最新ネタバレ『呪術廻戦』131-132話!考察!真人、魂の姿へ!真の実力とは!?

スポンサーリンク

黒閃によるポテンシャルの最大発揮、そして0.2秒の領域展開を経て、真人は自身の真の姿を悟りました!

これまでは、つぎはぎではあったものの、ほかの呪霊たちに比べて人間らしい形を取っていました。

しかし、真人が今回変形した形は人型ではあるものの、より呪霊らしい姿になっていました。

サブタイトルにもなっている通り、真人の魂の姿へと変化した実力はいかなものなのでしょうか!?

表紙&巻頭カラーから始まる呪術廻戦131話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』131話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

それでは『呪術廻戦』131話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ハッピーバースデー真人

魂の姿へと変貌した真人は、少しの間、虎杖と会話を重ねます。

虎杖も、変形した真人を観察していますが、これまでのような攻撃のために体の一部分を変形させるような簡易なものではないということは分かるものの、何がどのように変わっているのかまでは掴むことができませんでした。

そして、黒閃を経て自身の魂の剥き出しの姿を理解したと語る真人ですが、

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

虎杖から「驚いたよ、オマエが自分探しをするタイプだったとはな」と言われ、「そうだな」と返していることから、自身の魂を変形させられることは分かっていても、真の姿については考えてもいなかった様子です。

しかし、虎杖&東堂の戦いで気付いたことから、無意識化では自身の姿が本当はどんなものなのか、常に探っていたのではないでしょうか?

それも「人間」に由来した恐怖から生まれている真人だからこその感情、思いだったのかもしれません。

人間にも、少なからず「自分探しの旅」などをしたり、「本当の自分」について考えたことのある人もいるでしょう。

これによって自身の価値観が変わることはあっても、なかなか「本当の自分」を見つけることができた人はそういないでしょうが、真人は極限状況におかれたことで見つけることができたのかもしれません。

さて、魂の真の姿を象った真人の実力はどれほどのものになったのでしょうか!

 

スポンサーリンク

超!ハイスピードバトル!!

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

話が終わった直後、真人による先制攻撃が仕掛けられました!

これまで以上の速さで仕掛けられた攻撃ですが、虎杖は寸前で躱し、カウンターの蹴りを繰り出します。

真人の顔面に対して繰り出された蹴りですが、一寸の距離を見切って躱した真人は、瞬間で繰り出された虎杖の足に鋭い攻撃を加え、虎杖は出血してしまいます!

続く、尻尾による攻撃もその足に対して、上から叩きつける軌道で行い、その反動を利用して、真人は拳を構えました。

体の回転力も乗せられた右ストレートが繰り出されますが、虎杖は焦ることなくその拳をいなし、今度は自身の左フックを、がら空きになった真人の右わき腹へ叩き込みます!

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

黒閃の発動には至りませんでしたが、十分な威力の一撃が真人に与えられました。

これまで通りなら、この一撃でぶっ飛ばされるか、よろめくかしても良い一撃だったと思われます。

しかし、呪霊らしくなった真人の体は想像以上に固くなっており、虎杖の打撃は全く効いていませんでした!

これによって、真人が見た目だけではなく、実力的にも次元の違う存在へと進化したことを虎杖は悟りました。

 

スポンサーリンク

限界を超えろ!

渾身の一撃で合った打撃が通らず、真人からの反撃はことごとく虎杖に対して有効打になってしまう状況で、虎杖に残された手は一つしかありませんでした。

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

それは、最大出力の呪力を乗せた拳で黒閃を発動することです!

しかし、黒閃はあくまで攻撃と呪力放出のタイミングなどが重なることにより、偶然発動できるものであって、狙って出せる術師はこれまでいませんでした。

それを、自身の最大出力の呪力を纏った状態で発動するということは、一発勝負の狙ったタイミングで発動するしか、虎杖の勝利の道はないということです。

そう決意した虎杖でしたが、直後に右足が痙攣し始めました。

今までの戦闘での疲労とダメージが蓄積されて、意志より先に体が悲鳴を上げ始めてしまいました。

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

対する真人も、領域展開直後の黒閃が響いてきたようで、体の維持が難しくなってきたようです。

お互いが自身の限界が近いことを認識し、次が最後の一撃であろうことも認識したようでした。

ついに決着の時です。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ131-132話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

真の姿に変形した真人は、見た目だけでなく、呪霊としての格が上がっていました。

通常攻撃だったとはいえ、虎杖の渾身の一撃も空しく無効にされてしまいました。

パワーで劣ってしまった虎杖ですが、真人の攻撃にはついていけているようで、見切って躱していることもあるようなので、実力としては真人の方が少し上、と言ったところでしょうか。

全呪力を乗せた黒閃による一撃を放つことを決めた虎杖ですが、これまで狙って黒閃をだせた術師はいません。

真人の「0.2秒のみの領域展開」と同様、ぶっつけ本番の一発勝負で決めるしかありません。

虎杖、真人ともに体の限界も近く、次の一撃が決着の一撃となるでしょう。

芥見下々「呪術廻戦」131話より引用

果たして最後に立っているのはどちらなのでしょうか?

次回の呪術廻戦132話が楽しみでなりません!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』133話!夏油参戦!?封印された五条の・・

⇒『呪術廻戦』132話!虎杖vs真人!最終決戦!!・・

⇒『呪術廻戦』130話!真人覚醒!!・・

⇒『呪術廻戦』129話!仲間外れの東堂!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です