最新ネタバレ『呪術廻戦』150-151話!考察!真希の真なる力!

スポンサーリンク

力を求めて禪院家を去った真希と、禪院家で落ちこぼれとして過ごした真依は、それぞれ別の道を歩みながらも、常にお互いのために生きていたようでした。

しかし、2人に平穏の言葉はなく、実の父である扇に瀕死まで追いやられたうえ、呪霊の跋扈する部屋に連れられとどめを刺されそうになりました。

真希への人質としてなのか、先に動けないように痛めつけられていた真依は、呪霊の部屋に連れられた際に、どうにか起き上がれるところまでは回復していました。

それでも、真希は生きてはいるようですが全く起きる様子のない真希を守りながら、無数の呪霊と戦う力は残されておらず、このままでは2人とも呪霊に喰われてしまう状況です。

真希は昔から決めていた決意を胸に、倒れている真希を蘇生させるための行動に出ました!

それによって問題なく動けるようになった真希ですが、自身の生命力を送り込んだのか、真依は没してしまいました。

真依の最後の力によって、真希の回復と一振りの剣を残していき、真希はその武器を手に扇を一撃で下しました!

果たして、敵だらけの禪院家を無事に脱出することはできるのでしょうか!?

呪術廻戦150話を紐解いていきましょう!!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』150話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」150話より引用

それでは『呪術廻戦』150話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

鳴り響く警鐘

真希が扇を殺し、禪院家を出るために行動したことはすぐに察知され、禪院家の各所で警鐘が鳴らされました。

扇が真希によって殺されたことに信じられない思いを直哉と甚壱はします。

芥見下々「呪術廻戦」150話より引用

現段階では、扇が油断したために真希に不覚を取った、くらいの認識で禪院家の術式を持たない部隊「駆倶留隊」が動員されました。

真希の位置はすぐに見つかり、駆倶留隊が数で一気にケリをつけようと真希を囲みます。

当事者の真希は、真依と道を分かれる前の決断を変えていたら、と昔の思いに馳せていましたが、真依の最後の言葉がよぎり、かかってきた駆俱留隊員に切りかかります。

天与呪縛のフィジカルギフテッドとして甚爾と同じ領域に達している真希は、禪院家の部隊として鍛え上げられているとはいえ、呪力も持たない人に対抗できるはずもなく、あっという間に殲滅されていきました。

真希を囲んでいた部隊が全員切り伏せられたときに、隊長である信朗(のぶあき)が到着しました。

芥見下々「呪術廻戦」150話より引用

部下が捕らえて最後のとどめだけを刺す予定だった信朗は、その光景に驚愕しましたが、直後に術式による巨大な手が真希を突き上げました!

 

スポンサーリンク

全面戦争!

真希を突き上げた手は、長寿郎という人物の術式のようで、駆俱留隊の上位組織であり、禪院家最強の部隊である「炳(へい)」の所属のようです。

これにより、真希一人に対して禪院家の最強部隊が事態の収拾にあたることとなったようです。

芥見下々「呪術廻戦」150話より引用

真希は、長寿郎の術式により上空へ挙げられた後、逃げる間もなくその巨大な両手に叩き潰されてしまいました!

信朗はその光景に、真希の死は確実のものと思いましたが、すぐに手を突き破り近くにいた長寿郎と信朗に対して攻勢に出ました。

覚醒前の真希の様子しか知らない二人は、真希の圧倒的な身体能力とタフネスに翻弄され、ついには速さについて生きずに二人同時に仕留められました。

長寿郎と信朗が犠牲になりましたが、真希が二人を仕留めた直後の隙を利用して、蘭太と呼ばれる人物は、自身の術式により真希の動きを封じ込めました。

その様子から蘭太の術式は、「対象を見ている間(目で捉えている間)は、その行動を完全に止めることができる」ものかと予想されます。

蘭太の術式発動後に、爾壱が「そのまま止めてろ!!」と叫んだことからも、対象物を止めることのできる術式であることは確実です。

普段は、というよりも自身よりも呪力の小さいものに対しては完全に動きが止めれそうですが、単純に身体能力が異次元の存在となった真希には少ししか効力が無いようで、術式を破られてしまいました。

芥見下々「呪術廻戦」150話より引用

しかし、完全に術式が切れているわけでは無いようで、少しでも真希の動きに制限がかけられているならと、失明を辞さない勢いで甚壱に真希のとどめを刺すように叫びました。

甚壱も、真希の能力がかつての甚爾と同じ領域であることを認識したため、全力の一撃を真希に叩き込みます!

その影響で、周囲は土煙と瓦礫で埋め尽くされてしまいました。

蘭太は、完全に失明してしまったようで、両目からは血を流して瞼を閉じていますが、甚壱が全力を出したならば真希は倒せただろうと確信しているようで、「やりましたね」とつぶやきました。

そのつぶやきにこたえるように土煙の中から現れたのは、無傷で甚壱の首を持った真希でした。

駆俱留隊、長寿郎と信朗、そして甚壱と連戦を重ねてきた真希ですが、攻撃を受けながらも進撃して無傷の状態を保っているタフネスに驚愕を隠せません。

 

スポンサーリンク

一騎打ち!?

芥見下々「呪術廻戦」150話より引用

向かってくる敵を全てなぎ倒しながらも、いまだに無傷で歩み続ける真希の前に、「炳」の筆頭でもある直哉が姿を現しました。

ここまでの光景を見ても軽口をたたいている直哉ですが、内心では真希への脅威レベルを最大まで上げているに違いありません。

前当主・直毘人と同じ術式を持つ直哉と、天与呪縛によって禪院家に迫害されながらも、真依の尊い犠牲によって覚醒した真希が、ついに対峙しました。

このまま、禪院家総力の最終決戦が始まってしまうのでしょうか?

次回に続きます。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ150-151話のまとめ

これまで、人としても見られていなかった真希は、禪院家を滅ぼすつもりで戦っているのか、それとも向かってくるため倒しているのか定かではありませんが、結果として禪院家のほとんどを壊滅させてしまいました。

始めは、覚醒前の真希の姿しか知らなかったためになめてかかっていたであろう禪院家の面々も、次々に屠っていく真希の姿に総力をかけざるを得なくなったのでしょう。

芥見下々「呪術廻戦」150話より引用

最高戦力の部隊である「炳」が、真希の前に立ちふさがりました。

しかし、高専階級の1級以上の実力で構成されている「炳」をもってしても、真希に傷一つ付けることは叶いませんでした。

この姿に、頼もしさを見る反面、以前の姉御肌の性格は消えていてほしくないなとも思いました。

途中、ジャンプ本誌ではペン入れされていないコマがありましたが、勢いが感じられて不快には思えないほどでした。

次回は、直哉との一騎打ちとなるのでしょうか?

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』152話!禪院家の行く末!!・・

⇒『呪術廻戦』151話!決着!真希vs直哉!!・・

⇒『呪術廻戦』149話!真依の選択!真希の覚悟!!・・

⇒『呪術廻戦』148話!禅院家の反抗!真希に迫る危機!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です