最新ネタバレ『呪術廻戦』178-179話!考察!3人同時の領域展開

スポンサーリンク

芥見下々「呪術廻戦」178話より引用

烏鷺との戦いが中断し石流との戦いになった乙骨

石流は前の人生は「腹八分目」だと語り、デザートが無かったと話し終えると同時に石流は一気に攻撃を仕掛けます。

この攻撃を何とかガードする乙骨でしたが、石流は更に攻撃の圧力を強めていき、乙骨は吹き飛ばされてしまいます。

そして、態勢を立て直そうとする乙骨に石流は更に「グラニテブラスト」を打ち込みます

それでも乙骨は何とか立て直し、片手で石流の攻撃を交わすと一気に距離を詰め、石流の顔面目掛けて拳を繰り出します。

ですが、石流はその攻撃を頭で受け止めた後、また乙骨を吹き飛ばします。

そしてこの時、吹き飛ばされた乙骨の背後には急に烏鷺が現れ、術式「宇守羅彈」を放ち、乙骨を地面に叩きつけます

石流はこの状況の中で今度は「グラテニブラスト」を烏鷺に向け放ちます。

ですが烏鷺はこの「グラテニブラスト」を掴み投げ返すという荒技に出ます。

その頃、地面に叩きつけられていた乙骨は立ち上がりこの2人を見上げています。

そして、烏鷺と石流の特性とポイントを奪う算段をつけた乙骨は仕方ないと呟き、乙骨は左手の薬指の指輪に呼びかける「全部だ」とリカに語りかけます

リカの登場により一気に決着がつくのか、早速178話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』178話!のネタバレ  

それでは『呪術廻戦』178話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

リカちゃん

指輪に「全部だ」と話しかけた乙骨の横にリカちゃんが登場します。

この時、石流と烏鷺はリカちゃんの登場に驚きの表情を見せます

そしてリカは自身の胸を開き、武器を乙骨に見せてどれがいいかと聞きます。

リカちゃんはその後、乙骨が言った武器を装着します。

「リカ」は折本里香の成仏後、乙骨の残された外付けの術式と呪力の備蓄になります。

そして、乙骨は指輪を通して「リカ」と繋がることで5分間だけ「術式の使用」「リカの完全顕現」「リカからの呪力供給」が可能になります

こうして登場したリカちゃんは乙骨が武器の装着を終えると同時に烏鷺に襲い掛かります。

 

スポンサーリンク

標的変更

狙われた烏鷺はリカに対抗するため術式を使用しようとします。

ですがその烏鷺の術式を乙骨は呪言を使い動きを封じます

そして、乙骨とリカちゃんは空中で止まった烏鷺に次々と攻撃を繰り出していきます。

この状況を傍観していた石流ですが突如参戦し、乙骨とリカ目がけて「グラニテブラスト」を打ち込みます。

リカちゃんはこの「グラニテブラスト」を片手で弾き、烏鷺から石流に標的を変更します

そして、石流はリカの攻撃を食らい弾き飛ばされますが、すぐさま反撃し今度は自身の拳でリカを吹き飛ばします。

この時、吹き飛ぶリカちゃんを見る石流は乱れたリーゼントを直し嬉しそうな表情を浮かべます。

 

スポンサーリンク

烏鷺の恨み

リカちゃんと石流の戦いが続く中、乙骨は自身の髪の毛を使い新たな式神を顕現させます

そんな乙骨に対して積年の恨みをぶつける烏鷺。

戦いの最中にも関わらず自身と藤原の過去について振り返っていました。

そんな烏鷺に乙骨の謎の斬撃が襲いかかりますが、この斬撃が「ドルゥヴ」の術式だと気づいた烏鷺は乙骨の術式が「模倣」だということを理解しました

そしてリカちゃんと乙骨の戦いが激化していきます。

 

スポンサーリンク

領域展開

積年の恨みをぶつけてくる烏鷺。

乙骨は、自分の為だけに生きるのはいつか限界がくると自身の意見を述べます

しかし烏鷺は「黙れ」と一蹴し更に攻撃と口論をぶつけてきます。

するとそれを見ていた石流が自身の胸をドンドンとたたき始めます。

そして、乙骨、烏鷺 、石流 3人の視線が交錯したその時、同時に領域を展開させ始めます

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ178-179話のまとめ

遂に乙骨は指輪に話しかけ「リカちゃん」を登場させます。

この乙骨が出したリカちゃんに驚愕の表情をみせる石流と烏鷺。

芥見下々「呪術廻戦」178話より引用

登場したリカちゃんは乙骨に自身の胸を開いてみせ、武器はどれがいいかを聞きます

そして、選んだ武器を乙骨が装着するのを確認すると同時に烏鷺に襲い掛かりました。

慌てた烏鷺はすぐに術式を繰り出そうとしますが、それを乙骨は呪言で止め、リカちゃんと共に次々と繰り出していきます。

そんな中、いきなり「グラニテブラスト」をリカちゃんと乙骨に向けて放った石流が参戦してきました

この「グラニテブラスト」をリカちゃんは片手で払い、狙いを石流に変更します。

リカちゃんはこの後すぐ石流に攻撃を繰り出し、そして石流も攻撃を返していきます。

この状況の中で石流はリーゼントを直しながら不敵な笑みを浮かべました。

一方、烏鷺は積年の恨みを吐き出しながら乙骨を攻撃し、乙骨もその恨みに自身の意見を交えながら攻撃を返していました

するとリカちゃんと対峙している石流が「ドンドン」と胸を叩き始めます。

その音を起点に視線が交錯する石流、烏鷺、乙骨の3人は同時に領域を展開させます。

なんと3人同時に領域展開を繰り出すと言うはじめての展開

一体どんな展開になるのか、次話179話を楽しみしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』180話!乙骨と石流の決着

⇒『呪術廻戦』179話!黒沐死の復活・・

⇒『呪術廻戦』177話!「リカちゃん」登場・・

⇒『呪術廻戦』176話!乙骨連戦・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA