スポンサーリンク

最新ネタバレ『呪術廻戦』177-178話!考察!「リカちゃん」登場

スポンサーリンク

芥見下々「呪術廻戦」177話より引用

烏鷺が乙骨の前に現れた事から2人の戦いが始まりした。

烏鷺は空間を歪める能力を使い、乙骨は攻撃を仕掛けるも届かないでいます

また、この烏鷺の能力は乙骨の手足さえも歪まされると言う異常事態です。

この戦いの中で烏鷺は2度目の「生」で1度目は藤原氏に支えていたと明かしました。

そして、その1度目の「正」に後悔があると発言します

烏鷺はどうやら藤原氏に支えられた時代に何かあった様子です。

そして、乙骨の会話の中で烏鷺は乙骨を藤原の人間だと決めつけ青筋を立てるほどに怒りを見せます。

この時、1人傍観していた石流ですが三つ巴の均衡状態が崩れた事で烏鷺に助太刀として2人の戦いに参戦してきました。

そして、リーゼントヘアの先端から呪力砲を発射する術式「グラニテブラスト」を放ちました

この大砲による攻撃ですが乙骨の術式「リカ」は市民を守っていました。

そして、烏鷺も術式で回避します。

乙骨もこの大砲を回避し、脅威の身体能力で石流の元へと行き接近戦に持ち込もうとします。

更に間合いを詰める乙骨は「もう少し加減しろ」と石流に言いますが、「それで満足できるのか」と石流は不敵な笑みを浮かべました

新たな戦いが始まった乙骨、早速177話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』177話!のネタバレ  

それでは『呪術廻戦』177話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

バトル開始

乙骨と石流のバトルがスタートしました。

石流は自分の一度目の人生は「腹八分目」と例え話をし、デザートがなかったことを乙骨に語ります

この時、乙骨は話を聞きながらも石流の次の攻撃を予測しています。

そして、石流は自分の話を話し終えると同時に乙骨に攻撃を仕掛けます。

乙骨はこれをなんとかガードしますが、石流は攻撃を緩めずに次々と自分の拳を乙骨に浴びせます

そしてその攻撃に乙骨は吹き飛ばされてしまいます。

 

スポンサーリンク

激闘

石流の攻撃により乙骨は建物の屋根を突き破りながらふき飛ばされていきます。

さらに乙骨が大勢を立て直したところに石流が「グラニテブラスト」を打ち込みました

乙骨はこれを片手で弾き飛ばし、一気に石流と距離を詰めると顔面目掛けて拳を振り下ろします。

石流はこれを自分の頭で受け止めます。

そして、石流は「俺のデザートはお前か」と問い、再度乙骨に攻撃を加え吹き飛ばします

 

スポンサーリンク

烏鷺参戦

この時、吹き飛ばされていく乙骨の背後に一時停戦していた烏鷺が現れます。

烏鷺は空の面を薄氷を割るように叩く術式「宇守羅彈」を発動します

そして、その攻撃をうけた乙骨は地面へとたたきつけられます。

すると石流は「グラテニブラスト」を今度は烏鷺に向かって放ちます。

これを掴んで石流の「グラテニブラスト」を投げ返す烏鷺に石流自身の攻撃をまともに喰らいました。

大きなダメージは受けていないような石流、烏鷺の術式に驚いたような顔を見せます

 

スポンサーリンク

最終兵器

烏鷺の術式によって地面に叩きつけられていた乙骨。

立ち上がり烏鷺を見上げています。

この視線に気づいた烏鷺はしぶといと呟き、乙骨をいたぶって殺すことを決めます

一方の石流は乙骨の驚異的な呪力量について考えていましたが、呪力の消費が凄まじい「反転術式」を何度も使っていることからそろそろ底が見えてきたと推測します。

この時、乙骨も2人からポイントを取る方法や戦う理由について考えを巡らせます。

石流は一般人を狙うわけではないが巻き込むことに躊躇がないと判断し、烏鷺はポイントの区切りから術師としか戦っていない事からプライドに所以するのではないかということです。 

そして、この判断を元に乙骨は仕方ないと呟き「リカ」を呼びます。

乙骨は左手の薬指の指輪に呼びかけ、「全部だ」と「リカ」に言いました

そして、ついに「リカちゃん」が登場します。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ177-178話のまとめ

烏鷺との戦いから一変し、石流との戦いになった乙骨に石流は前の人生は「腹八分目」だと語り、デザートが無かったと話し終えると同時に石流は一気に攻撃を仕掛けます。

この攻撃を何とかガードする乙骨でしたが、石流は更に攻撃の圧力を強めていきます。

そして、吹き飛ばされてしまった乙骨。

態勢を立て直そうとしますが、石流は更に「グラニテブラスト」を打ち込みます。

乙骨は何とか立て直し、片手が攻撃を交わすと一気に距離を詰め、石流の顔面目掛けて拳を繰り出しました。

ですが、石流はその攻撃を受け止め再度、乙骨を吹き飛ばします。

この時、飛ばされた乙骨の背後に急に現れた烏鷺が術式「宇守羅彈」を放ち、乙骨を地面に叩きつけます

石流はこの状況でも冷静に判断し、今度は「グラテニブラスト」を烏鷺に向け放ちます。

ですが烏鷺はこの「グラテニブラスト」を掴み投げ返しました。

一方、地面に叩きつけられていた乙骨は立ち上がりこの2人を見上げています。

そして、烏鷺と石流の特性とポイントを奪う算段をつけた乙骨は仕方ないと呟きます。

乙骨は左手の薬指の指輪に呼びかける「全部だ」とリカに告げます。

劣勢だった乙骨は遂に最終兵器「リカちゃん」を呼び出します

リカの登場により一気に決着がつくのか、次号178話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』179話!黒沐死の復活・・

⇒『呪術廻戦』178話!3人同時の領域展開・・

⇒『呪術廻戦』176話!乙骨連戦・・

⇒『呪術廻戦』175話!乙骨、黒沐死との戦闘開始・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA