最新ネタバレ『呪術廻戦』140-141話!考察!乙骨優太&禅院直哉vs虎杖悠二&脹相!

スポンサーリンク

禅院直哉に見つかり、手加減はされているものの、虎杖たちから攻勢に出ることが難しいほど実力が見えません。

脹相との協力により拮抗しているように見える現状ですが、直哉の術式が判明していない以上、後手に回るしかない虎杖たちです。

そんな時、ついに虎杖の死刑執行人・乙骨優太までもが、虎杖を発見してしまいました!

ただでさえ不利な状況の中、特級呪術師の乙骨まで現れてしまい、絶体絶命の状況となってしまいました。

この状況を虎杖は、どのように切り抜けていくのでしょうか?!

呪術廻戦140話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』140話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」140話より引用

それでは『呪術廻戦』140話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

激突!禅院直哉&乙骨優太!

芥見下々「呪術廻戦」140話より引用

直哉に続いて虎杖の下にたどり着いた乙骨ですが、距離を縮めるためにジャンプして移動しただけで、着地点のコンクリートを陥没させてしまうほど濃密な呪力を纏っていました!

そんな乙骨のことを初めて見た虎杖は、彼が乙骨優太だと認識していませんでしたが、直哉が乙骨へ話しかけた際に名前を呼んだことにより、五条の弟子であり、特級呪術師の先輩・乙骨優太だと認識することができました。

直哉は、あくまでも伏黒恵が標的であり、虎杖の事は伏黒をおびき出すためのエサにしか考えていないため、乙骨と共闘しようと申し出ます。

その内容も、虎杖を殺すために来ている乙骨の邪魔はしないよう、虎杖を殺すことに関しては全面的に協力するとのこと。

芥見下々「呪術廻戦」140話より引用

ただし、虎杖殺害の報告を上げないで欲しいといったものでした。

これにより、この戦いで乙骨が虎杖の死刑を執行したとしても高専上層部に報告されることはなく、「虎杖はまだ生きている」ことを前提に伏黒が動くからです。

乙骨が真希たちと仲が良いことも含めて、伏黒の名前は出さずに「虎杖をエサに会いたい人がいる」とだけ伝えるあたり、直哉の腹黒さが伺えます。

禅院直哉と乙骨優太が共闘の話をしている間、虎杖と脹相は逃げる算段を立てていました。

直哉一人が相手なら二対一でなんとかするようでしたが、乙骨の纏う空気を感じ、脹相は虎杖を逃がすことを選択しました。

脹相一人が犠牲になる事は虎杖自身が許しませんが、あくまで乙骨の狙いが虎杖であるため、脹相は命までは取られないだろうと虎杖を説得します。

 

スポンサーリンク

想像以上!!

芥見下々「呪術廻戦」140話より引用

両者とも同じタイミングで話がつき、同時に動き出します!

脹相は、虎杖が逃げやすいように、乙骨が通るであろう場所を塞ごうと「穿血」の発動準備をしました。

しかし、御三家の術式である「赤血操術」を知っている直哉は、「穿血」発動までのタメの隙を見事につき、脹相の妨害を無効化しました!

スムーズに虎杖を追うためのスタートダッシュが切れた乙骨ですが、虎杖も素の身体能力が非常に高いうえ、呪力での身体強化も行っているので、相当な速度で走り出しています。

乙骨は刀を持った状態で虎杖を追跡していますが、虎杖の身体能力に負けず劣らずの速度で、虎杖と憑かず離れずの距離を保っています。

虎杖は、開けている場所では乙骨の追跡はまけないと考え、周辺に落ちている車や倒壊した建物を壁に使おうとしますが、そのことごとくが乙骨に切り伏せられていきます。

見た目非力な乙骨が、虎杖と同等以上のパワーを発揮しているのも、五条悟以上の呪力量を常に高出力で体に纏っているために可能でした。

芥見下々「呪術廻戦」140話より引用

加えて、一般の上級術師のようにスムーズな呪力操作で攻撃の方向などを読ませづらくしているのに対して、乙骨の場合は、つねに高出力の呪力を纏っているので呪力操作をする必要がなく、それでも並の術師以上の殺傷能力を持っているという、完全に規格外の存在でした!

短い期間で様々な視線をくぐって急成長してきた虎杖ですが、乙骨の攻撃を避けるのは並大抵のことではいかないようです。

しかし、今は亡き七海の最後の言葉を魂に刻み込んでいる虎杖は、こんなところで死ぬわけにはいかないと鼓舞し、乙骨に相対します!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ140-141話のまとめ

乙骨の登場により、一瞬だけ場が膠着状態となりましたが、直哉がすぐに乙骨との共闘を申し出たために、虎杖たちにとっては厳しい展開となってしまいました。

芥見下々「呪術廻戦」140話より引用

直哉にも乙骨にも面の割れていない脹相は、情報のわたっていない利点を活かそうとしましたが、呪霊との戦いを直哉に見られてしまっていたようで、「穿血」による妨害を防がれてしまいました。

また、直哉も御三家の一角として加茂家の術式である「赤血操術」の情報を持っているので、これからの戦いも脹相にとっては厳しいものになると予想されます。

虎杖サイドも、乙骨の尋常ではない呪力量と実力に、虎杖の身体能力をもってしても逃げ切ることはできず、正面からの戦闘が予想されます。

こちらも、元々術式を持っていない虎杖に対して、今は純粋な呪力による身体強化のみを使用して虎杖を相手にしている乙骨は、自身の術式を使っていないアドバンテージがあります。

逃げれば勝ちの虎杖ではあっても、確実に実力が上であろう乙骨を相手に、その身体能力のみで逃げ切ることはできるのでしょうか?

次回の呪術廻戦も楽しみですね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』142話!脹相の本気!勝負の行方は!?・・

⇒『呪術廻戦』141話!圧倒する乙骨優太!拮抗する直哉vs脹相!・・

⇒『呪術廻戦』139話!底知れぬ虎杖の力!命を狙う二人が現る・・

⇒『呪術廻戦』138話!禅院直毘人死す!次期当主は!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です