

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

そして、攻撃のバリエーションが一気に増える「不義遊戯」を使う東堂を先にターゲットとすることを決めました!

真人が東堂を先に倒すことを決め、そのために虎杖への牽制も含めた時間差による「無為転変」用の魂を放りました。

まだ「無為転変」を解放しておらず、放った魂自体の呪力はほとんどない状態でしたが、その小さな呪力でさえ感知し東堂は「不義遊戯」を発動させました!

そして、戦意喪失していたとはいえ、これまでの戦いから一気にレベルアップを果たしている虎杖。

それに対抗するように黒閃を放った真人を見て、一級呪術師でありながらこの場において実力が足りていないのは自分だと感じている東堂。

それではダメだと自答し、直後に真人に対して黒閃の蹴りを繰り出します!

黒閃の一撃で、ガードをしたにもかかわらず飛ばされる真人ですが、東堂の黒閃でも直接魂に影響のある攻撃ではないため無意味だとあざけります。

しかし、これにより三者が黒閃を放ったことになり、全員のポテンシャルが最大に引き出された状態となりました!

ここから一気に戦況は加速していきます!!

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

いよいよ真人戦も終盤だと思われ、その開幕の狼煙は真人の「多重魂」による「撥体」で上げられました!!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ128-129話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

冒頭はメカ丸(与幸吉)の細工によりハブにされていた京都校の面々は、しかしメカ丸の気持ちも理解した上で渋谷へと向かいます。

なかでも三輪はメカ丸からミニメカ丸を通して最後の言葉を送られ、その言葉に涙します。

ミニメカ丸は渋谷の決着は近いと言いますが、京都校は参戦してくるのでしょうか?

芥見下々「呪術廻戦」128話より引用

そして、真人と激闘を繰り広げている東堂は、その空気、状況からさらなるレベルアップをし、黒閃を放ちました!

東堂の攻撃は真人に効果がないとはいえ、これで三人ともが今持つ最大限の力を発揮できるようになりました。

次回からは一気に戦いは加速し、真人戦も終盤かと思われます!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』129話!仲間外れの東堂!?・・

⇒『呪術廻戦』127話!東堂vs真人!新田の術式とは?・・

⇒『呪術廻戦』126話!在りし日の三人・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です