最新ネタバレ『呪術廻戦』165-166話!考察!天才・日車そして再審へ

スポンサーリンク

遂に始まった虎杖と日車の2人の戦いで、日車はいきなり領域展開「誅伏賜死」を発動させました。

そして、現れたジャッジマンにパチンコ店マジベガスに入ったかを問われます。

しどろもどろしながら「トイレを借りただけ」と答えた虎杖でしたが、日車より換金所に写った防犯カメラを見せられます。

「どんな言い訳しても意味ない」と言う虎杖でしたがジャッジマンが問うたのは「マジベガスに入ったか否か」です。

これにより虎杖の有罪が決まってしまい、日車は直ぐに襲いかかります。

日車の攻撃に耐える虎杖でしたが、ある事に気がつきます。

何と呪力が練れなくなっていたのです。

日車の術式にハマってしまった虎杖はどう反撃するのか、165話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』165話!のネタバレ 

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

それでは『呪術廻戦』165話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

天才・日車

「岩手県弁護士会」に所属していた日車寛見は36歳はなんと法科大学院導入前の旧司法試験を突破しています。

またあらゆる超難関試験にストレートで突破してきた天才だったのだとされます。

その日車は手にした木槌を振り下ろし呪力を奪われた虎杖を襲います。

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

自在に木槌を持ち替え、消したりもしながら巧みな手捌きで虎杖に猛攻撃を繰り出します。

堪えながらも反撃を試みる虎杖。

しかし、腕に木槌を引っ掛けられてひっくり返されてしまい劣勢状態になります。

 

スポンサーリンク

原石

日車は天才だと分かりましたがこれは勉学だけではありません。

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

呪術師としても天才であったということが判明します。

日車の術式は元々領域ありきの術式だったそうですが日車は術式を自分で解明し結界術の基礎を習得をしています。

結界術から逆算して考えていき呪力操作による強化術までも自力で習得しています。

そして、日車はその術式が開花してからたったの12日間で1級術師並みの力を手に入れたとされています。

これにより日車は「死滅回游」前から数多くの呪霊を退けており、参加してからは20人以上の泳者を返り討ちにしている、まさに天才だと分かります。

 

スポンサーリンク

呪力なしでも

日車の「没収」により有罪と出され受ける罰は一時的に術式の使用を不可能にするものです。

これにより呪力が練れなくなった虎杖ですが、日車は虎杖が術式を持っていない事を確信します。

これは術式を持っていない虎杖への罰が「呪力の使用不可」に変更されているという事です。

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

日車は呪力がないにも関わらず自身の攻撃に耐える虎杖に恐ろしさを覚えます。

これは術式どころか呪力そのものを封じられていながら戦える虎杖の呪術師としてではなく、肉体の強度が恐ろしく高く、強い事に日車が気づいたからです。

 

スポンサーリンク

再審請求

油断すれば負けると全力で虎杖を潰すと決める日車寛は木槌を構え、虎杖への怒涛の連続攻撃を行います。

虎杖はその日車の攻撃を全てかわし、動きについていきます。

更に日車は木槌を巨大化させる事で体勢を崩す虎杖を押しつぶすように振り下ろします。

その巨大化した木槌を呪力がないまま必死に受け止める虎杖は早く呪力をと焦ります。

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

そして、日車は壊れない人形を相手にしているようだと虎杖のフィジカルに驚愕します。

焦る虎杖は日車の能力に不安要素はないのか、必死で思考を巡らせます。

考え抜く虎杖はある突破口を見つけます。

それは日車の術式が裁判に関連しており、再審請求をすることでした。

こうして虎杖は日車に裁判のやり直しを要求し、再び日車の領域「誅伏賜死」が展開される事になります。

 

スポンサーリンク

再審は死刑判決

虎杖の要求した再審請求は日車の術式攻略の突破口であり、正解です。

実は「ジャッジマン」に有罪を言い渡され罰を科されても、その罪を認めない限りは2回まで裁判のやり直しを請求する事ができます。

ですので虎杖はこの二審で無罪を勝ち取ればいいという事です。

「もう1回」と口にする虎杖に呼応する様に「ジャッジマン」は日車の背後に現れ、再審が始まります。

そしてジャッジマンは「虎杖悠仁は2018年10月31日渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある」と起訴内容を淡々と告げます。

一瞬目を見開く虎杖でしたが、一切言い訳をせずにこれを認めます。

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

「ああ、俺が殺した。これは嘘でも否定でもない」

この虎杖の言葉を聞いた日車も驚いたような表情を見せます。

ジャッジマンは渋谷事変虐殺の虎杖の自白に基づき、日車の陳述を聞くことなく即座に判決を言い渡します。

「有罪」「没収」、そして「死刑」。

ジャッジマンは目を見開き、叫ぶように判決を下します。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ165-166話のまとめ

いきなり日車の術式にハマった虎杖はジャッジマンから有罪判決を受け、呪力を奪われてしまいます。

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

この事態に焦る虎杖ですが、学も術式も天才である日車の猛攻撃を受けます。

ですが虎杖は呪力が無いながらもこの日車の猛攻をかわし、元々持つフィジカルの強さを見せつけます。

この虎杖に脅威を感じる日車は使っている木槌を巨大化し、更なる攻撃を加えていきます。

焦りを見せる虎杖でしたが、ある考えが浮かび口にしました。

それは裁判の再審請求です。

この虎杖の考えは的中し、ジャッジマンが現れ2回目の裁判が始まります。

ジャッジマンは「虎杖悠仁は2018年10月31日渋谷にて大量殺人を犯した疑いがある」と基礎内容を読み上げます。

一瞬動揺を見せた虎杖でしたが、「ああ、俺が殺した。これは嘘でも否定でもない」と一切の言い訳をせずに認めます。

芥見下々「呪術廻戦」165話より引用

これを聞いた日車は驚き、ジャッジマンは「有罪」「没収」、そして「死刑」と叫び、虎杖に判決が下ります。

日車も驚くまさかの死刑判決を出したジャッジマン。

虎杖は全く動じる様子もなく、罪を認め言い切りました。

計算高いとは思えない虎杖。

果たして「死刑」は執行されるのか、次話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』166話!日車の答え・・

⇒『呪術廻戦』164話!裁判の行方・・

⇒『呪術廻戦』163話!騙されたのは・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です