最新ネタバレ『呪術廻戦』156-157話!考察!ついに判明!綺羅羅の術式とは!?

スポンサーリンク

虎杖は、モニタールームにて金次を説得するためにぼろを出さないよう話を進めていきますが、綺羅羅が隙をついて連絡してきたことにより、虎杖が高専関係者ということが露呈してしまいました。

それでも説得を試みる虎杖でしたが、金次は虎杖の話を聞こうとはせず、戦闘へともつれこんでしまいました。

対して、モニタールームの外では、伏黒とパンダが綺羅羅の説得を試みていました。

しかし、こちらも上手くいってはおらず、東京が現在のようになってしまった原因を話しました。

が、五条が封印されたことに関しては信じさせることができず、まずは綺羅羅の術式を解明することを優先することにしたようです。

伏黒は、脱兎を召喚し何かを確かめようとしているようですが、綺羅羅の術式を暴くことはできるのでしょうか?

呪術廻戦156話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』156話!のネタバレ

芥見下々「呪術廻戦」156話より引用

それでは『呪術廻戦』156話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

綺羅羅の術式解明!

脱兎を召喚した伏黒ですが、このままでは大量の脱兎によって、伏黒自身が圧殺されてしまいます。

それは伏黒も理解しているようで、脱兎たちがくっつきだした段階で召喚を解除しました。

芥見下々「呪術廻戦」156話より引用

その際、脱兎の背面に「★Acrux」の文字を発見します。

そして、モニタールームの扉を確認し、「★Gacrux」の文字が書かれていることも見つけました。

その後、パンダにも脱兎が近づけた場所、近づけなかった場所の確認をしますが、「俺の次にカワイかった!!」と的外れな返答をしてきました!

さすがの伏黒もキレながら聞き直し、パンダと伏黒側の2階には脱兎が近づけていたことを確認します。

芥見下々「呪術廻戦」156話より引用

パンダにも文字が書かれているはずということで体を確認させ、「★Imai」の文字が書かれていることが確認できました。

この時点で、綺羅羅自身にも★マークを含めた文字が書かれているはずで、4種類の文字があることが確定しました。

それぞれが近づけたり、反発するものがあったりすることから、決まった手順があることを伏黒は見抜きました。

また、星のマークが書かれていることから「星座」に由来するものだと推察し、綺羅羅の反応を確かめながら、「南十字星」ということを見抜くことができました!

しかし、伏黒の星座の知識は津美紀から得たもののようで、南十字星の詳しいことまでは分かりませんでした。

 

スポンサーリンク

綺羅羅の術式とは?

南十字星というところまでは突き止めた伏黒ですが、パンダも含め南十字星がいくつの星で構成されているかも分かりませんでした。

しかし、現状判明している4つでは、伏黒とパンダが協力するだけで決まった手順を踏めてしまうため、5つ以上であることまでは推測できました。

ここからは、考えてもわからないことなので、伏黒は周囲の綺羅羅の残穢を探ってマークの位置を特定していきました!

芥見下々「呪術廻戦」156話より引用

この時点で綺羅羅の術式はほとんど暴かれており、術式名は「星間飛行(ラヴランデヴー)」といい、星の位置が地球に近づくように経由することで、反発を解除していくことができるものでした。

その順番は、マークのつけられた星によって変わりますが、地球に遠い順に並べると「Imai」→「Acrux」→「Mimosa」→「Ginan」→「Gacrux」となります。

伏黒を例に出すと、特定した「Mimosa」→綺羅羅の「Ginan」を経由しなければ、モニタールームの扉には近づけないことになります。

バレていないうちは混乱し、綺羅羅は安全犬を常に確保できるうえで、敵対しているものにつけたマークと同じマークを対象に付与すれば、同じマーク同士がひきつけ合うことから牽制することもできます。

残念ながら、術式の種が割れてしまうと、その性質を逆手に取られてしまうために、難しい術式でもあります。

芥見下々「呪術廻戦」156話より引用

術式がばれたことで、綺羅羅も黙ってみているわけもなく、手近にあるものにパンダや伏黒のマークを付与していくことで、伏黒たちの行動を阻害していきました。

しかし、あくまでも瓦礫や廃棄された車に付与しているだけなので、不意を突かれて一瞬気を逸らしはするものの、行動不能にまで陥らせることはできませんでした。

 

スポンサーリンク

形勢逆転!

綺羅羅の阻害行為をいなしながら、「Mimosa」を経由することに成功し、あとは綺羅羅に近づくだけとなりました。

しかし、綺羅羅もタダで折れることはなく、自身に付与していた「Ginan」を解除することで、伏黒が扉に近づけないようにしました。

芥見下々「呪術廻戦」156話より引用

これには伏黒も為す術なしかと思われましたが、伏黒は綺羅羅の「星間飛行」の性質を逆手に取り、召喚を解除していなかった玉犬壁に引っかけておき、綺羅羅が伏黒と玉犬の直線状に来た瞬間に、玉犬を壁から出すことで綺羅羅を挟むことに成功しました!

これには、綺羅羅も術式を解除するしかなくなり、解除した直後に伏黒に組み伏せられてしまうのでした。

ここから、伏黒の説得が始まります!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ156-157話のまとめ

虎杖と金次の戦闘ではなく、モニタールームの外で行われている伏黒&パンダと綺羅羅の戦闘をメインに進めた回でした。

謎に包まれていた綺羅羅の術式でしたが、津美紀からの知識のおこぼれのおかげもあって、伏黒は綺羅羅の術式「星間飛行」の特性を暴くことに成功しました!

芥見下々「呪術廻戦」156話より引用

さらに、暴いたばかりの特性を逆手に取った戦略までもを使って、ついに綺羅羅の術式を解除させ、組み伏せることにも成功してしまいました。

完全に勝者と敗者の構図にはなっていますが、ここから綺羅羅の説得は上手くいくのでしょうか?

そして、モニタールーム内で争っている虎杖と金次は、どこまでの規模で戦っているのでしょうか?

呪術廻戦157話が楽しみでなりません!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』158話!死滅回游平定への第一歩!・・

⇒『呪術廻戦』157話!綺羅羅の説得の行方は?!虎杖の熱!!・・

⇒『呪術廻戦』155話!金次の“熱”・・

⇒『呪術廻戦』154話!ついに接触!もう1人の3年生とは!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です