最新ネタバレ『呪術廻戦』148-149話!考察!禅院家の反抗!真希に迫る危機!!

スポンサーリンク

結構な期間が空いてしまった呪術廻戦ですが、ようやく続きとなります!

前回までのおさらいとしては、虎杖たちは天元から「天使」の情報を聞き、接触及び死滅回游のルールを追加するためにそれぞれが準備を始めました。

虎杖&伏黒は「金次」という人物を連れてくるために、真希は禅院家の忌庫にある呪具を取ったのちにパンダと合流するために、乙骨は先んじて情報を得るために、遠隔地のコロニーに入りに行動を開始しました。

3手に分かれた虎杖たちですが、今回は真希の視点が送られるようです。

伏黒が当主となり、禅院家の全てを相続しましたが、すんなりと事が進むのでしょうか?

不穏な空気の漂う呪術廻戦148話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』148話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

それでは『呪術廻戦』148話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

真希、禅院家へ!

術式どころか、天与呪縛により呪力の感知も出来ない真希が忌避していた禅院家へ、「呪具を取りに」という目的はありますが、帰ってきました!

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

やはり、禅院家と良好な関係ではなく、直哉と顔を合わせてしまった真希は、漏瑚との戦闘によって負ってしまった火傷をからかわれるなど、嫌味を言われていました。

また、幼少期には年が離れており体格差もあった状態で、直哉は真希をいじめていたようです。

お互いに棘のある言葉を交わしていましたが、真希はすぐに会話とも言えない話を切り上げて忌庫へと向かいました。

禁庫へ向かう途中にも、自身を見捨てた母が忌庫への立ち入りを拒みましたが、現在の当主となっている伏黒から許可を得ている真希は気にせず進みます。

すれ違う際にひどい言葉を浴びせられましたが、真希自身が気にしていないのか、それとも顔に出さないだけなのか、そのまま忌庫の中に入っていきます。

 

スポンサーリンク

真希を当主に

直毘人の死後、伏黒に党首の座が与えられる話を伝えた真希は、「面倒なのでお譲りします」と返されましたが、今の真希では誰の同意も得られないと突っぱねました。

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

伏黒も禅院家と関わってこなかったために、当主の座になどなりたくないようでしたが、禅院家のお金や情報など、貴重な財産が伏黒なら全てを譲ると遺言状によって宣言されているため、今後のためにも伏黒は当主の座に就いていて欲しいと言います。

しかし、当主の座に就いた伏黒が譲ると言えば簡単に、とはいかないでしょうが、当主の座を譲ることは可能でしょう。

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

それでも真希が断る理由は、今の自分では真依の居場所を作ってあげることができないからだと言います。

真希と違い、術式を扱うことのできる真依ですが、禅院家相伝の十種影法師ではなく、特筆して強い術式でもないため、禅院家の中では良い扱いを受けていません。

術式も持たない自分の方が、圧倒的に不条理な扱いを受けてきたでしょうが、幼少期から確固たる意志を持って禅院家を出た真希は、真依を残して家を出たことに後悔の念があるのか、顔を合わせれば喧嘩を吹っ掛けてはいるものの、心の底では心配しているようです。

そんな話を聞いて退ける伏黒ではないため、真依が理由だったことには驚いた表情を見せながらも、渋々と党首の座を引き受けました。

 

スポンサーリンク

忌庫にあったものとは?

一刻も早く禅院家から出たいであろう真希は、数々の小言を無視しながら忌庫に入りました。

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

そこで真希が見たものは、自身の父・扇の姿でした。

さらに、扇の側には真依が横たわっていました。

「お前たちの行動を読んで」と扇が言っていたことから、真依も真希も忌庫に来ることも予想されていたようです。

そして、呪具も全て別の場所に移動させられていました!

一触即発の雰囲気が漂う中、それぞれが自身の獲物に手をかけます。

 

スポンサーリンク

伏黒の処遇!

当主となった伏黒の仲間である真希に敵対行動を取った禅院家は、普通ならば謀反の罪を被ることとなります。

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

しかし、五条が上層部によって「渋谷事変の共犯者」と認定されてしまったことにより、五条救出のために行動している伏黒たちを処分して、禅院家の財産を自分たちの元へと戻そうとしていました。

高専で御三家の一角である加茂とも親しい仲となっている伏黒は、そのまま処分してしまえば周囲からの非難の声が禅院家に向いてしまいます。

が、犯罪者となり術師界を追放された五条を救出するために動いている“今”行動を起こせば、周囲からも信頼を得る形を取れます。

そのために、実の娘である真希と真依も処分の対象として、扇が行動していたのでした!

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

刀を持つ扇の術式はいまだ判明していませんが、真希も能力を知られていない呪具「竜骨」で迎え撃ちます。

「竜骨」は、受けた衝撃と呪力を蓄積し、使用者の判断で峰から噴出することができます。

これを利用して、天与呪縛による身体能力で居合の一撃目を受け、返しの二撃目からを本命の攻撃として扇に立ち向かいました。

真依の作戦はうまくいき、逃げキメの攻撃によって扇の刀を折り、続く三撃目でトドメを刺しに行きました!

その攻撃は、扇の頬の皮を切っただけにとどまりました。

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

なぜか、先ほど折ったはずの刀に刀身ができており、真依の方がカウンターで沈んでしまいました。

まだ戦闘不能のようには見えませんが、はたしてどうなってしまうのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ148-149話のまとめ

ゴールデンウィークと休載が重なり、久々の再開となった呪術廻戦は、いきなり禅院家との戦いという、熾烈を極める状況になりました!

禅院家で、それも真依も一緒に襲われているとはさすがの真希も思っていなかったでしょうが、実の父である扇との戦闘が始まってしまいました。

芥見下々「呪術廻戦」148話より引用

先手は、真希の作戦が見事にはまったかのように見えたのですが、なぜか扇の持つ刀に刀身が戻るという現象が起きて、反対に真依がカウンターにより深手を負ってしまいました。

まだまだ始まったばかりで、深手を受けたとはいえ戦えない状態ではないであろう真希が、次回はどのような活躍を見せてくれるのか楽しみでなりません!

しかし、扇を退けたとしても、禅院家の忌庫にあったはずの呪具は隠され、さらに禅院家を出るのを直哉たちが黙ってみているはずもありません。

死滅回游に参加する前に、面倒な戦いを潜り抜けなければいけなくなってしまった真希は、無事に脱出することができるのでしょうか?

今後の展開を、首を長くして待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』150話!真希の真なる力!・・

⇒『呪術廻戦』149話!真依の選択!真希の覚悟!!・・

⇒『呪術廻戦』147話!夜蛾が語る秘密!?そしてパンダの叫び!・・

⇒『呪術廻戦』146話!天使捜索に向け、それぞれの準備!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です