最新ネタバレ『呪術廻戦』158-159話!考察!死滅回游平定への第一歩!

スポンサーリンク

綺羅羅の「星間飛行」を破り、ようやく話を聞いてくれる態度になりましたが、直後にモニタールームから虎杖が吹っ飛ばされてきました。

金次の説得も厳しいかと思われましたが、虎杖が「呪霊を狩る道具」として自身のことを歯車だと形容し、始めこそ難色を示していた金次でしたが、伏黒たちにも手を出させず、ましてや反撃や防御、会費も一切せずに立ち向かってくる虎杖の態度に徐々に考えを改めていきました。

そして、その様子を見ていた綺羅羅から、金次も虎杖の熱を感じていることを指摘され、ついに話し合いに応じる態度を見せたのでした!

取引ということですが、金次から示される条件とは何なのでしょうか?

呪術回戦158話を紐解いていきましょう!

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』158話!のネタバレ

それでは『呪術廻戦』158話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

“今”の原因とこれから

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

まず、現在の東京、果ては日本の現状になってしまった原因、五条が封印されてしまったこと、そして、五条の封印を解くためにも死滅廻游に参加しなければいけないことを伝えました。

これまでの言動から推測できましたが、金次たちは渋谷事変の内容を全く知らなかったようで、数々の出来事に驚いていました。

また、話の途中でついでのようにパンダから「夜蛾の死」を聞かされて、そこまでは知らなかった虎杖たちも一緒に驚きを隠せませんでした。

パンダ自身の心配もしていましたが、当人であるパンダが夜蛾の死を乗り越えているようでしたので、周りからは何も言うことはできませんでした。

高専の上層部と決別している金次ですが、五条や夜蛾などは「世話になった人」のカテゴリーに入っているようで、いなくなっていることに寂しさを覚えているようでした。

それもそのはずで、金次の人生で今のように凹んだのは「ヤックルの尻に屋がブッ刺さった時以来」だそうなので、呪術師としての人生を歩んでいる割には、というか普通の人生を歩んでいる人よりもいい人生を送っているかもしれません。

金次が、自分に関係のないものの死を悼んだりなどしないだけかもしれませんが、虎杖たちも総じて同じ評価を下していました。

 

スポンサーリンク

取引の内容

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

現在の状況を踏まえて、権力とは関係なく行動していた実力者がことごとく敗れていった背景もあり、金次は死滅廻游の平定に協力してくれるようです。

しかし、あくまでも情に流されたわけではなく、死滅廻游平定後は金次に協力することが条件となっています。

それは、一般人に対しても呪霊の存在が公になってしまった以上、現在の呪術規定の改正は確実となっており、ここに金次の賭博場運営に有利な条件を組み込むことが目的です。

パンダも改定自体は確実としても、具体的にどのようにして規定の改正に噛むかが問題だと言いますが、伏黒が「問題ない」と言います。

自分が生きている間は、御三家である禪院家の当主であるので、その権力をフルに利用すれば呪術規定の改正に口を出すことなど容易ということです。

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

金次もそう考え、伏黒とは仲良くしようと態度が急変しました。

しかし、この時はまだ真希が禪院家に乗り込む前だったようで、禪院家が壊滅することはこの場のだれにも予想することはできません。

 

スポンサーリンク

ルールの追加

早速、各々が出向くコロニーについて割り振りしようとしていたところで、耳障りな鈴の音が大音量で流れてきました!

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

そして、死滅廻游のルールに「プレイヤーの情報の参照ができる」ルールが追加された旨が伝えられました。

ルールを追加したプレイヤーは、鹿柴雲一(かしもはじめ)というようで、コロニーまでは分かりませんがルール追加前には200点を有し、さらに宿儺を探しているようです。

このルールの追加も宿儺を効率的に探すためのようで、獲得得点、ルールの追加回数など強さの指標となるものは軒並み参照できるようにしています。

そんなルールの追加を宣言していた“モノ”は「コガネ」というらしく、死滅廻游での窓口的な役割を担っているようです。

コガネは虎杖についているらしく、このルールの追加説明も虎杖に対してものでした。

しかし、まだ死滅廻游へ参加していない虎杖がなぜプレイヤーとして登録されているのか。

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

それは推測にすぎませんが、宿儺が生きていた時代に羂索が宿儺と契約していたのではないかというものです。

宿儺の指は羂索に“配られた”わけではないはずなので、生前の宿儺と羂索の契約に死滅廻游の契約が盛り込まれていなければならないはずと不明点が多いですが、この場で議論しても仕方がないというように、伏黒はこの問題を後回しにしました。

 

スポンサーリンク

行動開始!

とりあえず、現状を正しく把握するためにも、追加されたルールを活用して、今ルールを追加した人物を探すためにコガネにプレイヤーの検索を頼みます。

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

そこで、東京第2のコロニーにいる鹿柴雲を発見しました。

膨大なプレイヤーの中から鹿柴雲を見つけられたのは、ルールの追加をしたのが鹿柴雲の一人しかいないからでしたが、普通に探そうとすればとても時間のかかるものです。

ここで、伏黒はあることを思いつき、コガネに「100点以上のプレイヤー」に限定してリストアップしました。

結果は、鹿柴雲を含めて二人のプレイヤーが100点を超えて持っていました。

このポイントを持て余している人が、伏黒たちに協力的なら、「プレイヤー間での得点の譲渡」を可能にするルールを追加してもらうことで、伏黒たちが戦闘を行わずとも死滅廻游を脱落しなくて済むようになります。

死滅廻游を離脱できるルールも追加したいようですが、こちらは他ルールとの干渉が面倒で、容易にはできない可能性もあります。

何はともあれ、今後の指標が決まりました。

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

コガネの検索に引っかかった鹿柴雲と日車寛見(ひぐるまひろみ)という人物を探して、協力を仰ぐか狩るか、の二択です。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ158-159話のまとめ

芥見下々「呪術廻戦」158話より引用

金次たちへの現状の説明と、死滅廻游で何をなすのかを共有しながら、作戦を立てる回でした。

途中、コガネの闖入により、羂索と宿儺の関係や虎杖がすでに死滅廻游に参加させられていることなど、イレギュラーも起こりましたが、結果としては情報の整理もでき、狙うべきプレイヤーも共有できたために、得られたものは大きかったのではないでしょうか。

次回からは、本格的に死滅廻游編がスタートしそうです!

これまでは、あくまでも準備段階の話であり、いろいろなことが起こりましたが、それぞれが前へ進むために重要なことでした。

宿儺を中心とした動きが活発になりそうな死滅廻游編を、楽しみに待ちしましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』159話!死滅回游・泳者・日車寛見とは?・・

⇒『呪術廻戦』157話!綺羅羅の説得の行方は?!虎杖の熱!!・・

⇒『呪術廻戦』156話!ついに判明!綺羅羅の術式とは!?・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です