最新ネタバレ『呪術廻戦』151-152話!考察!決着!真希vs直哉!!

スポンサーリンク

真依の思いを継ぎ、完成したフィジカルギフテッドと一振りの剣を手に、禪院家所有の部隊「駆倶留隊」や「炳」を屠っていきました。

その中でも、禪院家の上位術師のみが所属している「炳」との戦いでは、さすがの真希でも苦戦を強いられるかと思いきや、攻撃を受けても傷らしい傷はつかず、全て返り討ちにしました!

今のところ、真依の残した剣は呪具ではありそうですが、特別な能力は発揮していません。

「炳」の筆頭でもあり、伏黒がいなければ当主にもなれていた直哉との戦いでは、その力が発揮されるのでしょうか?

それとも、ここまでの戦いのように、フィジカルギフテッドの単純なスピードとパワーで押し切ってしまうのでしょうか?

禪院家での最後の戦いが始まる、呪術廻戦151話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』151話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」151話より引用

それでは『呪術廻戦』151話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

過去の直哉

始まりは、幼い時の直哉の記憶からです。

幼少期から天才と呼ばれていたらしい直哉は、御三家である禪院家に生まれながら、呪力を全く持たず、落ちこぼれと呼ばれていた甚爾を一目見てみたいと思っていました。

その目的は、子供ながらに他者を見下している態度で、周囲の大人たちから「落ちこぼれ」と呼ばれているだけに、みじめな顔をしているだろうと、あざ笑うためでした。

芥見下々「呪術廻戦」151話より引用

しかし、わくわくした気持ちで甚爾を見に行くと、直哉の周りにいる禪院家の者とは全く違うオーラを纏い、目つきも違いました。

これに直哉は魅入られたようで、禪院家の他の者のように呪力を持たないからと言って偏見を持たず、甚爾の力は素直に認めていました。

術師界隈でも甚爾は異端の存在で、やはり呪力を持たないことから「落ちこぼれ」の烙印を押されていたようですが、現最強の五条悟は、これまでの態度からも分かる通り、正確に力量を認めていたようです。

天才ともてはやされ続けた結果なのかもしれませんが、直哉は自身よりも強い存在のことはきちんと認めているようで、甚爾と五条のことは貶めるような発言はしていないようです。

芥見下々「呪術廻戦」151話より引用

周囲から何と言われようとも我が道を歩み続ける甚爾のことを、憧れの目で見ていたのかもしれない直哉は、その甚爾と同じ力を手にした真希のことは認められず、早々に目の前から排除しようと能力の重ね掛けを行い、ラッシュをかけていきます。

直哉や直毘人の術式は、無理な行動を指定してしまうと1秒間の停止を強制されます。

が、術式が行使されている状態で重ね掛けすると、生身では不可能の行動でも、術式をかけて肉体の限界の動きができる状態から術式を重ねて書けることで、さらに速く動けるようです。

これによって、少しずつ早くなりながら真希に攻撃していき、ついには亜音速にまで到達しました!

 

スポンサーリンク

真っ向勝負!

段々と速度の増していく直哉の攻撃に対して、なんとか防いでいた真希もついには一撃を入れられてしまいました。

直哉の速度を一応は捉えることができているものの、連戦に次ぐ連戦で真希の体力も厳しいものとなっていました。

芥見下々「呪術廻戦」151話より引用

そこで、守りをすべて捨て、正面からの真っ向勝負の型「不知火型」の構えを取ります。

それを見た直哉は、最高速度で真希に突っ込んでいきました。

さすがの真希も、亜音速にまで達した直哉の速さについていけなかったのか、一瞬だけ直哉に左腕を触られてしまいました。

しかし、その時の直哉は触れただけです。

これは、直哉の術式である「投射呪法」は、発動中の直哉が触れたものも24コマで動かなければならなくなり、できなければ1秒間の停止を強制することから、万全を期すために行った行為でした。

これにより、直哉は勝ちを確信し、そのまま真希の背後から必死の一撃を放ちに行きました!

 

スポンサーリンク

決着!!

完全に勝負が決まってしまったかに思えましたが、次の瞬間には、直哉の前に真希の拳がありました。

真希は、この戦闘中ずっと直哉の動きを観察して、虎杖たちも気づいた速さの違和感の正体を暴こうとしていました。

禪院家でもあり、渋谷事変の時には、直毘人とともに戦った経験から、速さや動きに秘密があることはわかっていても、24コマで動いているとは情人では気づけません。

芥見下々「呪術廻戦」151話より引用

しかし、完全なフィジカルギフテッドになったことによって、直哉の動きが鮮明に見えるようになり、1秒間に24回のアクションを起こしていることを見抜きました!

油断せずに術式のデメリットを真希に押し付けようとした直哉は、「投射呪法」の謎が暴かれるとは思わず、とどめを放つ際には防御は度外視の攻撃を放っていました。

術式に縛られて動いている直哉が、ぶっつけ本番で24コマの動きを再現して見せた真希のカウンターを避けられるはずもなく、顔面にクリーンヒットしました。

亜音速にまで達した自身の速度と、カウンターという意識の外からの攻撃により、一撃にして直人は地に付すこととなりました。

真希は、単身にて禪院家を壊滅することに成功したのです!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ151-152話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」151話より引用

これまで虐げられてきた真希が、ついに禪院家に一矢報いることができた回でした。

真依を失うことになってしまいましたが、甚爾と同等のフィジカルギフテッドを手に、自身の最大の敵ともいえる禪院家に勝利したことは、これからの真希にとって良いものとなるのでしょうか。

そして、目的であった禪院家の呪具は手に入りませんでしたが、真依の分身ともいえる剣と「竜骨」で、死滅回游で活躍する姿を楽しみに待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』152話!禪院家の行く末!!・・

⇒『呪術廻戦』150話!真希の真なる力!・・

⇒『呪術廻戦』149話!真依の選択!真希の覚悟!!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です