最新ネタバレ『呪術廻戦』135-136話!考察!脹相は味方?敵?脹相vs裏梅!!

スポンサーリンク

満身創痍で偽夏油と向き合う虎杖でしたが、京都校の面子によるコンビネーションで、偽夏油から獄門彊を取り戻せるか。

と思いきや、いまだ全力を出していないかに見える偽夏油に軽くあしらわれてしまいました。

脹相の介入により、偽夏油の以前の姿の一つが判明しましたが、夏油を乗っ取っている呪霊(?)については謎が深まるばかりです。

偽夏油の以前の宿主、加茂憲倫に対して誰よりも憎しみを抱いている脹相。

彼は、偽夏油を相手にしますが、虎杖たちとのスタンスはどうなっているのでしょうか?

深まっていく謎、激化する戦闘、あらゆる思惑が交錯した呪術廻戦135話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』135話!のネタバレ

それでは『呪術廻戦』135話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

脹相と虎杖

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

加茂憲倫により、加茂家相伝の「赤血操術」を使う脹相は、その術式の影響かと思われますが、「血の繋がった」弟達の異変は、どれだけ遠くにいても感じ取れるようです。

それによって、壊相、血塗が虎杖と釘崎に殺された際は、異常なまでの異変を感じ取ったようです。

その異変が、渋谷駅内で戦った後の虎杖からも感じ取れたというのです!

このことから脹相は、虎杖も自身の兄弟、弟だと認識したようです。

通常ではありえないことですが、すでに別の何かに体を乗っ取られていた可能性があるとはいえ、脹相の憎き父、加茂憲倫が今では夏油の体で生きていることを知ってしまったので、可能性として無くはない、と判断したようです。

そして、呪胎九相図の中でも兄という立場だからなのか、脹相は人一倍、兄弟のために行動します。

この信念ともいえる行動原理に従って、脹相は虎杖を守ることにしました。

 

スポンサーリンク

脹相vs偽夏油!!

脹相は、対峙する偽夏油、そして裏梅を相手に全力で立ち向かいます。

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

虎杖も翻弄し、重傷を負わせた脹相の「赤血操術」による「穿血」を裏梅に放ちました。

脹相の「穿血」は、加茂家嫡男の憲紀から見ても練度の高いもので、偽夏油の下で働き、宿儺とも面識のある裏梅さえも躱さずにガードを選択するほどの速さを誇っていました!

ガードはしたものの、その威力によって後方へと下げられてしまった裏梅の隙をついて、単独となった偽夏油に「穿血」で伸ばしたままの血液を横に薙ぎます!

偽夏油はその攻撃を易々とかわしますが、攻撃の際に「穿血」の血液を地面にしみこませたのか、直後に偽夏油の足場を隆起させてバランスを崩しました。

この機を逃さずに接近戦へと持ち込んだ脹相ですが、繰り出す攻撃は全て躱されるかガードされてしまいます。

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

偽夏油も余裕綽々と言った様子で、脹相に対して「疲れてるだろ」と問いかけるほどです。

しかし、脹相は自身の術式による感知で虎杖の「死」を感じ取ったことから、完全に弟と認識しているようで、「それが弟の前で命を張らない理由になるか?」と返しました。

さすがに、観戦状態のパンダが気になったのか虎杖へと「他人だよな?」と確認したほどです。

虎杖は一度殺されかけているだけに、脹相の行動の意味が分からない様子ですが、このチャンスを逃すまいと機を伺います。

それは、周囲も同じようで、脹相の乱入により乱れた場を利用して獄門彊を取り返すために、戦闘準備に入りました!

 

スポンサーリンク

裏梅の実力!

一度目の奇襲は成功しませんでしたが、脹相により乱れている現状を利用して、第二波を叩きこもうとする面々ですが、最初は残機のあるパンダが出るようです。

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

ゴリラモードによる「激震」で地面を揺らそうと振りかぶりましたが、それが成功することはありませんでした。

「穿血」により後退していた裏梅が戻ってきており、その術式により周囲を氷漬けにしてしまったのです!

「氷凝呪法」と言ったことから呪詛師である可能性も出てきましたが、その威力は、下手に動けば体が氷と一緒に割れてしまうほど強力なものです。

一瞬にして形勢を変えてしまうほどの力を持った裏梅が、いったいどのような人物なのかも今まで以上に気になるところではありますが、偽夏油と戦っていた脹相を含め、地上にいたメンバーは全員氷漬けとなってしまいました。

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

脹相は「赤血操術」による「赤鱗躍動」により氷を解かそうとしていますが、その前に裏梅がトドメを刺そうとします。

しかし、宿儺と関係のある裏梅は、宿主である虎杖の体が壊れないように、虎杖に対してのみ威力を軽減していたようで、周りと同じように氷漬けにされているかに見えた虎杖は、自力での脱出に成功しました!。

そして、ずっと空を飛んでいた西宮も裏梅の技をくらうことなく、自由に動くことが可能でした。

数瞬のうちに脹相を氷から解放し、なんとか3人が動ける状態となりましたが、あまりに分が悪いと言わざるを得ません。

西宮が「歌姫先生の準備ができるまで時間を稼ぐよ!」と言っていることから、本編ではまだ未発動の歌姫の術式には、この場を打開できるほどの何かがあるのかもしれません。

それも、虎杖たち三人で、偽夏油と裏梅を足止めできれば、ですが。

 

スポンサーリンク

最強の助っ人参上!!

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

裏梅は、宿儺の器である虎杖のみが生きていれば良しと考え、残りは皆殺しにしようと大威力の技を放ってきました!

虎杖たちも、その威力と範囲を見て死を覚悟しましたが、氷の礫の山が降り注いだ後も生きているようでした。

それもそのはず、この土壇場にて最強の一角ともいえる特級呪術師の九十九由基が駆け付けたのです!

普段は、呪霊被害を根本的に解決するため、高専の依頼などは受けずに海外などを放浪していましたが、五条悟の封印という緊急事態をどこからか聞きつけたのか、タイミング良く登場しました。

術式などについては、全く分かりませんが、特級の力による打開をしてくれることでしょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ135-136話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

脹相が、自身の術式に反応したからといって、虎杖を自身の弟と認識したのはギャグかと思いましたが、これによって場が動いたことも事実です。

今回、圧倒的な力を見せた裏梅でさえ、脹相の「赤血操術」による攻撃は速いと思わせるほどなので、真人と戦う前の虎杖が負けてしまうのも頷けるというものです。

そんな脹相ですが、あまり活躍の場はなく、裏梅の圧倒的なまでの攻撃になす術もありませんでした。

周囲一帯を凍らせるほどの術式の使い手ならば仕方のない事とも言えますが、偽夏油に加えて裏梅までも相手にしていたのでは、虎杖たちでは及ばなかったことでしょう。

芥見下々「呪術廻戦」135話より引用

颯爽と虎杖たちのピンチを救った、九十九由基の実力はどれほどのものなのでしょうか?

次回も楽しみで仕方がりません!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』137話!新章突入!ついにアイツが登場!!・・

⇒『呪術廻戦』136話!偽夏油の目的!・・

⇒『呪術廻戦』134話!術式の奥義とは!?ついに偽夏油の・・

⇒『呪術廻戦』133話!夏油参戦!?封印された五条の・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です